はじめにお読みください

windowsとandroidのメモ」のブログで書いてきたことをまとめたサイトです。

ブログでは、androidを良く分かっていない管理人が、所有しているandroid端末でroot化などを行いその方法を書いています。
ブログの投稿数が増え、改めて確認したいroot化方法などの投稿が分かりにくくなってしまったので、このサイトに見やすくまとめています。

※サイト内には各android端末のroot化について書かれていますが、私は決してroot化を推奨しているわけではありません。

root化することによって、文鎮化(端末が起動しなくなる状態)したり、メーカー保証が無くなり、セキュリティーリスクが増える可能性があります。

では、なぜroot化するのかというと、私の場合は殆どがバッテリー消費の改善と、動作の改善が目的です。
(root化できるからroot取ってみたいという興味も2~3割あります)

具体的に私がandoroid端末を使用している目的を書くと、頻度の高い順にこうなります。

1、読書
2、ネット(ブラウザ・RSS・2ch・メールなど)
3、LINE・FaceBook
4、テザリング
5、ヤフオク
6、音声通話

主に使用しているdocomoのスマートフォンには私が使用しない機能が満載で、何度強制終了してもその度に起動して裏で動いて動作が遅くなり、更にはバッテリーも大量に消費されてしまう場合もあります。

具体例を挙げると、なぜか2種類もインストールされている「電話帳」という凍結できないアプリが暴走してバッテリーを50%以上消費されてしまったり、そもそも群馬で使う意味があるのか分からないオートGPSというアプリが勝手に起動してバッテリー消費してたり、最初から3つもインストールされているランチャーアプリはどれも私には不向きで使用しないのに消せないし・・・と、まぁ、沢山あります。

こういった私が使わないアプリを削除し、バッテリーの消費や動作を改善するためにroot化するという方法を取っています。

android4.0以降の端末では、root化していない状態でも特定のアプリを凍結して動作しないように設定してバッテリーの消費を改善したり、最近の端末ではCPUの性能が上がってストレス無く操作できるようになっている場合が増え、root化が必要なのか悩むこともあります。

また、それに加えてroot化することで意図的に起動させられなくなってしまうアプリも多々あります。
例えば、パズドラが起動できなくなったり、dtabを購入するために契約したdビデオが見れなくなったり。。

回避する方法もありますが、結構面倒です。

ということで、長くなりましたがroot化は色々なリスクがあるということや、本当にroot化しなければいけないのかという事も含め全て自分自身で判断してから処理するようお願いします。

なお、私は7年前に今の会社に入るまで、内装工事の職人をしていました。

パソコンは今の会社に入ってから使い始めて、多少のhtmlタグの知識とその他は素人に毛が生えた程度の知識しか持っていません。
コマンドプロンプトを初めて使ったのも、確か1年ほど前が初めてです。

そんな良く分かっていない私が書いたため、間違った解釈・認識でそのまま書いている部分もあるかと思います。

こういった事も含め、何度も書きますが全て自己責任・判断でお願いします。