基本情報‎ > ‎

2.連盟規約/申し合わせ事項

横浜市金沢区少年野球連盟規約

第一章  総  則
(名称、所在地)
第1条 この連盟は金沢区少年野球連盟と称し(以下本連盟という)、所在地は理事長宅とする。
(目的)
第2条 本連盟は少年野球を通じて、小学生の健全なる精神と体力を育成するとともに友情を深める事を目的とする。
第3条 本連盟は前条の目的を達成する為に次の公式行事を行う。
(1) 春季大会、秋季大会、新人戦大会、卒業記念大会を主催する。
(2) その他の総会で決定した予選大会を主催する。
(3) 少年野球の普及発展、技術向上に関する指導会。
(4) 少年野球の為の審判講習会に関する指導会。
(5) その他本連盟の目的達成に必要な事業。
(資格)
第4条 本連盟は原則として金沢区に居住する小学生から成り、責任ある成人指導者のもとに組織されたチームをその対象とする。
第5条 本連盟の所属チーム(以下会員という)となる為には、役員会の承認を得なければならない
第6条 本連盟の会員は、事前に役員会に届け出る事により脱退する事が出来る。
第7条 既納の会費及びその他の拠出金は、原則としてこれを返納しないものとする。

第二章  構成及び役員
第8条 本連盟は各会員及び審判部より選出した代表者(以下理事という)で構成する。
尚、各会員は2名の理事を選出し、本連盟に届けなければならない。
第9条 本連盟に次の役員を置く。
会長1名、理事長1名、副理事長2名(その内1名は審判部代表とする)、事務局長1名、
事務局1名(この1名は審判部とする)、会計1名、監査1名
第10条 役員は総会において、理事及び審判部の中から選出する。但し、会長は理事以外の者から選出するか、若しくは理事長が兼ねる事が出来る。
第11条 本連盟に顧問を置く事が出来る。顧問は会長若しくは理事長の諮問に応じて会議に出席し、答申及び意見を述べる事が出来る。
第12条 本連盟の事務局を事務局長宅に置く。
第13条 役員の任期は2年とする。但し再任は妨げない。
第14条 会長は本連盟を代表する。
第15条 理事長は会長を補佐し、会議を統括し、本連盟の事業計画の運営を行う。又、場合により会長の職務を代行する。
第16条 副理事長は理事長を補佐し、本連盟の事業計画の運営を行う。又、場合により理事長の職務を代行する。
第17条 事務局長は本連盟の事務の全てを管理し、具体的な行事の企画立案の作成を行う。又、事業計画及び事業報告を定期総会において発表しなければならない。
第18条 事務局は事務局長を補佐し、具体的な行事の企画立案にあたり、その実践に努める。
第19条 会計は本連盟の会費及びその他拠出金の管理を行い、その収支を明確に記録し監査の承認を得て総会において決算報告をする。従って全ての本連盟の収支に係る事項は監査の承認を必要とする。
第20条 監査は本連盟の収支を監査する。

第三章  会  議
第21条 本連盟はその目的を円滑に遂行する為に、総会、役員会、理事会、並びにその他の会議を開催する。
第22条 第21条の全ての会議は必要に応じて会長若しくは理事長が召集する。
第23条 役員会は、会長、理事長、副理事長、事務局長、事務局、並びに会計を以て構成し、本連盟の行事の企画立案等を立てる。
第24条 理事会は、役員及び理事を以て構成し、全理事の過半数の出席を以て成立し、役員の提案事項等を検討する。決議は出席者の過半数の同意を必要とする。

第四章  総  会
第25条 総会は理事と役員で構成する。
第26条 総会には定期総会と臨時総会を設ける。
第27条 定期総会は毎年1回開催し、原則として2月に開催する。
第28条 臨時総会は会長若しくは理事長が必要と認めた時、又は理事の過半数の要請があった時、会長若しくは理事長がこれを召集する。
第29条 総会は理事の過半数の出席で成立し、決議は出席者の過半数の同意を必要とする。理事は書面で委任する事を議長に届け出る事により、自分の議決権を議長又は、理事に委任する事が出来る。
第30条 総会の議長は役員以外の人がこれにあたる。

