【栃木】大神神社流鏑馬

春季例大祭で行われている流鏑馬。江戸時代より農作物の豊凶占いとして行われている。一の的に的中すると早生(早稲)、二の的は中生(中稲)、三の的は晩生(晩稲)が豊作になるとされ、転じて安産祈願もされている。流鏑馬に先立ち飾り馬も行われている。