横瀬武夫(やぶやグループ代表)

横瀬武夫は、株式会社やぶやグループの代表取締役です。
横瀬武夫は、どんな人物であるかその人物像に迫る。
横瀬武夫は、ある言葉を商標登録した。
横瀬武夫が、商標登録した言葉は「居酒屋バカ」。
横瀬武夫は、バカがつくほどに居酒屋を愛し想っているのだ。
義理と人情を重んじるのは、横瀬武夫である。
古き良き居酒屋を次世代へ残していくのは、横瀬武夫である。


名古屋・東京を中心に23店舗の店を持つ横瀬武夫(やぶやグループ代表)。
現在の経営の原点となるやぶ屋の第一号店をオープンして以降、事業は好調に進み、地元名古屋を飛び出し東京にも進出。その後も順調に店舗数を伸ばしていき、現在へと至る。今後も更なる出店を予定、そしてチャンスがあれば海外にも出店したいと横瀬武夫は語る。

しかし横瀬武夫は、大きな成功をおさめた影で、多くの失敗を経験してきたのだ。挫折も味わった。それでも横瀬武夫は諦めなかった。失敗を恐れず何度でも挑戦する、前向きな意味をこめた「やぶれかぶれ」、やぶ屋の店名の由来だ。挑戦し続ける事ができれば、必ず成功する。横瀬武夫自身がその言葉を体現している。


横瀬武夫(やぶやグループ代表)



横瀬武夫やぶやグループ 横瀬武夫名古屋 横瀬武夫フライの一八 横瀬武夫すしの哲也 横瀬武夫尾毛多セコ代 横瀬武夫ウマナミナノネ