Vulcanus in Europe: Q&A集

目次

  1. 1 審査・選考に関して
    1. 1.1 まずは日欧産業協力センターのサイトを参照してください
      1. 1.1.1 ヴルカヌスの1次審査、2次審査の選考基準?
      2. 1.1.2 企業の学生を選ぶ選考基準?
  2. 2 渡航前にやること
    1. 2.1 航空券購入
      1. 2.1.1 どこで購入すればよいの?
      2. 2.1.2 代金,帰国便変更料の有無,サポートは?
      3. 2.1.3 ストップオーバーは?
    2. 2.2 必要物購入
      1. 2.2.1 持ってきて良かったものは?
      2. 2.2.2 持ってきたけどいらなかったものは?
      3. 2.2.3 クレジットカードは?
      4. 2.2.4 銀行の国際口座は?
      5. 2.2.5 保険は?
      6. 2.2.6 飛行機で預ける荷物の制限20Kgはどの程度厳格なのですか?
    3. 2.3 大学の手続き
      1. 2.3.1 休学の手続きは?
      2. 2.3.2 奨学金は継続して受け取れるの?
    4. 2.4 語学の勉強
      1. 2.4.1 渡航前の学習方法は?
      2. 2.4.2 お勧め教科書は?
      3. 2.4.3 podcast,インターネットラジオなどは?
  3. 3 手続き・銀行口座・住居探しに関して
    1. 3.1 共通の注意点のページ参照
      1. 3.1.1 各国での手続きのページ参照
  4. 4 語学学校(コメント:語学学校中は国が一緒なら地域が一緒のはず)
    1. 4.1 生活
      1. 4.1.1 生活費は足りるの?
    2. 4.2 ホストファミリー
      1. 4.2.1 ネット環境は?
    3. 4.3 タンデムラーニング
      1. 4.3.1 タンデムパートナーを見つけるためには?
    4. 4.4 勉強方法
      1. 4.4.1 あるとよい教科書は?
      2. 4.4.2 初めて習う言語で,たった4か月で仕事ができるようになりますか?
  5. 5 インターンシップ
    1. 5.1 生活費(毎月かかる諸経費の内訳など)
      1. 5.1.1 生活費は足りるの?
    2. 5.2 仕事に必要な準備
      1. 5.2.1 専門書などは必要?
      2. 5.2.2 事前に勉強しておくべきことは?
      3. 5.2.3 上司といつ連絡を取る?
      4. 5.2.4 仕事の開始は8月の頭から?
      5. 5.2.5 仕事の終了は3月のいつまで?
    3. 5.3 仕事中の環境について
      1. 5.3.1 スーツは必要?
      2. 5.3.2 作業着などは必要?
    4. 5.4 仕事中で困った状況に陥ったとき
      1. 5.4.1 上司がVulcanusのことを把握してない
      2. 5.4.2 上司が忙しすぎて放置される
      3. 5.4.3 仕事中に実験中や工場内でけがをしたとき
      4. 5.4.4 有給がとりたくなったとき
      5. 5.4.5 与えられた課題が期限までに終わりそうにないとき
    5. 5.5 後輩へのアドバイス
  6. 6 各国での暮らし
    1. 6.1 各国での暮らしのページを参照
  7. 7 その他
    1. 7.1 滞在中の就職活動について
      1. 7.1.1 OB・OGとの連絡は?
      2. 7.1.2 リクナビなどの活用は
      3. 7.1.3 ロンドン・ボストンキャリアフォーラムは?
      4. 7.1.4 ボストンまでの往復はいくら
    2. 7.2 便利website
      1. 7.2.1 飛行機
      2. 7.2.2 鉄道
      3. 7.2.3 バス
      4. 7.2.4 ホステル
      5. 7.2.5 語学学習
      6. 7.2.6 タンデム探し
      7. 7.2.7 便利生活
      8. 7.2.8 Entertainment
    3. 7.3 先輩のwebsite
  8. 8 Vulcanus後
    1. 8.1 2008年度の例
      1. 8.1.1 海外大学院に進学
      2. 8.1.2 研修先企業に就職

審査・選考に関して

  • ヴルカヌスの1次審査、2次審査の選考基準?

