Thanksgiving Eve

カンザスシティーの週末

感謝祭の前日

2008年11月26日

カンザスシティーの週末

Isoko Durbin のブログ集

アメリカ人夫の一言

アメリカ生活録

アメリカで出会ったおいしい料理

 

 

 明日はいよいよ感謝祭である。例年なら、夫の叔母の家で親戚一同が集まり、食事をするのだが、今年は色々あり、我が家でやることになった。夫の母と彼女の姉の家族がやってくると聞いていたので、私は張り切って七面鳥を焼くつもりでいた。しかし、今日になって叔母家族がこれないと分かり、はっきり言って肩の荷が下りたような気もしたが、それなら七面鳥を焼くまでも無かったかもしれない。今日はパイを二つも作った。アップルパイとパンプキンパイである。パンプキンパイは、夫の食料品会社が出しているパンプキンの缶詰についているレシピで作った。焼く前にボールに残っているのをなめてみたが、おいしかった。焼いた物はまだ試していないが、かなりおいしいはずだ。アップルパイは、友達の妹さんから電話でレシピを聞いて作った。こちらもまだ試していないが、匂いはなかなか良い。明日夫の母が来てから切り分けるのが楽しみである。

 上の写真、暗い台所で写真を撮ったので、少しぶれているのだが、なかなかかわいく撮れたので、トップの写真に使ってみた。左のクランベリーのゼリーは、感謝祭に良く食べられる物だ。私は個人的にまだ一度も食べたことがない。さっき夫に聞いてみたが、彼もまだ食べたことが無いと言う。本当だろうか。アメリカ人でありながら、クランベリーソースゼリーを今まで一度も食べたことが無いなんて、ありえるんだろうか?どうやら、そうらしい。

 今日は、七面鳥を解凍して、明日3時間ほどかけて焼くつもりだ。七面鳥があると、ぐっとホリデー気分が演出できるが、正直に言うと、七面鳥を触るのがどうもいやである。袋を開け、水で何度も洗ったが、どうも、「死体」を取り扱っている気がして、途中何度も気分が悪くなった。なので最終的には、夫に味付けや料理バックに入れる作業をしてもらった。七面鳥の丸焼きはなかなか難しいので、明日うまくいくことを祈るばかりである。

 その他にシュリンプ・オニオンスープを作った。これが何かと言えば、ただ短にズッキーニなどの野菜を茹で、柔らかくなったら、シュリンプとオニオンスープの素を入れ、出来上がりである。今回は豆も入れたので、少々時間がかかったが。これはなかなかおいしくできた。明日になると、シュリンプからもっとだしが出るので、もっとおいしくなる。

 良い感謝祭になりますように。