ダイワユビキタス学術研究館

建物概要

本教育研究棟「ダイワユビキタス学術研究館」は、東京大学の教育研究に資するため、大和ハウス工業株式会社様より、本郷キャンパス内にご寄贈頂いた。当館は、2012年10月に着工し、約1年半の工期を経て、この2014年4月に完成した。2014年4月21日に本学側への引き渡しが完了し、現在情報学環では当館における教育研究を開始している。

これから当館では、ご寄贈のご趣旨に沿い、まず第一に、総合分析情報学コース及びユビキタス情報社会基盤研究センターにおける、ユビキタスコンピューティング分野の教育研究を実施する。第二に、大型空間物を、コンパクトな空間でユビキタス技術を駆使して提供する「ユビキタス空間物アーカイブ」を設置し、世界中の若者の教育に役立てたいと考えている。

当館の建築にあたっては、坂村健教授を責任者として建物のプロデュースを行い、更に建物の意匠設計を工学系研究科・隈研吾教授が担当し、東京大学が一致協力した体制をとることができた。今後、こうしたご寄贈の趣旨をいかし、世界に誇る研究成果と、世界で活躍できる人材の輩出に向けて、取り組んでいきたい。

最後に、本館をご寄贈頂いた、大和ハウス工業株式会社に感謝申し上げるとともに、情報学環の関係教員の皆様、事務の皆様、また本部施設部等、多くの関係者、ご協力頂きました学内外の皆様に深く御礼申し上げたい。