Sweet,  Adorable, Innocent, Imaginative, Heartwarming, Engaging, Humorous, Beautiful


アメリカのフォトグラファー。


3歳より写真撮影を開始。プロのフォトグラファーとしてのキャリアは1980年代、息子の誕生から始まりました。初期、白黒写真に手書きで薄く色付けをした作品を制作、その後デジタル撮影により、ソフトウエアを利用して子供たちを花やティーカップと組み合わせた作品を創りました。洗練されたウエディングフォトグラファーでもあります。


Photographer.

She took her first photographs at age 3, but her career in photographing children began after the birth of her son in the mid 1980s.   At first, she created black and white photographs and hand-tinted them with light colors.  Later, she developed digitally-imaged photos where she would take a picture and then use software to place the children’s images into flowers, teacups, etc.  She is also an accomplished wedding photographer. 


VALERIE TABOR SMITH オフィシャルサイト



ヴァレリー・テイバー・スミスの写真の魅力は子供時代の無邪気さ、情熱をすべて捕えていることです。賞を獲得したヴァレリーの写真は子供への愛、朗らかな写真から感じ取れる未来に向けた力強いビジョンという魔法を何年もの間、生活の中にもたらしてくれました。


彼女は「子供独特のクオリティである、無邪気さ、信頼、驚き、熱中、誠実さをとらえた作品を創るよう努めている」と語っています。


子供の写真はすでに確立した分野ではありますが、ヴァレリーの作品はのびのびし、楽しさのセンスがあるのが特徴です。


写真撮影の間、子供たちは自分のまわりを探検し、道具をつかって遊ぶように語りかけられます。すると、結果として、子供たちは思いもよらなかった姿を見せてくれるのです。このようにして創られる作品は遊び心に満ち、表情豊かで、感情に満ち溢れ、ヴァレリーのファンである、少女や大人の女性たちの心をとらえています。


Valerie Tabor Smith’s enchanting photographs capture all of the innocence and enthusiasm of childhood.  For decades, Valerie’s award-winning photography has brought this magic to life, her love for children and her powerful vision for the future inspiring each cheerful picture. “I strive to create images that capture the special qualities of children—innocence, trust, wonder, enthusiasm, and honesty,” she says.

 

While child photography is a well-established genre, Valerie’s work is unique in its sense of spontaneity and fun.  During photo shoots, the children are often encouraged to explore their surroundings and play with the props—producing results that sometimes even this veteran photographer did not imagine!  The resulting images are playful, expressive, and rich with emotional resonance for Valerie’s core audience—women and young girls.



親日派。宮崎駿氏の映画ファン。日本の古い映画を字幕を見ながら見るのも好き。『おくりびと』はなんと3回も見てしまった!

LAでは日本人の友人も多く、一緒にランチしたり、盆栽展などにたびたび出かけています。