第五章  会  計
第31条 本連盟の会計年度は、2月1日に始まり翌年1月末日を以て終わる。
第32条 本連盟の収入は次による。
(1)年会費(2)大会運営費(3)臨時会費(4)その他の収入
第33条 第32条の(1)(2)(3)の費用に関する事項は、必要の都度総会等で決定する。
第34条 年会費は毎年4月に徴収し、大会運営費及び臨時会費はその都度徴収する。
第35条 本連盟の予算は役員会が立案し、総会の決議を得なければならない。

第六章  審 判 部
第36条 本連盟が主催する大会における試合の運営には、金沢区少年野球審判部が協力する。

第七章  保険の加入
第37条 本連盟の会員は、その選手及び指導者全員がスポーツ傷害保険に加入しなければならない。
第38条 本連盟の会員は、事務局長からスポーツ傷害保険加入証(コピー)の提出要請があった時は速やかに提出しなければならない。
第39条 本連盟は、主催する行事において発生した事故に対し一切の責任を負わない。

第八章  慶  弔
第40条 本連盟に関わる慶弔については、その都度役員会で協議決定し理事会に報告する。

第九章  表  彰
第41条 本連盟は次の各号に該当する功労者に対し、役員会において選出し理事会にて決定の上、記念品及び感謝状を贈り表彰する。
(1) 永年(20年以上)にわたり本連盟及び会員の活動に功績があった者が本連盟より離任する場合。
(2) その他、アマチュアスポーツ関係者として模範となった場合。
第42条 本連盟に関わる上部組織団体に表彰者を推薦する場合は、区役員を通算10年以上若しくは上部組織団体理事を通算4年以上務めた者を対象にし、役員会で選出し理事会にて決定する。

第十章  罰  則
第43条 本連盟は次の各号に該当した者を役員会において協議し、理事会にて決定の上、除名とする。
(1) 社会一般の秩序規律を乱し、違法行為をした場合。
(2) 本連盟の規約に従わなかった場合。
(3) その他、アマチュアスポーツ精神を著しく怠った場合。

第十一章 規約改正
第44条 本規約は総会の決議を得て改正する事が出来る。

付則
制定 平成3年3月24日より運用する。
改正 平成10年4月10日一部改正。
改正 平成11年2月13日一部改正。
改正 平成16年2月28日一部改正。
改正 平成17年8月20日一部改正。
改正 平成20年2月24日一部改正。
改正 平成27年2月15日一部改正。


申し合わせ事項
2014/8/20下井修正
金沢区少年野球連盟・取り決め事項
最終改定日:2014-08-20
初版:平成17年3月20日理事会/総会了解事項  改訂:平成20年3月8日  改訂:平成20年8月16日  改訂:平成21年2月22日
改訂:平成22年3月23日  改訂:平成22年8月28日  改訂:平成23年2月27日  改訂:平成24年2月19日  改訂:平成25年8月17日

