1. お知らせ


【NEW】第一回 コース入試説明会(2018年度夏季入試)

東京大学 学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース

2017年4月22日(土)13:00〜14:30

2018年4月(及び既卒者は2017年9月入学が可能)の修士課程、博士課程の、
夏季入学試験に向けた総合分析情報学コースの説明会を開催します。
受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。

各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

日時:2017年4月22日(土)13:00〜14:30
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
   ダイワユビキタス学術研究館 3階 大和ハウス石橋信夫記念ホール

   (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

総合分析情報学コース入試について

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)

※募集要項はまだ公開されてません(昨年度のものが掲載されています)
詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

総合分析情報学コースについて

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッグデータを
利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓する
ために2006年に
設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アーキテク
チャ、ソフトウェア工学
などのコンピュータ・サイエンス、コンピュータ・ネッ
トワークをベースとした、IoT
(Internet of Things)、ユビキタス・コンピューティング、組込みコンピュー
タ、
ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの技術によって
取得された
実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状
況認識を行い、
さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法
を研究開発します。
その成果はトレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識、
防災、社会資本管理、
自律移動支援、ドローン、自動走行自動車などの様々な分
野に展開されます。

参加申込

氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申し込みください。
申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、
本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場できます。

お問い合わせ先

symposium@utacs.org


(終了)記念講演会盛会で終了しました。お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

坂村健先生 東京大学退職記念講演会のお知らせ
          http://www.sakamura-lab.org/memorialevent


謹啓 早春の候、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、東京大学大学院情報学環教授 坂村健 先生は、
本年3月末日をもちまして定年退職されることとなりまし
た。先生は長きにわたって研究教育にご尽力され、計
算機
科学ならびに情報通信産業の発展に多大な功績を残されま
した。つきましては、坂村健先生の長年に渡るご
指導に感
謝しご健勝を祈念し、下記の通り退職記念講演会を開催い
たしたく存じます。ご多用中とは存じますが、
何卒ご光臨
の栄を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

平成29年2月吉日
坂村健先生退職記念行事 発起人一同

■記念講演会

日時:平成29年3月21日(火曜日)16:00〜17:30(受付開始15:30)
会場:東京大学大講堂(安田講堂)
東京都文京区本郷7丁目3番1号 東京大学本郷キャンパス内
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_01_j.htm


東京大学大学院情報学環・学際情報学府 のご紹介

ドローンで空撮したビデオによる東京大学情報学環・学際情報学府のご紹介ビデオが公開されました。


東京大学大学院情報学環・情報社会基盤
卓越講義シリーズ開始

国境を越えて進むデータの寡占化、ソフトウェア化による通信基盤の輸出、特定の国家による
価値の保証を持たない仮想通貨など、情報社会基盤技術における地球規模の覇権争いが進む中、
東京大学大学院・情報学環では、文理越境の観点から、情報社会基盤技術の最新動向の把握が
必要であると考え、2017年2月から「情報社会基盤卓越講義シリーズ」を開講します。

受講対象者は一般とします。

In the light of the progress of planetary-scale technological competition for dominance in
information society infrastructure, such as data acquisition and analysis beyond national
borders, export of communication infrastructure through network softwarization, virtual
currency without guarantee of value by a specific state, etc., we believe that it is essential
to carefully study the latest trends in information society infrastructure technologies from
interdisciplinary view points and have started "Distinguished Lecture Series on
Information Society Infrastructures” in February 2017.

This lecture series is open to public not only students and faculty members at UTokyo.

本講義シリーズでは、主に以下の情報社会基盤技術における集中講義を開講します。

卓越講義シリーズの詳細情報は、こちら

冬季第二回 コース入試説明会2016(冬季入試、最終)

【終了・お越しいただいた皆様ありがとうございました】

東京大学 学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース

2016年11月11日(金)18:30〜20:00

2017年4月入学の修士課程、博士課程の、冬季入学試験に向けた総合分析情報学コースの
説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。
各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

日時:2016年11月11日(金)18:30〜20:00
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
 ダイワユビキタス学術研究館 3階 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
   (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

総合分析情報学コース入試について

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)

