ナーラーヤナ ウパニシャッド

“「サハナーヴァヴァトゥ」というマントラは、自分が立てる誓いであり、自分がサハナ(忍耐力)を備えてこの世を生きるという誓いです。――「私は我慢強さと辛抱強さと自制心を備えて人生を送ります」――。サハナという性質は、子どもにも大人にも等しく必要不可欠なものです。

このマントラは、ただ唱えるだけで終わらせず、実践において繰り返されるべきです”

サティヤ サイ ババ

『霊性修行の手引」pp.41-44

ナーラーヤナ神(ヴィシュヌ神の別名)のダルシャン(神を拝見すること)を得たアタルヴァ仙が、詩の形で自らが直接体験したことを伝えたものがナーラーヤナ ウパニシャッドです。

このマントラはクリシュナ ヤジュル ヴェーダに付属するウパニシャッドの内の一つです。

関連記事

ライブ音源注意点

  • 最初と最後に唱えるシャーンティ マントラ(マントラの前や後に唱えられる短いマントラのことで、ここではサハ ナーヴァヴァトゥ…)の3行目 vāvahai の va は上げない
  • 最後に唱えるシャーンティ マントラの直前の行の ityu は i で上げないで tyu で上げる