American Father's Day

カンザスシティーの週末

 

アメリカの父の日

2008年6月15日

カンザスシティーの週末

Isoko Durbin のブログ集

アメリカ人夫の一言

アメリカ生活録

アメリカで出会ったおいしい料理

 

 今日は、「父の日」である。日本同様、「母の日」に比べ陰が薄いこの日であるが、ちらほらとデパートのコマーシャルやニュースなどで、父の日のイベントを見ることはある。例えば、「父の日特別セール」として、男性用のシャツの宣伝をしたり、はたまたニュースでは子供を持つ父親5人が集まって、父として子供にどうやって接しているかなどを語り合う、などである。しかし、やはり「母の日」に比べれば、地味である。

 さて、今朝私は、日曜日なのに仕事に行く夫と一緒に、朝食を食べながら、にこやかな笑顔の男性キャスターが、父の日のイベントを紹介している地元のニュースを見た。

「この『父の日コンテスト』では、椅子に座ったお父さんが、ゴミ箱にいくつ、紙くずを投げ入れられるかを競います。」

これが、典型的なアメリカの父の姿なのだろうか。寝そべったソファから離れることなく、ゴミも投げ捨てる。なんとも、情けない姿とは思うが、ユーモアを交えて、こんな企画を考えるのは、アメリカらしいと思った。