What's New!

2011.11.4
チーム報第2号を公開
2011.9.5
   〜9.9
 
第9回 全日本 学生フォーミュラ大会~ ものづくり・デザインコンペティション ~に出場
2011.5.28
五月祭にてEVフォーミュラカーを展示


  • 新プロジェクト始動

    修士1年の丸尾です。

    五月祭は2日目も子供たちに大変人気でした。何度も楽しんでいった人もいたようです。

    今後のUTECHの方針ですが、新しいプロジェクトが始まります。五月祭にいらっしゃった方はご覧になったと思いますが、馬場研究室の展示としてリニアモーターカーがあります。これをベースとして、リニアモータ駆動の自動車のようなものを作る予定です。
    機械班は車体の設計を始めたようです。電装班のほうでは、現状50Hz駆動の地上子をインバータ駆動にする予定です。今年までより、より力強くスムーズな加速になる…筈です。ご期待ください。

    電装班ではまだ作業が始まっていないので、ちょっと私事を書かせてもらいます。
    私の所属する研究室では高電圧の研究をしています。400kVでは低電圧扱いです。というわけで、先人に敬意を払って高電圧発生回路を作ってみようと思いつきました。
    今回作る回路はコッククロフト・ウォルトン回路と言われているものです。youtubeやニコニコ動画を見るといくつも制作例があるので探してみてください。
    原理としては、交流を入力することでコンデンサを次々に充電し高圧の直流電圧を作り出します。回路図を下に載せておくので興味のある方は原理を考えてみてください。交流の電流は流れる向きが変わることと、ダイオードが一方向にしか電流を流さないことを考えれば分かると思います。
    回路図

    部品は秋葉原に行って買ってきました。交流を作り出すインバータは秋月で適当な冷陰極管用を、ダイオードはマルツで耐圧1kVのものを、コンデンサは鈴商で2kV耐圧1000pFのものを入手しました。
    コンデンサやダイオードがなかなか手に入らない一方で、インバータはふと足元を見たら置いてあったので深く考えずに買ってしまいました。

    制作です。写真を貼りたいのですが、撮り忘れました。というわけで、昇圧部の完成図がこのようになります。

    ……コンデンサとダイオードを各24個もはんだ付けするのは飽きてくるものです。普通の回路と違って単調なのも要因でしょう。
    これにインバータを接続すれば完成……のはずなのですが、ここで問題発生。インバータ、12V駆動でした。電池駆動にするつもりなのに。
    というわけで、今のところここまでで作業が止まってます。今度暇なときに秋葉原に行って9V駆動のインバータを買ってくる予定です。
    こんな適当な回路で動くかどうか見ものです。

    UTECHの話より私事のほうが長い記事になってしまいましたが、来週の記事はきっとまともなものになるでしょう。
    お楽しみください。

    投稿: 2012/05/29 7:46、東京大学EVクラブ
1 - 1 / 41 件の投稿を表示中 もっと見る »


Twitter
ガジェットの仕様の URL が見つかりませんでした