小林 靖明 博士(理学)

jp | en

略歴

2009年 明治大学理工学部情報科学科 卒業

2011年 明治大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻博士前期課程 修了

2014年 明治大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻博士後期課程 修了

2011年4月-2014年3月 明治大学理工学部 専任助手 ※大学院博士後期課程の大学院生を対象とした雇用制度

2014年4月-2016年3月 学習院大学計算機センター(支援組織) 助教

2016年4月-2016年9月 京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻 特定研究員

2016年10月ー 京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻 助教

研究業績

学術論文

  • Eunpyeong Hong, Yasuaki Kobayashi, Akihiro Yamamoto: Improved Methods for Computing Distances between Unordered Trees Using Integer Programming. In Proc. of COCOA 2017, LNCS, vol. 10628, pp. 45-60, 2017. [arXiv] [code]
  • Yasuaki Kobayahsi, Hiromu Ohtsuka, Hisao Tamaki: An improved fixed-parameter algorithm for one-page crossing minimization, In Proc. of IPEC 2017, LIPICS, vol. 89, 25:1-25:12, 2017.
  • Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: Treedepth parameterized by vertex cover number, In Proc. of IPEC 2016, LIPICS, vol. 63, 18:1-18:11, 2016.
  • Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: A faster fixed parameter algorithm for two-layer crossing minimization, Information Processing Letters 116(9), 547-549, 2016. [arxiv]
  • Kenta Kitsunai, Yasuaki Kobayashi, Keita Komuro, Hisao Tamaki, Toshihiro Tano: Computing directed pathwidth in O(1.89n) time, Algorithmica, 75(1), 138-157, 2016.
  • Kenta Kitsunai, Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: On the pathwidth of almost semicomplete digraphs, In Proc. of ESA 2015, LNCS, vol. 9294, pp.816-827, 2015. [arxiv]
  • Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: A fast and simple subexponential fixed parameter algorithm for one-sided crossing minimization. Algorithmica 72(3), 778-790, 2015.
  • Yasuaki Kobayashi: Computing the pathwidth of directed graphs with small vertex cover. Information Processing Letters 115(2), 310-312, 2015.
  • Yasuaki Kobayashi, Hirokazu Maruta, Yusuke Nakae Hisao Tamaki: A linear edge kernel for two-layer crossing minimization. Theoretical Computer Science 554, 74-81, 2014.
  • Yasuaki Kobayashi, Keita Komuro, Hisao Tamaki: Search space reduction through commitments in pathwidth computation: an experimental study. In Proc. of SEA 2014, LNCS, vol. 8504, pp. 388-399, 2014.
  • Yasuaki Kobayashi, Hirokazu Maruta, Yusuke Nakae, Hisao Tamaki: A linear edge kernel for two-layer crossing minimization. In Proc. of COCOON 2013, LNCS, vol. 7936, pp. 458-468, 2013.
  • Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: A fast and simple subexponential fixed parameter algorithm for one-sided crossing minimization. In Proc. of ESA 2012, LNCS, vol. 7501, pp.683-694, 2012.
  • Kenta Kitsunai, Yasuaki Kobayashi, Keita Komuro, Hisao Tamaki, Toshihiro Tano: Computing directed pathwidth in O(1.89n) time. In Proc. of IPEC 2012, LNCS, vol. 7535, pp. 182-193, 2012.
  • Yasuaki Kobayashi, Yuichiro Miyamoto, Hisao Tamaki: k-cyclic orientations of graphs. In Proc. of ISAAC 2010, LNCS, vol. 6507(2), pp.73-84, 2010.

