山野草




2018.9.04 ヤブカラシ


2018.9.4  くず


2018.9.04 ヤマブドウ

ノブドウ、エビズルといった似たものがある
エビズルは葉の裏が茶色

センニンソウ 2018.8.31

似たような花でボタンツルがある



オミナエシ(女郎花)







ヤブカラシ




チェリーセージ





ミヤマウズラ(深山鶉)
 葉がうずらの卵ににていることから、ミヤマは深山からとのこと。
 

コヤブラン
 その辺に多く見られる。
 オオヤブラン、ヒメヤブランもある。

ヤブラン  :匐枝は出さず大株となる、葉の幅8~12ミリ、花は色が濃くて密集。
 コヤブラン :匐枝で広がる、葉の幅4~7ミリ、花は色が薄くてまばらで20~30個。
 ヒメヤブラン:匐枝で広がる、葉の幅2~3ミリ、花は色が薄くてまばらで約10個。


2018.05.16  昼の散歩
 イチヤクソウとウメガサソウとかいう花を見つけた。


https://photos.app.goo.gl/pogJaiIN06ZKr7Ba2


 http://mikawanoyasou.org/data/umegasasou.htm
 フデリンドウも見つけた。
 なかでも大ウメガサソウは森の妖精とも呼ばれているみたいです。 絶滅危惧植物とのこと、名前を忘れそう。
 原研以外では、ひたちなか海浜公園でみられるとのこと。
 http://hitachikaihin.jp/hana/hana-2141.html



動作している。