    • タフさ。
    • 運。
    • 英語力(TOEICの点数)が無くても、成績が低くても受かることがあるのは確か。
  • 企業の学生を選ぶ選考基準?

    • うちの会社(LMS)は専門分野やスキル、興味などがその年の研修内容に合っている人を選んでいました。

渡航前にやること

  • VISAの手続きなどはセンター側から資料を貰えます

航空券購入

  • どこで購入すればよいの?

    • ネットで安いのを誰かが見つけ、それをみんな一緒に買った。
    • ネットの方が安いけれど、HISで買っても千円か2千円ぐらいしか変わらなかった。旅慣れしてない人はHISで買うのも手。
  • 代金,帰国便変更料の有無,サポートは?


  • ストップオーバーは?

    • ストップオーバーして、コペンハーゲンで1泊

必要物購入

  • 持ってきて良かったものは

    • 電子辞書:語学の勉強に必須!!
    • 充電電池(Eneloop)。欧州の電池は高い。Eneloopを買う場合、充電器が高電圧対応のものとそうでないものがあるので注意。
  • 持ってきたけどいらなかったものは?

    • たくさんの洋服。
    • 日本食。
  • クレジットカードは?

    • 複数枚持っておくと盗難時に便利,VISAがあれば困ることはない,マイレージ特典付きだとお得。
    • LifeCardがマイルも貯まるし、海外での利用金額の5%がキャッシュバックかポイントバックらしいのでお奨め。
    • スターアライアンスに加入している航空会社を使う場合、基本的にどの会社でカードを作ってもマイルをためることはできるが、加算率が異なったり、入会特典で最初にどーんとマイルがもらえたりするのでいろいろ見てみるとよい。
  • 銀行の国際口座は?

    • Plusならば各国どこにでもあるので,Plusが使える新生銀行を持っている人が多かった(08年度生)
    • 国際口座を作らず、クレジットカードのみで生活する人もいる。
  • 保険は?

    • センターお勧めのもの(2008年度はAIU):18万円くらい?
    • 自分で選ぶなら:??
  • 飛行機で預ける荷物の制限20Kgはどの程度厳格なのですか?


大学の手続き

  • 休学の手続きは?

    • 私は学部を卒業したのち、大学院入学直後に休学するという状況でした。ところが、私の大学では入学1年目の休学は認められておらず、結局後期から半期だけ休学するという形になりました。従って前期分の授業料も納めました。私立大学と一部の国公立大学ではこういったこともあるそうです。
  • 奨学金は継続して受け取れるの?

語学の勉強

  • 渡航前の学習方法は?

    • 英語:単語量がいっぱいあるに越したことはないと思います。
  • 勧め教科書は?


  • podcast,インターネットラジオなどは?

    • 便利websiteを参照してください

手続き・銀行口座・住居探しに関して

目次に戻る


語学学校(コメント:語学学校中は国が一緒なら地域が一緒のはず)

生活

  • 生活費は足りるの?


ホストファミリー

  • ネット環境は?

    • うちのホストファミリー宅(アイルランド)には6月にインターネットが来ました。
    • スペイン:おばあちゃんの家だったので、インターネットを説明してもわかってもらえなかった。サグラダ・ファミリア教会のそばの図書館で利用していた。
    • 語学学校時は家にネットがある可能性はありますが、あまり期待できないでしょう。
      語学学校がワイヤレスのネット環境を持っているので、みんなPCを持って行っていました。
  • アンボワーズでの生活
    • ここでの生活はかなりホストファミリーによる。 基本的にフランスは他国に比べていい(料理とか、人当たりとか)と言われてますが、家による。私の友達は家を1回変えた。家でのネット環境は完全にその家次第。私はホームステイ先にお金を払って使わせてもらった。他の人は半分ぐらいの確率で、家でネットが使えた。4月はじめはかなり寒く感じるかと思う。私たちはついて1週間くらいでひょうが振った。

タンデムラーニング

  • タンデムパートナーを見つけるためには?

