日本語‎ > ‎

FAQ: ウェブマスターツール


サイトの確認について

Q: HTML ファイルを使用してサイトの確認をしようとしたところ、エラーが表示されました。HTML ファイルは自分のブラウザ上では表示されています。

A: ウェブマスターツールに表示されているエラーの内容を確認して、関連する ヘルプページ をご覧下さい。
ファイルが存在しない場合は、サーバーが 404 HTTP ステータスコードを返してるか確認してください。ページがどんなステータスコードを返しているかを確認するには、Firefox の拡張機能である、Live HTTP Headers を使うと便利です。


Q: サイトに存在しない URL に対して「見つかりませんでした」というクロールエラーが表示されるのはなぜですか?

A: これらのエラーは Googlebot が URL にアクセスしようとして 404 エラー (ページが見つかりません) を受け取った場合に生じます。この現象は、Googlebot がたどったリンクが、入力ミスやリンク切れが原因で無効だった場合に生じます。このようなエラーが表示された URL に見覚えがなく、アクセスされなくても良いのであれば、これらのエラーは無視しても構いません。ですがもし、「見つかりませんでした」のセクションに見覚えのある URL があり、それをクロールさせたい場合は、詳細欄の情報を参考にエラーの修正を行なって下さい。

エラーを早く取り除きたい場合は、301 リダイレクトを使って、間違っている URL やリンク切れしている URL からコンテンツの最新版へ誘導してください。また、間違った URL へリンクしているサイトの管理者に連絡を取り、リンクの修正を依頼することも有効です。URL 削除リクエストを送信しても、ウェブマスターツールに表示されるエラーは消えないことにご留意ください。 URL 削除ツールは Google の検索結果から  URL を削除するものであり、ウェブマスターツールに表示されたエラーを削除することはできません。


Q: サイトの確認を行なってから数ヶ月たちますが、「現在、データを表示できません。」と表示されたままです。

A: ご自身のサイトの URL の www を含むバージョンと www を含まないバージョンの両方で確認してみてください。 (例: www.example.com と example.com) ウェブマスターツールで参照しようとしている URL のバージョンが、Google のインデックスに登録されている URL のバージョンと異なっている 場合、データを確認できないことがあります。詳しくはこちらの ブログ記事 (英語) をご参照ください。

どちらのバージョンでもデータが表示されない場合は、あなたのサイトの認知度を高め、より多くのユーザーに訪問してもらい、自然にリンクを張ってもらう必要があるかもしれません。もちろん、その前にはユーザーが訪れて、リンクしたくなるようなサイトにする必要があります。ウェブマスターツールのデータは、あなたのサイトへの訪問数やリンク数をもとに生成されます。ウェブ上に あなたのサイトへのリンクが多ければ多いほど、Google のクローラがあなたのサイトを巡回する可能性は高まります。 あなたのサイトを Google が頻繁にクロールするようになると、ウェブマスターツールにより詳細なデータが表示されるようになります。



その他

Q: 404 エラーを起こしていたページへのリンクを修正しました。修正後、ウェブマスターツールからエラー表示が消えるまでにどのくらい時間がかかりますか? また、Google に表示の更新を依頼することはできますか?

A: 繰り返し 404 ステータスコードを返すページは、クロールされなくなりますので、ウェブマスターツール上のエラー表示もじきに消えるでしょう。エラー検出日の日付が更新されていなければ、このエラーが表示されている点について心配することはありません。 
URL 削除リクエストを送信しても、ウェブマスターツールに表示されるエラーは消えないことにご留意ください。 URL 削除リクエストツールは Google の検索結果から URL を削除するものであり、ウェブマスターツールに表示されたエラーを削除することはありません。


Q: ウェブマスターツールで「robots.txt の制限により、URL をクロールできませんでした。」というエラーが表示されます。どう意味ですか?何をすればよいですか?

A: robots.txt がある場合、Googlebot はその記載内容に従ってサイトをクロールします。  robots.txt が 404 エラー (ページが見つかりません) を返す場合は、そのサイトは Google からのアクセスをブロックしていないと認識します。 robots.txt にアクセスできず、はっきりした 404 エラーも確認できない場合、つまりあいまいな反応しか返ってこず、 robots.txt が存在するのかしないのか不明な場合は、サイトのどのページもクロールしません。サイトの特定の部分をクロールしないように指示するファイルが存在しないと断定できないからです。

この点について問題をお持ちの方は、ご利用のホスティング業者に問い合わせ、調べてもらうことをお勧めします。


Q: ホスティングサービスを利用してサイトを運営しているため、メタタグの追加や HTML ファイルをアップロードすることができません。どうすればサイトをウェブマスターツールに登録できますか?

A: 申し訳ございませんが、ウェブマスターツールでサイトの所有者を確認する方法は、現在、メタタグと HTML ファイルの 2 通りしかありません。


Q: URL 削除リクエスト が拒否されました。なぜですか?

A: 削除リクエストが拒否された際に表示されるアイコンあるいはリンクから、詳細な情報を確認することができます。
特定のディレクトリやサイト全体の削除をリクエストする際は、 robots.txt ファイルを設置しアクセスをブロックする必要があります。(404ステータスコードを返すだけでは不十分です。)

キャッシュの削除を希望する場合は、Google のキャッシュの URL (例:http://72.14.235.132/search?q=cache:gNiOGdVmNXgJ:www.example.co.jp/) ではなく、削除したいページの URL (例: http://www.example.co.jp) を指定していることを確認してください。


Comments