石川 徹 教授


空間情報学

空間に関するさまざまな事象について研究をおこなう分野である「空間情報学」を専門としています。みなさんの中にも、「地理情報システム(GIS)」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、これは空間のデータを作成・取得し、目的に応じて利用・保存し、興味のある事象について分析をおこない、得られた結果を表現するという一連の作業をおこなうシステムのことです。最近さまざまな場面で利用されているコンピュータシステムですが、これら一連のプロセスにともなう本質的な事柄を学問的に研究する分野を、一般に「空間情報科学(GIScience)」と呼んでいます。

ここで、「本質的な事柄」と述べたのは重要な点で、情報・技術といったコンピュータサイエンス的な側面はもとより、実世界・実空間での応用といった社会的な側面、そして実際に利用する立場からの人間的な側面の大きく3つが関連する分野になります。


空間-情報-人間の関わり

空間情報学においては数多くの興味深い話題がありますが、なかでも、空間における人間の認知・心理・行動を大きな研究テーマとしています。空間認知の問題は、従来から多くの分野の研究者たちの関心を集めてきましたが、空間情報科学の分野においても人間の認知的側面の重要性が最近注目されています。空間あるいは空間の情報だけではなく、空間の中で行動し空間の情報を利用する人間およびその認知プロセスを見ていこうという考え方です。このような問題意識のもと、広く認知・行動科学の理論と手法をもとに、空間-情報-人間の相互作用に関するさまざまな問題を科学的・実証的に研究することを目的としています。

具体的には、「空間を認識する、感じる、行動する?」と「空間の情報を表現する、伝える、理解する?」という2つを主要なテーマとしています。

1つ目のテーマでは、私たちが空間の知識を獲得し、頭の中に記憶し、その知識を利用する一連のプロセスと、得られた知識("頭の中の地図")の構造について、とくに興味をもって研究をおこなっています。また、私たちはどのような景観・環境を好ましいと思うのかといった、空間における人間の心理的・感情的側面(環境心理)も重要な研究課題のひとつです。

2つ目のテーマでは、利用者の属性や状況・目的に応じて効果的に空間の情報を提示する方法について研究をおこなっています。とくに、各種ビジュアリゼーションの技法やユビキタスコンピューティングを代表とする新しい情報技術の空間への応用展開と、それらを利用する人間の認知・行動の問題に関心をもっています。

以上の研究では、方向感覚、空間能力、空間的思考、個人差、ナビゲーションなどが重要なキーワードとなります。


ユビキタスコンピューティングと空間情報

上記2つ目のテーマにも関連しますが、ユビキタスコンピューティングと空間情報の結びつきについても重点を置いて研究をしています。最近では、空間情報学はユビキタス情報社会基盤の整備において重要な役割を果たす存在として注目されており、場所をキーとして、「いつでも、どこでも、だれでも」が情報を得ることのできる社会の構築が着実に進んでいます。私は、空間-情報-人間の関わりについての基礎的な研究を通して、「いつ」、「どこで」、「どのような人に」、「どのような目的で」、「どのような方法で」情報を提示すればよいかということを考え、来るべきユビキタス空間情報社会、ユビキタス状況認識社会の具体化に貢献できればと思っています。


都市居住論

また、都市計画の立場から、都市居住に関わる諸問題について、とくに居住者の意識や心理的側面に焦点を当てて研究をおこなっています。たとえば、急速に進む少子高齢化により、今後の都市計画は従来の方法から発想の転換が求められています。都市の縮小にともなうコンパクト化や空地の有効利用、規制型から誘導型の計画への転換などはその代表的な例です。では、都市のコンパクト化を進めるに当たって、さまざまな用途の混在を「適度」に誘導するためのよい方法とはどのようなものでしょうか?居住者による居住満足度の評価や、生活利便性と居住環境保護の心理的トレードオフなどを考慮しながら、多様な居住者にやさしい都市計画を考えることに取り組んでいます。


挑戦したい研究テーマ

大学院での研究テーマは、それぞれ自由に決めてもらっています。参考までに、これまでに学生が取り組んだテーマや、今後みなさんが挑戦するとおもしろいと思うテーマをいくつか挙げると、
・ 人間の頭の中の地図はどうなっているのだろう?
・ 道に迷いやすい人とそうでない人がいるのはなぜ?
・ 方向感覚のいいトレーニング方法はあるの?―方向音痴矯正マシーン?
・ 都市においてランドマークとして選ばれるモノの特徴は?
・ 効果的なナビゲーションシステムとは?
・ 利用者の空間能力にあわせたナビゲーションシステムの開発?
・ 知らない場所で2人で協力してナビゲーションできる?
・ 地図または写真で道案内する、それとも言葉で説明する?
・ 2つ目の角を左に曲がる、それとも西に曲がる?
・ 3次元や動画は地図よりも有利?
・ ユビキタスアートツアー利用者の行動の特徴は?
・ 場所をキーとして都市のモノ・情報を管理する?
・ 将来のユビキタス空間情報社会をどう整備していこう?
・ 「いつでも、どこでも、だれでも」―いつ、どこで、だれが、何のために?
・ わかりやすい都市空間をつくることはできる?
・ 都市のわかりやすさと楽しさの関係は?
・ 住みたくなる都市景観・居住環境とはどのようなものだろう?
・ コンパクトシティにおける「適度」な用途混合とは?
・ 多様な居住者に「やさしい」都市計画とは?
・ 今後の新しい都市計画を居住者の視点から考えると?
などがあります。どれも身近な題材ですが、実際に調べてみると、学問的にも応用的にも興味深いことが発見できるテーマです。これらの研究を通して、データにもとづき実証的に調べることのおもしろさを知ってもらえればと思います。


ホームページアドレス

http://home.csis.u-tokyo.ac.jp/~ishikawa/


勉強の仕方、学生のみなさんに期待すること

研究室に入るために前もって必要な知識などはとくにありません。学部レベルでの基礎的な知識や考える能力をもっている方であれば、専門的なことは入学後にじっくり勉強してもらえばいいと考えています。情報・技術の視点からはコンピュータサイエンスの知識をもっている方、空間学という視点からは地理・都市・建築などの知識をもっている方、そして人間・社会という視点からは心理・言語・教育などの知識をもっている方は、空間情報学の研究をスタートするために十分な資格があると言えます。これらのうちいずれか一つ自分の強みとなる基礎知識があり、また「なぜ?」という疑問をもちそれを実際に確かめようという好奇心の旺盛な方を歓迎します。

空間情報学は、まだ新しく今後さらなる発展を遂げようとしている分野です。その中でも人間の認知・心理的側面の研究は最近注目を集めており、さらに近年ではユビキタス空間情報社会基盤の整備という観点から、空間と情報のつながりも緊密になっています。空間・情報・都市・人間に関するさまざまな興味・バックグラウンドをもったみなさんが、授業・研究への参加を通して新しい視点をもたらしてくれることを期待しています。