国際会議発表(下線が発表者)

  • Yasuaki Kobayashi: On structural parameterizations of Node Kayles. The 21st Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games, Manila, Philippines, 2018.
  • Eunpyeong Hong, Yasuaki Kobayashi, Akihiro Yamamoto: Improved Methods for Computing Distances between Unordered Trees Using Integer Programming. The 11th Annual International Conference on Combinatorial Optimization and Applications, Shanghai, China, 2017.
  • Yasuaki Kobayahsi, Hiromu Ohtsuka, Hisao Tamaki: An improved fixed-parameter algorithm for one-page crossing minimization, The 12th International Symposium on Parameterized and Exact Computation, Vienna, Austria, 2017.
  • Yasuaki Kobayashi, Koki Suetsugu, Hideki Tsuiki: On the complexity of lattice puzzles. The 20th Anniversary of the Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games, Tokyo, Japan, 2017.
  • Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: Treedepth parameterized by vertex cover number. The 11th International Symposium on Parameterized and Exact Computation, Aarhus, Denmark, 2016.
  • Kenta Kitsunai, Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: On the pathwidth of almost semicomplete digraphs, The 23rd Annual European Symposium on Algorithms, Patras, Greece, 2015.
  • Yasuaki Kobayashi, Keita Komuro, Hisao Tamaki: Search space reduction through commitments in pathwidth computation: an experimental study. The 13th International Symposium on Experimental Algorithms, Copenhagen, Denmark, 2014.
  • Yasuaki Kobayashi, Hirokazu Maruta, Yusuke Nakae, Hisao Tamaki: A linear edge kernel for two-layer crossing minimization. The 19th Annual International Computing and Combinatorics Conference, Hangzhou, China, 2013.
  • Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: A fast and simple subexponential fixed parameter algorithm for one-sided crossing minimization. The 20th Annual European Symposium on Algorithms, Ljubljana, Slovenia, 2012.
  • Kenta Kitsunai, Yasuaki Kobayashi, Keita Komuro, Hisao Tamaki, Toshihiro Tano: Computing directed pathwidth in O(1.89n) time. The 7th International Symposium on Parameterized and Exact Computation, Ljubljana, Slovenia, 2012.
  • Yasuaki Kobayashi, Yuichiro Miyamoto, Hisao Tamaki: k-cyclic orientations of graphs. The 21st International Symposium on Algorithms and Computation, Jeju, Korea, 2010.

国内会議発表(下線が発表者)