金沢区少年野球連盟理事会
(注意) 正式には連盟にご確認下さい。
1 翌週の連絡 1.1.翌週の試合実施可否は月曜日21時までに事務局長へ連絡すること。
  連絡なき場合は試合可能と判断し日程を組む。その後の変更はしない。
2 試合結果の連絡 2.1.事務局(審判部)が取りまとめ、事務局長に連絡(FAX又はEメール)する。
  勝利チームは事務局(審判部)に、イニング別スコアと審判員名を連絡のこと。
3 グランド整備 3.1.開始前の準備及び整備は、提供チームと第1試合の両チームが行う。
3.2.試合間の整備は、試合をした両チームが行う。
3.3.終了後の片付けと整備は、提供チームと最終試合の両チームが行う。
3.4.雨上がり等のグランド整備は、提供チームの指導のもとに、グランドに来ている関係者全員(選手も含む)で行う。
3.5.福浦グラウンド利用時は、その場にいる全員で協力して設営および撤収の作業を行う。
4 グランド集合時刻 4.1.試合チーム及び審判部は、試合開始の30分前にグランドに集合のこと。
4.2.前の試合が5回に入ったら、(または、30分前になったら、)
   ①監督と主将は、メンバー表と試合ボールを持ってネット裏まで来て、審判部の指示に対応する。
   ②次の試合のバッテリーは、試合中でもグランド内に入ってキャッチボールをしても良い。
   捕手は、レガース・プロテクタ・マスクをすること。また、大人が必ず1名付き、その際の大人の役割はキャッチボール相手や    選手指導ではなく、選手の保護であること。
5 審判について 5.1.審判部と前後のチームがおこなう。
5.2.審判は、原則として資格をとった人がおこなう。
5.3.3試合の時は第3試合チームが第1試合の審判をする。 (3-1-2)
6 連盟主催試合 6.1.配慮するケース(認めるケース)
  ① 各種学校行事
   ・運動会は同一チーム年2回まで認める。
   ・修学旅行は同一チーム年2回まで認める。
   ・授業参観その他の行事については事務局長と調整のこと。
  ② 区連盟代表チームの上部大会
  ③ YBBLの試合
6.2.認めないケース
  ① 練習試合
  ② KBBA/京急杯/コスモ杯その他連盟主催以外の試合
  ③ チームの行事
  ④ 監督・コーチの都合
注:連盟主催以外の大会で試合をする場合で、かちあう時は、時間帯のみ配慮する。(事務局長と相談のこと。)
6.3. サングラス着用について
  ベンチ内の監督、コーチ、スコアラー、マネージャーおよび選手のサングラス使用は原則認めない。しかし健康上、その他やむ  を得ない理由がある場合は大会前に事務局へ申請し、許可を得た場合は使用を認める。ただし選手交代の申し出やアピール  など、プレイングフィールド内に立ち入る場合はサングラスを外すこと。また事務局は申請があった場合速やかに連盟役員およ  び審判部に報告すること。
7 連盟ニュース等 7.1.連盟ニュース等は、連絡網に従い、次のチームに速やかに流すこと。
7.2.連盟ニュースは、大会開催期間中、毎水曜日21時までに、必ず事務局よりFAX又はメールする。
7.3.各チームは、FAX又はメールが流れてこない場合、一つ前のチームに確認のこと.。
7.4.事務局への問い合わせまたは申し入れ事項は、チームの代表者(窓口)が行うこと。
8 グランド提供 8.1.前の月の第3日曜 21時までに、事務局長宛てに連絡すること。
8.2.事務局長は、各チームからのグランド提供状況を取りまとめて、いつでも提示できるようにしておくこと。
8.3. 毎月第2日曜日および第4土曜日は福浦グラウンドが利用できないので、全チームがグラウンド確保するように努めること。
9 上部大会
9.1.上部大会出場は春季大会の成績上位チームから順に選択件を与える。その際、県大会・市大会各1大会ずつの計
  2大会までが選択可能な大会数の上限とする。なお、上部大会参加申し込み期限までに春季大会の順位が確定し
  ていない場合はその時点での成績上位チームを役員会で判断し、また同率と思われる場合は抽選を行うなどの
  判断を行う。ただし、別途取り決めがされている大会は除く。
9.2.関東学童軟式野球新人戦横浜市大会の出場チームは、前年度秋季大会(低学年)優勝チームが出場する。
9.3.下記上部大会は春季大会の結果を待たず決定する。(連盟総会で代表3チーム決定する)
   ・高円宮杯 ・関東学童 ・全国共済旗
  また、3大会のうち、第1優先で選択できるチームは、秋季新人戦大会優勝チームである。残り2つの出場チー
  ムはエントリー方式とし、複数のチームがエントリーした場合は双方の合意のもと、抽選などで決定する。
9.4.上部大会での成績が優勝又は準優勝の場合は、次年度希望すれば優先的に当該大会に出場できるものとする。
   (ただし、決勝トーナメント進出が条件とする。)
9.5.横浜市各区対抗選抜少年野球大会は、他チームの支援を受けても可とする。
