翻訳に参加‎ > ‎

スキル編

  • シートをクリックしただけでは見るだけで編集できません。上の方に出てる「開く」というボタンを押して編集モードに入ってください。
  • プロフェッション・セカンダリプロフェッション・ギルドパーク等はまだ準備が出来ていないのでクラススキルのみ作業可能
  • WoD用翻訳進捗表を作成しました。基本毎日更新していくので、未翻訳箇所に着手したい方はご確認ください
  • スキルの文面、特に数字は頻繁に調整されるので、細かい数字は省いて、内容だけを説明するという手段もありです
PTR/WoDβ 動作確認版のインストール方法
Curseforgeにあるファイルの一番新しいRelease Type : Alpha, Game version: 6.0.1 のファイルをダウンロードして、PTRまたはβクライアント以下のaddon用フォルダに展開すると動作確認ができます。
まだWoDクライアントへの完全対応作業が完了していないので「クエスト」の和訳は表示されません、ご了承ください。
このファイルを現在使っているMoPのaddonフォルダに入れると、WoD版のスキル文面に更新されてしまうのでご注意を

バグレポート
使っていて明らかに変な訳や、変な数字が出ている箇所を見つけたら、自分で該当スキルシートを修正するか、「クラス、スキル名、どう変なのか」を添えて
Twitter( @milai_wow) または、ブログの方へコメントいただければ対応します。スクリーンショットが添付されていれば完璧です。

翻訳の手順

スキルシートにはid, name, content, japanese, buff,buffjp,average, link, 確認日の9項目があります。
・contentが元の文章をWoWHeadから引っ張ってきたもの、japaenseがcontentを翻訳した文章
・buffはそのスキルを使うことによって付加されるbuff/debuffの文章、buffjpはその翻訳版
・averageはダメージ等を平均値表示する時に使う計算式です。

よって翻訳する際にはjapaneseを埋め、buffにテキストがある場合はbuffjpも埋めます。
averageはそのスキルが平均値表示に対応している場合に使う式ですが、あとで自動で埋めることも可能なので空欄でかまいません。

linkは元データの参考用にWoWHeadへの対応スキルへのリンクが貼られています

重要:
最後の「確認日」はスキルを新規に翻訳、または既存の翻訳が正しいことを確認、間違っていたら修正した日付を入力してください。大半のスキルはMoPですでに翻訳された文章で埋まっているように見えますが、
これらの内容はMoPの間にも変更されましたし、WoDでさらに変更が加わるため、最新の英文とは不一致になっている可能性が高いです。
翻訳が苦手な方でも、新規翻訳ではなく、この既存の翻訳が今の英文にあってるかどうかを確認・修正していただけると非常に助かります。すでに下地となる文章があるため、とっつきやすいです。

注意点:
1. contentの中身は途中で切れている場合があります。もし文章がおかしいなと感じた場合はwowheadへのリンクで飛んで元の文章をcontentにコピーしてください。
英文はAddon生成に全く影響しないので自由に書き換えてかまいません。

2.スキル文は勝手に改行されないので、訳文が長すぎるととても横長なツールチップになります。適当なところ(20文字くらい)で改行をいれてください。

3. いくつかのスキルは装備する武器によってID、文章が変わるみたいです(例:MonkのJab)
他にも選択式のタレントを取ることで追加効果のメッセージが表示されるスキルもあります。
このような処理には現在未対応なので無視してください。(スキル、追加メッセージの正確な対応が取れれば実装しますが、割と大変そう)

4.
Spellの効果は、プレイヤーのスペックやグリフ、タレントで変動するので、数値を置き換える処理をしています。
そこで、数値の箇所を$N数字に置き換えています。

グリフはうまく置き換わらないので数字を直で書く必要があります。グリフ中の数字は必ず固定値なので置き換えなしで全ていけるはず。

例えば、Healing Wave (Rank 1)は、
原文:
Heals a friendly target for 34 to 44.
$N数字に置き換え:
Heals a friendly target for $N1 to $N2.
翻訳:
味方を$N1-$N2回復します。


色々ややこしいですけど、他のスキルの翻訳結果を参考にして似たような書き方をしていけばなんとかなるはず
Comments