若月研究室の紹介



Announcements

  • ギャラリーを更新しました。 2015/02/06~2015/02/08に行われた菅平野外実習の写真をアップロードしました。こちらから閲覧できます。
    投稿: 2015/03/17 17:00、研究室1 若月
  • HP係を引き継ぎました 来年度よりHP係を寺内君が担当することになりました。よろしくお願いします。
    投稿: 2015/03/11 1:23、野澤知弘
  • ギャラリーを更新しました。 2014/12/26  忘年会2014 を公開しました。こちらから閲覧することが出来ます。
    投稿: 2014/12/27 3:04、sonoda yukiya
  • ギャラリーを更新しました。 2014年 上野研究室との合同夏合宿をギャラリーに追加しました。こちらから閲覧できます。
    投稿: 2014/12/24 16:27、sonoda yukiya
  • 内部向けページを開設しました。 研究室ゼミの予定を掲載するページを作成しました。その他、2012~14年度の内部向けギャラリーを今後公開していきます。研究室メンバーの方は、ページ最下部よりログインし、" 研究室内部情報 " より、ご覧ください。
    投稿: 2014/04/08 1:41、sonoda yukiya
  • ギャラリーを更新しました。 2013年度 大学説明会、大気科学野外実験、卒業式2014年度 大気科学分野お花見を追加しました。リンクはこちらから。
    投稿: 2014/04/08 1:17、sonoda yukiya
  • メンバーページを更新しました 2014年度の研究室メンバーを掲載しました。こちらより閲覧できます。
    投稿: 2014/04/07 22:47、野澤知弘
1 - 7 / 25 件の投稿を表示中 もっと見る »

若月研究室は、茨城大学理学部地球環境科学コース(http://earth.sci.ibaraki.ac.jp/)に属しています。筑波大学の若月研究室は解散いたしました。徐々に情報を移行していきます。また、北和之教授と連携して研究室運営・教育(ゼミ)を行っています。

若月研究室で研究指導を検討されている学生さんは、お知らせのところを見てください。地球環境科学以外の出身の学生を含め、幅広く学生を募集しています。

降水と豪雨

降水は、私たちの生活に必要不可欠な水の恵みをもたらしてくれる一方で、時に豪雨災害などによって人命を奪うこともあります。降水現象の不思議を探求することと同時に、減災を目指した予測技術の開発、地球温暖化に伴う降水の気候変化について研究しています。

研究テーマ案


A)   災害気象現象の解析

1.      豪雨事例解析

2.      突風事例解析
3.      気象レーダ観測研究


B)   領域気候変化予測関係
1.      中部山岳域の気候変化予測解析研究 
2.      関東域の気候変化予測解析研究
3.      確率論的地域気候変化予測手法開発
4.      気候差分ダウンスケーリング法の開発
5.    降水強度の確率分布関数に関する研究
6.      領域気候モデルに変わる統計ダウンスケーリング手法開発
7.      バイアス補正手法に関する研究
8.      チベット高原の湖水の領域水循環への影響研究


C)   短時間降雨予測関係
1.      レーダ情報による降雨移動予測に関する研究
2.      レーダエコーセルの抽出とトレースに関する研究 
3.      雲解像モデルによる積雲対流の進化過程の理想化に関する研究



D)   気象・気候災害情報と社会影響に関する

1.      気象予測と洪水リスクの伝達に関する研究


E) その他
1.      

 

Comments