    • 近くの日本語学科のある大学の掲示板に張り紙をしてみましょう
    • ベルリンならベルリン自由大学,フンボルト大学がお勧め
    • websiteの項にあるタンデム探しのsiteを利用してみましょう

勉強方法

  • あるとよい教科書は?

    • 英語研修の人で、語学研修後に他国に移る場合、語学研修地で英語の参考書を購入しておくといいと思います。
  • 初めて習う言語で,たった4か月で仕事ができるようになりますか?

    • 仕事のレベル(というか何をするのか)によると思いますが、ぶっちゃけ結構難しいと思います。(フランス)
  • フランス語
    • フランスに来てからはじめるにせよ、日本で参考書は買っておいた方がいい。
      ユーロセンターは確実に、ゆっくりと授業を進めてくれるので、文法等は物足りなく感じる可能性がある。
      日本の参考書はフォローアップのために役に立つ。私は以下の2冊を持って行った。

      1.森本英夫『新・リュミエール-フランス文法参考書』駿河台出版社
      この本は、文法解説+各項目に問題集付という構成。
      この本の良い点は、解説がかなり詳しいこと。ただ、語学学校中は授業のプリントだけで結構勉強になので、全く使用しなかった。
      企業研修が始まってからの方が重宝している。

      2.久松健一『ケータイ「万能」フランス語文法』駿河台出版社
      この本は、文法の解説のみ。
      語学学校中はこの本を毎日授業に持っていき、解説で分からないことをフォローアップした。
      フランス語での文法名も載ってるので便利(過去分詞"participe passe"など)。
      研修開始後も、レポートを書く際などにこれを引いている。
      この本の良い点は、題名にもあるとおり、とにかく携帯しやすくて(軽い)それでいて万能(詳しいことも載ってる)なこと。

      単語帳は無くてもいいかとは思うが、このサイトを参考にしてみては:http://frenchpodcast.cocolog-nifty.com/blog/
      フランス語由来の英語、英語由来のフランス語がかなり存在するので、英語の語彙を伸ばしておくと後で役立つ。

インターンシップ

生活費(毎月かかる諸経費の内訳など)

  • 生活費は足りるの?

    • ベルギー:贅沢しなければ足ります。
    • フランス:パリは住宅費が高すぎです。普通に借りれば、600ユーロ前後かかります。。住宅補助が申請できるところやルームシェアで探しましょう。ALJTという若者寮がお奨め。
    • スペイン:バルセロナで家賃はシェアで300から600ユーロくらい、一人暮らしで400から1000ユーロくらい。衣服はザラを筆頭に安く質のいいものが多いので心配ないが、食事は非常に高い(レストラン)。でもbarのランチが店によって個性があり、非常においしかった(Bar巡り)。自炊をすればかなり安くすむ。お酒は日本より安いです、赤ワインやシャンパンがおいしい、ビールも一缶50セントくらい。

仕事に必要な準備

  • 専門書などは必要?

    • どんな分野の仕事をするのかわかっているのなら、その分野の専門書をもっていくといいと思います。語学学校で脳は衰えます。
    • Amazonを多用しました。Amazon.jpは郵送料、税金が高いので、現地語、もしくは英語で買いましょう。
  • 事前に勉強しておくべきことは?

    • 上司に聞いてみるといいと思います。語学学校時代に準備できることも多いと思うので。
    • 5月6月の会社訪問で具体的にすることを聞けばいいと思います。そこから準備したらいいと思います。
  • 上司といつ連絡を取る?