※募集要項などの詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

総合分析情報学コースについて

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッグデータを
利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓する
ために2006年に
設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アーキテク
チャ、ソフトウェア工学
などのコンピュータ・サイエンス、コンピュータ・ネッ
トワークをベースとした、IoT
(Internet of Things)、ユビキタス・コンピューティング、組込みコンピュー
タ、
ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの技術によって
取得された
実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状
況認識を行い、
さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法
を研究開発します。
その成果はトレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識、
防災、社会資本管理、
自律移動支援、ドローン、自動走行自動車などの様々な分
野に展開されます。

参加申込

氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申し込みください。
申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、
本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場できます。

お問い合わせ先

symposium@utacs.org



冬季第一回 コース入試説明会2016(冬季入試)

【終了・お越しいただいた皆様ありがとうございました】

東京大学 学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース

2016年10月15日(土)13:00〜14:30

2017年4月入学の修士課程、博士課程の、冬季入学試験に向けた総合分析情報学コースの
説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。
各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

日時:2016年10月15日(土)13:00〜14:30
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
 ダイワユビキタス学術研究館 3階 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
   ダイワユビキタス学術研究館 2階 実験室(訂正しました、2016/9/16)

   (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

なお、当日は、東京大学のホームカミングデイであり、情報学環の講演会などもあります
ので、情報学環を知る良い機会ですので、受験をお考えの方、是非ご参加ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/alumni/interact/hcd/hcd2016/index.html

総合分析情報学コース入試について

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)

※募集要項はまだ公開されてません(昨年度冬季募集のものと、今年度の夏季募集の
ものが掲載されています)
詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

総合分析情報学コースについて

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッグデータを
利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓する
ために2006年に
設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アーキテク
チャ、ソフトウェア工学
などのコンピュータ・サイエンス、コンピュータ・ネッ
トワークをベースとした、IoT
(Internet of Things)、ユビキタス・コンピューティング、組込みコンピュー
タ、
ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの技術によって
取得された
実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状
況認識を行い、
さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法
を研究開発します。
その成果はトレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識、
防災、社会資本管理、
自律移動支援、ドローン、自動走行自動車などの様々な分
野に展開されます。

参加申込

氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申し込みください。
申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、
本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。

※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場できます。

お問い合わせ先

symposium@utacs.org


情報学環ホームカミングデイのお知らせ

【終了・お越しいただいた皆様ありがとうございました】

東京大学ホームカミングデイの一環として、情報学環では以下のイベントを開催いたします。
同窓生やかつての教職員のみなさん、現役学生のみなさんも、ぜひお時間を作っていただき、懇親を深めていただければと思います(当イベントは一般公開です)。

日時:平成281015(土)、16:00-20:00
会場:東京大学本郷キャンパス 情報学環福武ホール
   ラーニングシアター、ラーニングスタジオ、ホワイエ
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp
申込:不要
問い合わせ先:東京大学大学院情報学環・総務係(03-5841-5938

■プログラム:
  16:00
 開場・受付開始 (福武ホール・ラーニングシアター)
  16:30-16:35
 オープニング
  16:35-16:40
 学環長挨拶
  16:40-17:20
 パネルディスカッション「情報学環のいまと未来」
         佐倉統(情報学環教授・情報学環長)
         中尾彰宏(情報学環教授)
         山内祐平(情報学環教授)
  17:20-17:50
 講演「アニメーションの作り方—アカデミズムとプロデュースの観点から—」
         荻原知子STUDIO4プロデューサー、教育部同窓生)
  18:00- 20:00
 懇親会(福武ホール・ホワイエ)

*懇親会は実費を徴収いたします。
当日、プレイベントとして、13:00-15:00に福武ホール・ラーニングスタジオにて
「キャリア相談会」(情報学環教育部同窓会主催)を開催予定です。



