SEO

ひよこうぇぶ チャットサポート

SEO
(検索エンジン最適化: Search Engine Optimization)

検索エンジンでの検索結果で、
上位に表示されるように対策をすることです。

結論としては、
『閲覧者のことを考えて作成すれば、
自ずと順位は上がる』
ということです。

もしくは、
『魅力のある商品なら、検索エンジンも放っておかない』
ようです。


~長い文を書きましょう~

検索エンジンは、画像や動画よりも、文章に反応するようです。
文章があればあるほど、SEOには効果があります。
キーワードを適度に散りばめることが必要ですが、
キーワードを入れ過ぎると、スパム判定をされ、ペナルティを課せられてしまいます。


~綺麗な写真で飾りましょう~

一方、お客さまにご覧いただいた後、
購買アクションを起こしていただくには、
写真も重要になってきます。


~頻繁に更新しましょう~

頻繁に更新があるほうが、
『元気なサイトだな』と判断され、
検索順位が上がります。
ホームページにオリジナルブログを設置して、
毎日更新するのが理想的です。
キーワードを適度に散りばめた文章で、
まずは、目安として100件の記事投稿を目標としましょう。


~被リンク~

ブログをブログランキングに登録してみましょう。
各ページを、はてなブックマークに登録するのもおすすめです。
ご友人様のブログからも、紹介してもらいましょう。
(外部リンクを買うのは、ペナルティとなる場合が多くなっているようです)
琉球の島
などのポータルサイトにも登録してみましょう。
googleプラスなど、google関連サービスも注目ですね。

→ ひよこと良子のPiyoPiyoですから 協賛で、社会貢献しながら被リンクアップ!
静的なページではなく、常に更新され、ラジオでも紹介されるホームページなのが魅力です。
ひよこと良子のPiyoPiyoですから



~外部ブログか内部ブログか~
ブログにも、SEOに強いブログと弱いブログがあるようです。外部リンクを増やす、という目的もあり、ひよこうぇぶでは外部ブログを使用しています。特に沖縄ターゲットでしたらば、てぃーだブログがおすすめです。ですが、最近はwordpressによる、オリジナルブログをおすすめする場合が増えてきました。外部リンクは、あくまでもサイト内部の情報が充実している場合に有効だから、との考えからです。できれば両方やるのが望ましいですし、関係ない話ばかりになるようでしたらヒットさせたいワードが薄まってしまいますので、外部ブログの方がいいかもしれません。

基本は、ホームページ内部で関連情報を充実させた上での外部対策、となりますので、どちらが正解ということはなく、今後の運営方針しだいとなるかと思います。



~継続~
今では超有な某ネットショップも、
出店から3年間のトータルの売上は300円だったそうです。
大きく成功するなら、下積みにも時間がかかるものです。


~成長~

結論としましては、
SEO対策は重要です。
けれども、所詮はSEO。
所詮はホームページ。
商品自体の魅力、
会社自体の魅力がなければ、それまでです。

SEO対策をすることで、
自社を見つめなおし、
より、魅力ある商品を作り上げること。
会社の成長は、社会のためでもあります。
ビジネス・パートナーとして、
ご一緒に会社の将来を創りあげていきましょう。


SEOの限界~

SEO対策に、月、5万や10万以上かけている企業はざらにあります。ひよこうぇぶでは、SEO対策に年間何十万円、何百万円もかけている大手企業さまに負けないだけの、SEOの結果を出しています。歴史のある、大手のホームページ代行製作会社さまや、SEO対策専門会社さまと、互角以上の勝負をしています。けれども、厳しい現実に目を向けますと、検索エンジン対策で、ひよこうぇぶでできることには限界があります。もちろん、できるかぎりのことは精一杯行いますし、ブログ等でも宣伝は致します。それでも、昔と違い、現在の検索エンジンは、『ホームページ自体の文章量、ブログの記事の量』など、コンテンツを最重視しています。さらに、文章の『質』まで判断されているようです。時々、ホームページは1ページだけで、文章もほとんどなくスカスカで、それでも全国を対象に検索エンジン対策だけをしてくれ、という企業さまもいらっしゃいますが、まず無理です。できるとしたら、こちらで勝手にコンテンツを考えて書いていく、という方法になってしまいます。何十万円もするSEO対策業者さまも、基本は同じような方法をとっていますが、それでも効果がない、という顧客とのトラブルをよく耳にします。さらには、最近は、Googleがアルゴリズムを進化させていて、そのようなSEO対策業者さまを排除する方針のようです。ですので、うまい話はなく、地道にコンテンツを充実させていくしかないようです。目安としましては、ブログ記事100件です。ひよこうぇぶ自身も、記事100件を超えたところで、著しく検索順位がアップしました。

ただ、検索でヒットしましても、次に問題になりますのは、コンバージョン率(成約率)です。ホームページは、実際にご覧くださったお客さまに、どれだけ購買アクションを誘発できるか、そのためには、そもそもどれだけ魅力的なサービスを提供しているか、ということが大事になってくるでしょう。

ブログは優秀な営業マンで、ホームページは由緒正しき店舗。そのようなイメージはいかがでしょうか。
もしくは、ブログで宣伝し、ホームページというカタログで説得する。

ひよこうぇぶでできますことは、サイトマップ送信からはじまり、サイト内部対策、外部対策などの基本から、ソーシャルブックマークに登録などのちょっとした裏ワザも含め、色々ございます。けれども、コンテンツを充実させるという王道には、かないません。その意味で、検索エンジン対策の主役は、企業のオーナーさま、もしくは企業のブログ執筆担当者さまといえるでしょう。ブログの書き方にも、細かい注意点などございますので、サポートは精一杯させて頂きます。


description~

descriptionは、64文字の中に2~3回、ターゲットのキーワードを入れるのが最適と言われています。長くても124文字程度、短すぎても表示されない場合がございます。ページごとに内容は変えた方がよいようです。そのページに関係ない内容を入れすぎると、ペナルティを課される可能性もございます。


アメーバブログ~

SEOのためには、更新の頻度と文章の量が必要です。ブログであればその両方を満たせますので、SEOの一番の鍵はブログにかかっていると思います。こちらでもできることは致しますが、コンテンツ量は圧倒的に重要です。ブログにもSEOに強いものとそうではないものがあるようで、アメブロのSEOの強さは人によって評価は分かれるところでしょうが、アメブロ自体でその分野の上位数位以内に入れたなら、かなりの効果は期待できるようです。それまではなかなか、という声もあるようです。いずれにせよ、検索エンジン対策はすぐには効果がでないので、長期的に取り組む必要があるようです。

ブログの重要性
Comments