十条通り 鍼灸院

十条鍼灸院

【鍼灸治療とは】
針や灸を使うことによってその人が本来もっている「治そうとする力」「より健康に なろうとする力」をひき出し、
   からだを”全体のしくみ”ととらえることによって症状を改善したり、治癒するようにはたらきかける治療方法です。
 からだの臓器の病変からアプローチする傾向のある現代西洋医学とは、病気に対する考え方も違い、治し方も違います。
    近ごろでは、現代西洋医学での短所を補完する、あるいは西洋医学と双補的なもうひとつの医学としても
   重要かつ注目されるようになってきました。

【診療に必要な時間】
  入室から治療終了までおよそ1時間かかります。
  担当針灸師により多少ちがいますが、舌診、脉診、腹診、問診などにより針灸治療に入ります。
  脱着の楽な服装でおいで下さい。

【予約制です(電話予約可)】
電話:046-274-5884

<診療時間および鍼灸師>
午前の部
診療時間
9時~12時
9時~12時
9時~12時
鍼灸師水田靖子水田靖子水田靖子
午後の部
診療時間
1時30分~6時
1時30分~6時
2時30分~7時 第4週のみ
鍼灸師水田靖子水田靖子


【感染症対策】
 ◎初診時に肝炎検査(実費負担)を実施します。
 ◎全てディスポ針(使い捨て針)を使用します。
 ◎回収した針管は全てオートクレーブ(高圧蒸気減菌器)で滅菌します。
【当院の治療料金】
 初診 6,500円(B型・C型肝炎ウィルス検査料を含む)
 2回目以降 4,500円
 3ヶ月以上1年以内に来院されなかった方(初診代込み) 5,500円
 B型・C型肝炎ウィルス検査料(1年に1回) 1,000円

★医師の同意があれば保険治療が受けられます
(下記をご覧ください)
★医師の同意があれば労災・自賠責保険で治療を受けることができます。
★75歳以上の大和市民には市の助成券制度があります。
 詳しいことは受付または針灸師にご相談ください。


【十条通り針灸院の治療について】

*病名では腰痛・肩こりは症例も多いですが、これらの痛み・こり・しびれだけでなく各診療科にわたる広範囲の病気をカバーします。
     例えば不眠症・喘息・アレルギー疾患・便秘・胃腸症状・慢性疲労症状やうつ症状改善なども期待できます。

*頸肩腕障害、慢性疲労性腰痛など職業性疾患に対しても豊富な経験があります。
  なお、労災職業病関連の疾病については NPO法人 神奈川労災職業病センター職員がご相談に応じます。予約制です。



【各種保険取り扱い】

【鍼・灸を健康保険で受けるために】

Ⅰ:健康保険を使って鍼・灸治療を受けるにはいろいろな制限があります。

1.健康保険の効く疾病(保険対象6疾患)
 腰痛症・頸肩腕症候群・五十肩・神経痛・リウマチ・頸椎捻挫後遺症 など

2.医師の同意が必要(同意書が必要)
    西洋医学による治療(投薬、注射、理学療法など)を受けて、「これ以上西洋医学による治療を受けても効果が望めない」という
    医師の診断が必要になります。
   そのうえで、患者が健康保険による針治療を希望する場合は、それに同意する旨の医師の同意書が必要です。
 ですから、同じ傷病名での西洋医学による治療と針治療を併用して受けることはできません。

3.健康保険から支払われる金額

 《施術料金(給付額)》

*下記の金額から自己負担率分を差し引いた金額が給付額
   初回2,880円 (平成26年4月1日現在)
      2回目から1,270円

4.治療費の支払い方法
  患者さんが窓口で治療費を支払い、あとで、健康保険組合から保険負担分が患者さんに払い戻される方法です。
  期間は3ヶ月ほどかかるようです

Ⅱ:《必要な書類及び手続き》

1.「療養費支払い申請書」・・・・・患者さんでご用意下さい。
  会社の保険の場合は、会社で、国民健康保険の場合は、住所地の市役所でもらって下さい。
  (大和市の場合は当院に用意があります)
2.「同意書」・・・・・診療所で発行。
  医師が鍼灸治療を必要と認める書類です。

3.「領収書」・・・・・針灸院で発行

4.上記の書類を各保険者に提出し、審査を経て一定の金額が払い戻される仕組みです。
    なお、保険組合によっては、期間、金額等に関して上記の数字以上を補償する(法定外給付といいます)ところもあります。
    詳細は各保険組合にお問い     合わせ下さい。
 以上のように健康保険で鍼灸を受けるには多くの制限があり、また健康保険の効かない場合もありますが、高額な保険料を支払っているのですから、
   面倒くさがらずに請求していくことが必要です。
  (詳しくは鍼灸師にご相談下さい)