文献紹介

バイオインフォマティクス

  • Pavel A.Pevzner, Neil C.Jones [渋谷 哲朗, 坂内 英夫 訳]『バイオインフォマティクスのためのアルゴリズム入門』
    • [Amazon]
    • 情報科学・生物学のどちらかのバックグラウンドを持つ人のために書かれた教科書
    • 配列アラインメントなどのアルゴリズムの解説が多い
    • イラストが豊富でわかりやすい
  • David W. Mount [岡崎 康司, 坊農 秀雅 監訳]『バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版』
    • [Amazon]
    • 情報科学・生物学のどちらかのバックグラウンドを持つ人のために書かれた教科書
    • 最先端の諸問題に、既存のツールを使って取り組むときのガイドとして書かれている

クリニカルインフォマティクス

  • 佐藤俊哉『宇宙怪人しまりす医療統計を学ぶ』
  • 佐藤俊哉『宇宙怪人しまりす医療統計を学ぶ:検定の巻』
日本では,医療データの解析はまだ発展途上に見える。
疫学関係の本を眺めるのが良いのかもしれない。

    ゲノム科学

    • 小原雄治,吉川寛,伊藤隆司,上野直人,佐々木裕之『ゲノム科学の基礎 (現代生物科学入門 第1巻)』岩波書店, 2009. 
      • 入門的な教科書。トピックは1)歴史, 2)オーミクス, 3)発生, 4)エピジェネティクス, 5)バイオインフォマティクス
      • 付録のデータベースなどの一覧は(10年前でやや色褪せるもの)有用
    • 藤山秋佐夫,安田和基,門脇孝,服部正平,水島‐菅野純子著
 『ゲノム科学の展開 (現代生物科学入門 第2巻)』岩波書店, 2011.



    Comments