  • 仕事の開始は8月の頭から?

    • 人によります。基本的には8月からですが、上司との交渉次第です。
  • 仕事の終了は3月のいつまで?

    • 基本的には最終報告会の前までです。上司との交渉次第です。

仕事中の環境について

  • スーツは必要

    • 1着あると安心ですが、私の場合会社(LMS)では一度も使いませんでした。
    • 普段の仕事では要りません。Schlumbergerの僕の上司はスニーカー、ジーパン、襟のないシャツです。
    • IDIADAの場合クライアントと会うときに襟のあるシャツを着る程度で、普段はどんな格好でも大丈夫です。会社訪問ではスーツを着て行ったけれど、ちょっと違うなと感じました。
    • 最初のブリュッセルでの欧州議会訪問、一番最後のブリュッセルでのファイナルセレモニーで必要。つまり、3月、4月に着れるスーツが春ものか冬ものが一着あれば十分だと思います。
  • 作業着などは必要

    • いらないと思います。僕は安全靴、白衣をちょうだいって言ったら、支給されました
    • IDIADAの場合、工場では安全靴着用義務なので8月に支給します、といわれましたが結局作業着も安全靴も支給されませんでした。サンダルや半ズボンでなければ、季節に合わせた格好で大丈夫だと思います。
  • 家でのインターネット環境(ベルギー、Leuven)
    • 企業研修時はLeuven大学の学生用の部屋に住むことになる可能性が高く、基本的に有線のネットが繋がっています。
      が、このネットはLeuven大学の学生の学籍番号と暗証番号がないとログインできずネットにつなげないので、
      運が良ければ学生の友達を作って番号を借りることが出来るようです。
      運が良くない場合は月20~30ユーロで無線LANのネットを契約できるようです。

仕事中で困った状況に陥ったとき

  • 上司がVulcanusのことを把握してない

    • 直属の上司があなたの採用決定者と異なりVulcanusプログラムについて把握していない場合がよくあります.そういう事態が生じる可能性があることを事前に覚悟しておいてください.それを解決するためにはいろいろと考えてチャレンジしてみてください!
  • 上司が忙しすぎて放置される

    • これは二パターンあります.一つは課題を与えられず,何をしたらよいかわからないパターン,もう一つは課題は与えられるんだけど,どう解決したらよいかわからないパターン.ヒントは"Question is the door of knowledge"です.がんばってください!
  • 仕事中に実験中や工場内でけがをしたとき


  • 有給がとりたくなったとき

    • ヴルカヌスの契約上、7日以上15日以下で有給をとることが認められています。ということで上司に相談すればOK.
  • 与えられた課題が期限までに終わりそうにないとき

    • 課題を与える立場の人になって考えてください.期限までに終わらないことが明らかになった時点で,どのような行動をとれば,課題を与える立場の人に対するダメージが少ないでしょうか.

後輩へのアドバイス


各国での暮らし

目次に戻る

その他

滞在中の就職活動について

  • OB・OGとの連絡は?


  • リクナビなどの活用は


  • ロンドン・ボストンキャリアフォーラムは?

    • ボストン:日系企業中心。その場で内定が出る場合もある。形式は日本の就職イベントと同じ。欧州でのポスト中心に募集している会社もある。すごく大きい。理系の大学院、そして外国語を話せると重宝される。基本的に文系の人がたくさんいる。
    • ロンドン:十数社程度。しかも6月ぐらいで、まだインターンシップも始まっていないので、モチベーションが上がりきりません。ボストンで本気で就職先を見つける気なら、ロンドンで練習しておくべき。
  • ボストンまでの往復はいくら

    • パリ→モントリオール、ボストン→パリで531ユーロ。

便利website

先輩のwebsite


Vulcanus後

2008年度の例

  • 海外大学院に進学

  • 研修先企業に就職

目次に戻る