【講習会】食品トレーサビリティの原理とucodeを使った実践
-今すぐに始める食品トレーサビリティ-

【終了・お越しいただいた皆様ありがとうございました】


本講習会では、食品トレーサビリティの原理や食品衛生管理の講義とともに、ケースメソッドを導入し、ucodeを利用して食品ロットの識別とトレーサビリティを行う、実践的な演習を行います。今年度から食品事故に備える危機管理対応、食品事業者のトレーサビリティ導入や従業員のトレーニングの事例の講義を始めます。これらによって、食品トレーサビリティの仕組みをつくる能力、初級程度の研修会の講師を務められる能力や知識が獲得できるようにします。
  • 日時 
    • 2016年9月14日(水)午前9時50分~9月15日(木)午後4時30分
  • 会場 
  • 主催 
    • 東京大学 大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コース
    • トロンフォーラム
  • 共催 
    • 京都大学大学院農学研究科生物資源経済学専攻
  • 後援 
    • 農林水産省、一般社団法人 農業開発研修センター、一般社団法人 食品需給研究センター
  • 協賛 
    • 株式会社 昭和堂

凸版印刷と暦本研究室、IoA の共同研究開始

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と国立大学法人 東京大学(総長:五神真住所:東京都文京区本郷7丁目3番1号)大学院情報学環 暦本研究室(教授:暦本純一、以下 東京大学暦本研究室)は、IoT (Internet ofThings) の次の概念とされる IoA (Internet of Abilities)研究成果の事業創出を目指し、テレプレゼンス・ロボット等を用いた IoA の共同研究を 2016 年 7 月から開始しました。

凸版印刷は、共同研究成果をもとに遠隔体験や無人店舗などの IoA を活用したビジネスを2017 年からスタートします。
ニュースリリース全文は、こちら

July 12, 2016

「第5世代移動通信システム−次世代の通信ネットワーク技術 日欧連携プロジェクト 5G! Pagoda 」

総務省と欧州委員会が共同で実施する委託研究「第5世代移動通信システム−次世代の通信ネットワーク技術」(75百万円x3年)に、東京大学大学院情報学環 中尾彰宏教授、フィンランド アールト大学(Aalto University) Tarik TALEB教授がプロジェクトリーダーを務める「5G! Pagoda (サービスに応じたスライス動的生成・管理機能の実証と標準化を目的とする日欧連携5G移動通信基盤テストベッド)」が2016年7月1日に採択され、同日、共同受託研究が開始されました。

共同委託研究メンバーは、

  • 日本側が、東京大学大学院情報学環(PI)、KDDI研究所、日立製作所、NECネッツエスアイ、早稲田大学
  • 欧州側が、アールト大学、エリクソン、オレンジ、フラウンホーファー研究所(FOKUS)、EURECOM,MANDATインターナショナル、ユニバーサルデバイスゲートウェイ(UDG)

となります。

研究の目的は、ITU-T FG IMT-2020で優先度が高いと合意された第五世代モバイルネットワークに おける有線網の課題を3つに分類し (1) スライスアーキテクチャの実現と有無線統合 エンドツーエンドスライス構築機構、 (2)データプレーンプログラム可能性と先進的プロトコルの収容及び(3) スケーラブルスライス運用管理の各々に対応する技術開発 項目を定義し、検証のためのテストベッド及び標準化の検討を含め、日欧連携による 研究開発を実施し、国際標準化を実現することです。

注釈:今回のキックオフ会議は総務省と採択者限りのイベントですが、今秋にはオープンイベントを開催予定です。

関連するリンク:

*総務省報道発表

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin04_02000063.html

*戦略的情報通信研究開発推進事業(国際標準獲得型研究開発) 平成28年度 研究開発課題の公募 委託先一覧

http://www.soumu.go.jp/main_content/000424246.pdf

*5G! Pagodaプロジェクトページ

http://www.5g-pagoda.eu

http://5gpagoda.ipddh.org

*第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)ネットワーク委員会のページ

http://5gmf.jp/committee/network/20160704113835/

問い合わせ:

東京大学大学院情報学環 中尾研究室

info@nakao-lab.org


助教の公募
現在、情報学環では助教を公募しております。
  • 募集職名  助教
  • 募集人数  1名
  • 募集部署  東京大学大学院情報学環
  • 応募期限  平成28年8月26日(金)
応募要項は以下のリンクの先を御覧ください。
ダイワユビキタス学術研究館では、以下の施設を、学事日程で利用していない時には、学内外一般に貸出をしております。現在の予約状況がWebページでわかるようにしました。
  • ダイワハウス石橋信夫記念ホール(3階)
  • 会議室(地下1階)
  • 教室(1階)
  • 実験室(2階)
以下のページよりご確認ください。