  • 紫藤佑介,小林靖明,山本章博,宮本篤志,松村忠幸,嶺竜治: Tree-LSTMの拡張による抽象構文木のより良い分散表現獲得に向けて.第21回情報論的学習理論ワークショップ,北海道,2018.
  • 小林 靖明:構造的パラメータを用いた頂点Kaylesの解析.電子情報通信学会 コンピュテーション研究会,福岡,2018.
  • 向井達郎小林靖明,紫藤佑介,山本章博,宮本篤志,松村忠幸,嶺竜治:トークンのN-gramによるプログラム表現を用いたコードクローン検出手法 .情報処理学会研究報告.第199回ソフトウェア工学研究発表会,2018,北海道.
  • 小林 靖明,玉置 卓,宮崎 修一:少ない辺交差数を持つグラフにおける最大カット問題.基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2018年度 初夏のワークショップ」,北海道,2018.
  • 久保田稜小林靖明,山本章博:整数計画法による木構造データ間のアラインメント距離の計算.人工知能学会 第106回人工知能基本問題研究会,鹿児島,2018.
  • Yasuaki Kobayashi: On the size of concept lattices. 情報処理学会研究報告,第166回アルゴリズム研究会,沖縄,2018.
  • 小林靖明,玉木久夫:最小フィルイン問題に対する安全なセパレータ.情報処理学会研究報告,第164回アルゴリズム研究会,京都,2017.
  • 紫藤佑介,山本章博,小林靖明,久保山哲二:モジュラリティを基準とした関係データに対する特徴選択.人工知能学会 第103回人工知能基本問題研究会,大分,2017.
  • Hong Eunpyeong小林靖明,山本章博:整数計画法による木間距離の計算を高速化するための新しい定式化.人工知能学会 第103回人工知能基本問題研究会,大分,2017.
  • 山浦智佳子小林靖明,山本章博,久保山哲二:クラスタ構造を仮定した場合の双クラスタリングアルゴリズムの解析.人工知能学会 第103回人工知能基本問題研究会,大分,2017.
  • 末續鴻輝小林靖明,立木秀樹,山田修司:Parallel Crosses Puzzleとその計算量.第12回組合せゲーム・パズル プロジェクト研究集会,愛知,2017.
  • 大塚広夢小林靖明,玉木久夫: 交差数の少ない単一ページ描画における固定パラメータアルゴリズム.情報処理学会研究報告,第161回アルゴリズム研究会,岩手,2017.
  • Hong Eunpyeong小林靖明,山本章博: IP Solverを用いた木間距離の高速計算の改良.基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2016年度 秋のワークショップ」,北海道,2016.
  • 小林靖明,玉木久夫: 頂点被覆数の小さいグラフに対するtreedepthの計算について.2016年夏のLAシンポジウム,奈良,2016.
  • 小林靖明: グラフのカット幅を求める高速な厳密アルゴリズムの開発.学習院大学計算機センター特別研究プロジェクト成果報告会,東京,2016.
  • 小林靖明,玉木久夫: 頂点被覆数の小さいグラフの最適消去木の計算について. 情報処理学会研究報告,第155回アルゴリズム研究会,鹿児島,2015.
  • 橘内謙太小林靖明,玉木久夫: 準完全有向グラフとその一般化に対するパス幅計算について. 情報処理学会研究報告,第152回アルゴリズム研究会,東京,2015.
  • Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki: Improved fixed parameter algorithm for two-layer crossing minimization.情報処理学会研究報告,第151回アルゴリズム研究会,愛知,2015.
  • Yasuaki Kobayashi: Computing the pathwidth of directed graphs with small vertex cover. 情報処理学会研究報告,第148回アルゴリズム研究会,愛媛,2014.
  • 小林靖明小室慶太,玉木久夫: パス幅計算におけるコミットメントによる探索状態数削減:実験的研究.情報処理学会研究報告,第148回アルゴリズム研究会,愛媛,2014.
  • Yasuaki Kobayashi,Hirokazu Maruta,Yusuke Nakae,Hisao Tamaki: A linear edge kernel for two-layer crossing minimization.情報処理学会研究報告,第144回アルゴリズム研究会,北海道,情報処理学会コンピュータサイエンス領域奨励賞,2013.
  • 小林靖明,玉木久夫: One-sided crossing minimizationに対する準指数時間固定パラメータアルゴリズム.日本オペレーションズ・リサーチ学会 「OR横断若手の会研究部会」,KSMAP琵琶湖合宿,学生優秀発表賞,2012.
  • Yasuaki Kobayashi, Hisao Tamaki:A fast and simple subexponential fixed parameter algorithm for one-sided crossing minimization.情報処理学会研究報告,第141回アルゴリズム研究会,北海道,2012.
  • Kenta Kitsunai, Yasuaki Kobayashi, Keita Komuro, Hisao Tamaki, Toshihiro Tano: Computing directed pathwidth in O(1.89n) time.情報処理学会研究報告,第141回アルゴリズム研究会,北海道,2012.
  • Yasuaki Kobayashi, Yuichiro Miyamoto, Hisao Tamaki: k-cyclic orientations of graphs. 情報処理学会研究報告,第134回アルゴリズム研究会,沖縄, 2011.

紀要・プレプリント

  • 小林靖明:グラフのカット幅を求める高速な厳密アルゴリズムの開発, 学習院大学計算機センター年報,Vol. 37,90 - 100,2016.

受賞

  • PACE 2017 Track B 1st place, 2017
  • コンピューターサイエンス領域奨励賞(情報処理学会), 2014
  • 学生優秀発表賞(日本オペレーションズ・リサーチ学会 「OR横断若手の会研究部会」 KSMAP琵琶湖合宿), 2012

獲得資金

ソフトウェア

Misc.