ホーム

修士論文:心理的負担軽減を目的とした発表映像振り返りシステムの検討

概要
映像・音声を加工した発表動画を振り返るプレゼンテーションフィードバックシステムを提案し 検証する.近年,プレゼンテーション能力は重要視されている.発表の質を向上させるために,聴衆の視点を知るこ とができる発表映像の見返しは有効な手段の1つである.しかし,発表映像を見返すことは普段聞き慣れない自分の 声や無意識の仕草を見ることになるため,心理的負担の大きい行いであることが予想される.そこで,発表映像・音 声に加工を加えることが心理的負担軽減につながると仮定し調査を行った.まず事前調査を行い,映像・音声が心理 的負担に関わることがわかった.また,発表映像で心理的負担を感じやすい要素は個人差が大きいため,発表者が確 認したい要素を任意に選択できる機能が必要であることが示唆された.事前調査の結果を踏まえ,映像・音声に処理 を加えた動画を用いた実験を行った.その結果,動画の加工は心理的負担軽減に影響があることが明らかになった. 最後に調査結果に基づいたプロトタイプを実装した.

デモ映像公開中




卒業論文:HMC メガネ: 色によって印象を変化させる眼鏡型 HMD

概要
日々の生活で自分の外見的印象を良くしたい場面は多くある.そこで,印象を変える手段として色と眼鏡に注目す る.色彩学では色ごとに象徴するイメージがあり,色によって自分の印象を変化させることができる.また,着用者 本人にも日常生活で有利となる心理的効果が期待できる.一方で眼鏡は,錯視が発生し目を大きく見せる効果がある. また近年では,単なる視力矯正用の道具だけではなく,ファッションの一部として使用されることが増え,男女関係 なく身につけられ安価で手に入る装飾品となった.本研究では色の変化と眼鏡の効果を組み合わせた,色によって印 象を変化させる眼鏡型 HMD(Head Mounted Display)である HMC(Head Mounted Cosmetics)メガネを提案する.ユーザ評 価の結果,システムに肯定的な意見が多く,また改善,機能の追加が必要であるとわかった.そして,眼鏡型 HMD としての新たな可能性を示すことができた.

デモ映像公開中