選挙結果

嶋田さん、善戦するも及ばず!
256票は非正規労働者の心の声!


■2011年度立命館大学労働者代表選出選挙(衣笠キャンパス)

◆小松 浩さん(法学部・教授) ……………… 418 票 [50.9%]

◆嶋田 恭子さん(法学部・非常勤講師)…… 256 票 [31.2%]

◆無効  ………………………………………  147 票 [17.9%]
――――――――――――――――――――――――
◆総投票数  …………………………………  821 票
(有効投票数 ………………………………… 674 票)

*2011年6月1日開票


今回の立命館大学労働者代表選出選挙に非正規教職員を代表して立候補した嶋田恭子さん(法学部・非常勤講師)は、得票数256票次点という結果となりました。

有効投票数に対する嶋田さんの得票率は【38.0%】です。これは、前回選挙(2009年)における非正規側候補の内藤義博さんの得票率【38.7%】とほぼ同じです。
(前回の内藤さんの総投票数に対する得票率は【31.2%】だったので、こちらはまったく同じです。なお、内藤さんの得票数は205票だったので、非正規側の得票数は前回より51票増えています。)

大きな支持母体を持たずに、これだけの票を得ました。残念ながら当選には至りませんでしたが、この大学で働いている多くの非正規教職員と学生/院生労働者の立場をアピールし、その(ふだんは表に出せない)声を可視化することにはつながったと思います。
(一方で、課題として、非正規側の支持者層が固定化していることも想定されます。無効票を投じる層をどう引き付けられるかを含め、今後、対策を考えていく必要があります。)

なにはともあれ、嶋田さんに投票していただいたみなさん、応援していただいたみなさん、本当にありがとうございました。

ひとまず私たちは、256票が無駄になることがないよう、新代表小松さんのお仕事ぶりをしっかり見守りたいと思っています。みなさんも、引き続き学内の労働問題へのご注目をお願いいたします。

Ċ
長澤高明さんを応援する会【立命館に非正規労働者の代表を!】,
2011/06/06 3:53