第三回 コース入試説明会2016(夏季入試最終)

【終了・お越しいただいた皆様ありがとうございました】

東京大学 学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース
2016年6月24日(金)18:00〜20:0

2017年4月入学の修士課程、博士課程の、夏季入学試験に向けた総合分析情報学
コースの説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。
各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。

日時:2016年6月24日(金)18:00〜20:00

場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
   ダイワユビキタス学術研究館 3階 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
   (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

総合分析情報学コース入試について

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)
※募集要項がすでに公開されています。
詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/admissionsをご覧ください。

総合分析情報学コースについて

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッグ
データを利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓する
ために2006年に設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アーキテク
チャ、ソフトウェア工学などのコンピュータ・サイエンス、コンピュータ・ネッ
トワークをベースとした、ユビキタス・コンピューティング、組込みコンピュー
タ、ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの技術によって
取得された実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状
況認識を行い、さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法
を研究開発します。その成果はトレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識、
防災、社会資本管理、自律移動支援、ドローン、自動走行自動車などの様々な分
野に展開されます。

参加申込

氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申
し込みください。
申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報
につきましては、本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。
※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場できます。
お問い合わせ先

symposium@utacs.org

第二回 コース説明会2016

【終了・お越しいただいた皆様ありがとうございました】
東京大学 学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース
2016年6月5日(日)10:00〜11:30


2017年4月入学の修士課程、博士課程の、夏季入学試験に向けた総合分析情報学
コースの説明会を開催します。受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。
各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。
当日は、午後に、学際情報学府全体の入試説明会もありますので、あわせてそちらもご参加ください。


http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/news/4336

日時:2016年6月5日(日曜)10:00〜11:30
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
   ダイワユビキタス学術研究館 3階 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
   (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

総合分析情報学コース入試について

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)
出願受付期間:今後、ウェブページ等を通じて公開されます(例年夏季は7月です)
※ 詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/ をご覧ください

総合分析情報学コースについて

東京大学大学院情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コースは、IoTやビッグ
データを利活用した情報社会時代を支える情報学「総合分析情報学」を開拓する
ために2006年に設立された新しい教育研究機関です。コンピュータ・アーキテク
チャ、ソフトウェア工学などのコンピュータ・サイエンス、コンピュータ・ネッ
トワークをベースとした、ユビキタス・コンピューティング、組込みコンピュー
タ、ユーザーエクスピリエンス、次世代インターネット、これらの技術によって
取得された実世界や仮想世界の様々な情報をデジタルデータとして流通させて状
況認識を行い、さらにそれを実社会で有効に活用するための高度な情報分析手法
を研究開発します。その成果はトレーサビリテイ、医薬品情報学、空間情報認識、
防災、社会資本管理、自律移動支援、ドローン、自動走行自動車などの様々な分
野に展開されます。

参加申込

氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium@utacs.org までメールでお申
し込みください。
申込受付のお返事はいたしません。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報
につきましては、本会の参加者管理の目的以外には使用いたしません。
※ なお、お申し込みの無い方でも、当日定員が超過していなければ入場できます。
お問い合わせ先
symposium@utacs.org

第一回 コース説明会2016

【終了・お越しいただいた皆様ありがとうございました】
東京大学 学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース
2016年4月23日(土)13:30〜15:00


2017年4月入学の修士課程、博士課程の、夏季入学試験に向けた総合分析情報学コースの説明会を開催します。
受験をご検討している皆さんは、是非ご参加下さい。
各研究室紹介等や入学試験の概要を説明をします。


日時:2016年4月23日(土曜)13:30〜15:00
場所:本郷キャンパス(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
   ダイワユビキタス学術研究館 3階 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
   (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

総合分析情報学コース入試について

総合分析情報学コースでは、修士課程、博士課程の夏季と冬季と2回の入試を実施します。
◯修士課程 募集人員:19名(夏季.・冬季入試との合計人数)
◯博士課程 募集人員:8名(夏季.・冬季入試との合計人数)
出願受付期間:今後、ウェブページ等を通じて公開されます(例年夏季は7月です)
※ 詳細は、http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/ をご覧ください

アーカイブ



サブページ (1): お知らせ(2015年度)