Fountain Journey 1

カンザスシティーの週末

噴水の旅1

2008年6月29日

カンザスシティーの週末

Isoko Durbin のブログ集

アメリカ人夫の一言

アメリカ生活録

アメリカで出会ったおいしい料理

 

 

 カンザスシティーは、「噴水の街」と呼ばれるほど、噴水が街のあちこちにある。何でも、ローマに次いで、世界で2番目に多いそうだ。確かに車で走っていると、車窓から次々と噴水が見える所もある。そんな噴水を写真に収めたいと思っていて、今日とうとう始めてしまった。「旅」といっても今回のは、たった3つだけなので、プチ旅行といった感じなのだが、これから折を見て、其の都度、撮っていこうと思っている。だいたい、カンザスシティーには、噴水がたくさんありすぎて、全部を一日で撮るなんてとてもじゃないが、無理である。これから1年くらいかかるプロジェクトと思ったほうがいい。

 

Staley Farms にある噴水

(North Woodland Ave. & Staley Farms Dr.)

 

 

 今日の午前中、友達の家に行く用事があったので、出発点は彼女の家の近くになった。もう一人別の不動産業をしている友達が住んでいる「Staley Farms」という高級新興住宅地の入り口にある噴水だ。この噴水に名前があるかどうかは知らないが、美しい花が周りに咲き乱れる噴水である。最近、噴水に興味を持ち始めるようになって、噴水には色々な種類があるのに気付いた。私は、このような噴水を「壁型」と呼んでいる。(すっかり専門家気分である。)つまり、壁の天辺から、水が流れ出すタイプである。なんだか、ゴージャスな、お金持ちそうな雰囲気を醸し出す噴水だと思う。私の友達も不動産業をしているだけあって、豪華な新しい家に住んでいる。この噴水の水は、後ろに流れ出す仕組みになっており、ちょっとした小川とプチ滝が続いている。小川の周りにはたくさんの花が活けてある。友達の家に行くたび、こんなきれいな所に住めていいな、と思う。

 

 

 写真を見てもらってもお分かりの通り、この場所はカンザスシティーの郊外で、緑豊かである。最近近くに、大きな最新設備を備えたプールを持つ高校ができ、モールも建設される予定で、地価が上がるんではないかと、夫が言っていた。今のうち、この辺で家を購入しておけば、お金儲けできるかもしれない。 

 

54th St. & North Oak St. 

 North Oak St. という大通りを走っていると、上の写真のような噴水が見えてくる。これは、神学学校の敷地内にある噴水だ。私の噴水カテゴリーでは、「吹き上げ型」に入る、一番オーソドックスなタイプだ。噴水というと、こういうイメージを浮かべる人が多いのではないだろうか。広大な緑の芝生の敷地にある池で、のどかに水を噴き上げている。最近この大学の敷地内の一部を、ホームセンター「Lows」が買い取り、新しい店をオープンさせたばかりだ。写真からは想像できないが、結構周りは交通量の多い、騒がしい場所である。

 

Vivion Road & North Oak St.

 

 この噴水は、高速道路と大きな道の間の敷地に作られた公園内にある。これもまた、写真からは想像しにくいが、周りでは、車がビュンビュン走っている。しかし今日は天気が良く、風がとても気持ち良かったので、楽しく撮影できた。ピクニックにでも来たい場所である。この噴水は結構有名らしく、プロの写真家が撮った写真集でも見たことがある。アイルランド系のお祭「セントパトリックデー」には、アイルランドの色「緑」に噴水の色が変えられるらしい。

 

 公園内には小道があり、子供を連れた母親が、のんびり散歩を楽しんでいた。そのもっと奥に行くと、アメリカが参戦した戦争で亡くなったクレイ郡出身者の碑が建っていた。第一次世界大戦から始まり、現在のイラク戦争でもすでに1名、名前が刻まれている。この碑の前には、アメリカの国鳥「ワシ」の像が、誇らしげに羽を広げていた。アメリカでは、こうした戦争で亡くなった兵士達の碑が、各地で見られる。これ以上、名前が刻まれることが無いよう、祈る。

 私は、この公園の中を実際に歩いたのは、今日が初めてで、どこに車を停めればよいか分からなかった。それで、結構離れたYMCAの駐車場に車を停め、サンダルを履いた足で、延々と歩かなければならなかった。公園の近くに着いたら、駐車場があり、なんだここに停められたんだ、と思ったが、YMCAから公園までの道は、木々が生い茂り、ここを通るだけでも価値がある。歩くのは大変だが、これも散歩の一部と思えば、得した気分になる。この辺は、大きな家が多く、お金持ちな人たちの場所なのかもしれない。きっと昔は、緑に囲まれた美しい場所だったのだろうが、現在では高速道路が、すぐそばを走っているので、ずいぶん周りは騒がしい。しかし、こうして緑の中に居ると、そうした喧騒を忘れさせてくれる。噴水の旅は、こうした周りの状況も知ることができ、私にとってずいぶん有意義な時間となった。