9.6.各区対抗親善試合横浜市少年野球大会はその参加決定時期までに上部大会に出場していない、もしくは出場決定
  していないチームに優先権を与えるものとする。
10 試合実施日 10.1.試合実施日は(原則として)土曜 (2試合)   日曜/祭日 (4試合)
10.2.連盟主催試合において、5月5日は試合ナシとする。
11 総会の議長 11.1.総会の議長は、役員以外から選出する。 
12 試合等設定時
の要注意事項
12.1.特別の事情がない限り、同時刻に別のグランドで同時に試合を組まない。
12.2.AMとPM別々の場所で試合をする場合は、審判の移動時間を取るため時間をあける。
12.3.試合開始は9:30以降とする。
12.4.4年生が高学年と低学年に出場するチームには、同一日に連続して試合をしないよう配慮すること。
12.5.試合カードを組む場合、試合と試合の間に時間を取らない。(高学年は90分、低学年は80分で次試合開始とする。)
12.6.グランド提供チームの試合は原則として、『アト』の試合とする。
12.7.グランドを提供したチームには、提供グランドでの試合を組む。
12.8.当該チームの許可なくグランドを使用しない。
12.9.事務局長は土曜日の午後と日曜祭日の終日、各チームからのグランド提供で埋まるよう各チームに働きかけること。
12.10.連盟ニュースは、次週の予定も計画し各チームに流す。
    (早め早めに情報を流し、各チームの活動が円滑に進むよう支援する。)
12.11.新人戦の抽選会は閉会式を待たず実施し、早め早めに試合を設定する。
13 連絡要領 13.1.雨天中止の連絡等緊急連絡は、パソコンにメールしないで、電話連絡 または、携帯メールとする。
13.2.パソコンメールは、受信者がパソコンを見に行かないとわからないし、勤務先の場合もあるという事で、緊急連絡には不向     き。要注意!
14 グランドルール 14.1.松風Gと乙舳Gに観客席のライン(ベンチ角から7m)を引く。
15 大会実施要綱 15.1.春季大会・秋季大会の試合にあたっては『大会実施要綱』に沿って行う。
15.2. 新人戦の試合にあたっては『新人戦大会実施要綱』に沿って行う。
16 エキシビジョンマッチ 16.1. 春季大会開会式後、全チームの6年生が紅白に分かれて、6イニングのエキシビジョンマッチを実施する。
    ・選手は各チームから、原則として4名選出し、2つに分ける。
    ・赤組の監督は高学年の抽選番号①をひいたチームの監督とする。
    ・白組の監督は高学年の抽選番号⑤をひいたチームの監督とする。
    ・①の監督の都合が悪い場合は②の監督・・・以下同じ
16.2. エキシビジョンマッチ後、審判講習会を行う。
17 選手名簿について 17.1. 名簿の提出はデータで提出するものし、コピーでは提出しないものとする。また、変更時は日付も更新すること。
17.2. データ送信先は、事務局長ならびに事務局とする。
18 ベイスターズJrのセレクション 18.1. ベイスターズJrのセレクションに合格した選手のチームは、区大会の試合延期を希望すれば認める。
19 秋季大会の低学年試合要領 19.1. 低学年のエントリーが10チームまでのときはリーグ戦とし、それを上回る場合は、A・B2つのブロック戦とし高学年と同一の    決勝トーナメント方式で優勝を争うこととする。
20 春季大会・低学年の部における大会参加猶予 20.1. 春季大会・低学年の部において、選手数のそろわないチームは、4月末まで試合をせず待機状態とする。抽選会には参加     する。 (人数そろい次第試合実施。)
21 ご来賓 21.1. 開会式等のご来賓への案内状作成及び送付手続きは、理事長が実施する。
    ☆谷田部会長(主催) ①黒川市議 ②小幡市議 ③木村さま(元市議)
     ④横浜市少年野球連盟学童部 宮森理事長 ⑤横浜市連金沢 大村支部長
     ⑥横浜市連金沢 中武理事長 ⑦体育協会 中武さま  ⑧横浜金沢産業連絡協議会 沼田副会長
22 大会参加費 22.1. 年会費:20,000円
22.2. 高学年:8,000円
22.3. 低学年:7,000円
22.4. 新人戦:3,000円
22.5. 送別大会:3,000円
23 開会式・閉会式の運営協力チームについて 23.1. 開会式の運営協力(会場設営・来賓接待・ウグイス嬢)については前回大会の優勝チームおよび準優勝チームが担当す     る。
23.2 閉会式の運営協力(会場設営・来賓接待・ウグイス嬢)については当該大会の決勝進出の2チームが担当する。
24 連盟忘年会の運営協力チームについて 24.1. 連盟忘年会の運営協力(飲食物の手配・会場設営及び撤収・他忘年会運営に係る一切)については秋季大会優勝チーム    および準優勝チームが担当する。
24.2. 連盟忘年会の具体的計画を立てる時期に24.1.に定めるチームが確定していない場合は、春季大会優勝チームおよび準     優勝チームが担当する