トップページ

WCAG 2.0 から Web アクセシビリティのあり方を学ぶ WCAG勉強会@関西に関するページです。関西(主に大阪)で月1回程度活動します。
WCAG勉強会@関西について(はじめにお読みください)

活動予定

はじめに

これまでの勉強会を振り返ったうえで、今後は JIS X 8341 (高齢者・障害者等配慮設計指針 - 情報通信における機器・ソフトウェア・サービス)を取り上げることとしました。
JIS X 8341 というとき、よく知られているのは第3部にあたるJIS X 8341-3、通称「ウェブコンテンツJIS」であろうかと思います。これはWebサイトやサービスのアクセシビリティにまつわる指針で、2004年に策定され、現在、第1部にあたる JIS X 8341-1 と併せて2010年8月の改正に向けて作業が進められています。
JIS X 8341 は、高齢化社会を迎えた日本において、わたしたちが今後まず参照すべき指針です。準拠するための具体的な実装方法や試験方法などについてはWCAG2.0各文書との整合がはかられ、国際的な協調も視野におかれています。
WCAG勉強会@関西では、 JIS X 8341 と WCAG2.0 を包括的に学ぶことを通じて、アクセシビリティのよりよい理解と実践をめざします。(2010年5月29日記)

第3回勉強会

概要
JIS X 8341-3 のガイダンス、およびグループワークのもとでケーススタディを隔週・2日間で構成します。
ケーススタディでは対象となるWebサイトを定め、構築と運用に関する指針を策定すること、および、それを実証するための試験方法について考えます。
準拠する版は、JIS X 8341-3 改正原案(以下レビュー版)とします。
福祉・保険・医療情報 - WAM NET(ワムネット)を対象サイトとし、「このサイトのリニューアル提案依頼を受けた」という想定のもとにケーススタディを進めます。お客様の要望は「JIS X 8341-3への対応をしたい」です。
参加にあたっての必須事項
対象サイトを見て、どこをどうすればよいか自分なりに考えておいてください。レビュー版の事前確認は必須ではありません。
なお今回、Ustreamでの公開を検討しています。その旨ご了承のうえご参加くださると幸いです。実施の有無は当日、開始前にご案内します。
参加はしたいが映りたくないという場合、お申し込み時に必ずその旨をお伝えください。席やカメラ位置など配慮いたします。ただし、映り込み等を完全に避けることは難しいと考えられます。その点はご容赦ください。
日時
第1日
2010年6月12日(土曜日) 13時30分から17時30分まで
第2日
2010年6月26日(土曜日) 13時30分から17時30分まで
当日のタスク
第1日(多少変更になる場合があります)
  • JIS X 8341-3 ガイダンス
  • 対象サイト評価
  • 要件定義
第2日(多少変更になる場合があります)
  • 試験方法定義
  • アクセシビリティガイドライン作成
会場
アルファサード有限会社 会議室
大阪市中央区淡路町3-2-8 トーア紡第2ビル702号
定員
10名
費用
実費
  • 開催にかかる実費を参加者全員で等分に負担します。前回の参加費は、アルファサード有限会社様のご厚意により無料(初回参加の方は名札代100円)でした。
    初めてご参加の方は名札:100円を購入していただきます(ご自身でご準備いただいてもかまいません)。
  • 当日、現金で集金します。
  • 領収書の発行はいたしません。あらかじめご了承ください。
所持品
筆記用具、付箋(75mm*75mmの大きなサイズのもの)一束
お申し込み方法
mixiのACRIコミュ内、参加登録用トピックに参加表明してください。 第1日終了に伴い、第2日のみ参加登録用のトピックを立てました。詳しくはこちらをご確認ください。
備考
  • PCの持ち込みが可能です。勉強会自体には使用しませんが、ご自身のメモ用などにお使いいただけます。
    ※無線LANアダプタ(無線LAN子機)をご持参いただければ、インターネットに接続可能です。
  • 終了後、懇親会をやるかもしれません(未定です)。
Comments