ホーム

新エコパートナーくまもと 設立趣意

「新エコパートナーくまもと」は、環境パートナーシップくまもと市民会議(通称「エコパートナーくまもと」)として発足してから10年を迎え、平成23年4月1日より新たな体制、新たな決意のもとで、再出発をきりました。
本会は、市民・企業・民間団体が一体となった協働組織であり、三者はお互いを尊重し連携しながら、目標を低炭素社会及び循環型社会の実現とし、くまもとの良好で持続可能な環境保全の構築・発展と付加価値の創造に資する活動を推進する事を目的とします。
本会員である、市民、企業、民間団体は、それぞれが環境に与えている影響負荷を自覚し、責任と能力に応じた積極的な行動が求められます。会員の一人ひとりが出来る限り広く、多く情報を提供し、又、本会の環境活動で生まれる知識や実績、そして人・組織のネットワークを活かしながら、地域に役立つ行動を実践しなければなりません。
そこで、これらの実践の場として本会に「市民協働部会」と「E(新エネ・省エネ・省資源)部会」の二つの部会を新たに再編・設置します。これら二つの部会の機能を効果的に融合させる事によって今まで以上に大きな相乗効果が期待されます。
今日から本会の構成要素である三者は相互に連携しながら環境団体として自主独立の精神を持ち、行政との対等かつ良好な協働体制も構築しながら、くまもとの豊かな環境保全と発展に積極的に取り組んでまいります。

本会は次の基本方針を掲げて行動します。
・環境、エネルギーを学び守り改善する
・会員の独自性(特性、能力)を活かす
・本会の活動で知り得た情報の公開・発信をする
・本会は環境ビジネスの発展を推進する
・New-eco-partner http://www.ecopa-kumamoto.com/