ホーム‎ > ‎

会則

宇都宮大学工学部同窓会会則

第1章 総 則  

第1条 本会は宇都宮大学工学部同窓会と称する。

第2条 本会の事務所は、本部を宇都宮大学工学部内に置く。

第3条 本会は、会員相互の親睦と母校の発展に貢献するとともに、広く工業の進歩発展に寄与することを目的とする。

第4条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
   1. 会員名簿および会報の発行
   2. 母校との連絡、協助に関すること
   3. 工業に関する調査研究ならびに奨励に関すること
   4. その他必要な事項

第2章 会 員  

第5条 本会は、次の会員をもって組織する。
1. 正  会  員 宇都宮工業短期大学、宇都宮大学工学部の卒業生および宇都宮大学工学専攻科、宇都宮大学大学院工学研究科の修了生
2. 学生会員 宇都宮大学工学部、および宇都宮大学大学院工学研究科在学生
3. 特別会員 宇都宮大学工学部教員、宇都宮大学大学院工学研究科教員、および本会に功労顕著な個人または法人で、理事会で推薦した者

第3章 役員および事務局

第6条 本会に次の役員を置く。
   1. 会 長   1名
   2. 副会長   若干名
   3. 理 事   若干名
   4. 監 事   2名

第7条 本会に名誉会長、顧問をおくことができる。
1. 母校の工学部長を名誉会長に推戴する
2. 顧問は母校の工学部長の歴任者および会長歴任者を推戴する
3. 名誉会長および顧問は、本会の求めに応じ、意見を述べることができる

第8条 役員は総会において正会員より選出する。

第9条 役員の職務は以下の通りとする。
   1.  会長は本会を代表し会務を統括する
   2.  副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代理する
   3.  理事は会務を処理する
   4.  監事は会計を監査する

第10条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、会長任期は10年を越えないものとする。

第11条 本会の事務を処理するために事務局を置き、必要に応じて各地に支部を置く。支部に関する規定は別に定める。事務局員は会長が任免する。

第4章 会 議

第12条 本会の会議を総会、理事会および常任理事会とし、会長が招集する。

第13条 各会議の議長はその構成員の互選によりその都度決し、議事運営にあたる。

第14条 総会は2年に1回開催する。但し理事会が必要と認めるとき、または会員100名以上から会議の目的たる事項を添えて請求があったときには、会長は臨時総会を招集しなければならない。

第15条 総会は次の事項について審議決定する。
   1. 会長、副会長、理事、監事の選出
   2. 歳入・歳出、予算の決定および決算の承認
   3. 会則、諸規程の制定改廃
   4. 財産の管理および処分
   5. その他必要な事項

第16条 理事会は会長、副会長、支部代表、理事で構成し、委任状を含め定員の過半数の出席により成立する。

第17条 理事会は次の事項について審議決定する。
   1.  総会に提出する原案の作成、決定
   2.  総会の決議による会務の処理
   3.  経常費予算の認定
   4.  その他会務に必要な事項

第18条 常任理事会は、会長、副会長、支部代表、および理事の互選による常任理事から構成され、総会、理事会などの議題整理、および日常業務について協議する。

第19条 議決はすべて出席会員の過半数をもって決し賛否同数のときは、議長が決する。

第5章 経 理

第20条 本会の経費は会費、寄付金、およびその他の収入をもってこれにあてる。

第21条 会費については別に定める。

第22条 本会の会計年度は、4 月 1 日から翌々年 3 月 31 日までの2年間とする。
 
 付 則
1. 本会則は平成 4 年 3 月 14 日より施行する。
2. 本会則は平成 12 年 11 月 25 日より施行する。
3. 本会則は平成 16 年 11 月 20 日より施行する。
4. 本会則は平成 20 年 11 月 22 日より施行する。
5. 本会則は平成 24 年 11 月 24 日より施行する。
 

宇都宮大学工学部同窓会会費規程 

第1条 本規程は、宇都宮大学工学部同窓会会則第21条により、これを定める。

第2条 正会員および学生会員は入会時に終身会費として20,000円を納入するものとする。

第3条 学生会員で会員の資格を失ったものには、終身会費を返却することができる。

以上