フランス革命

 この革命の主体となったのはフリーメイソンであった。のちにフリーメイソン自身が「フランス革命は我々の革命だった」と認めている。「自由・平等・博愛」を掲げるフランス議会が、ユダヤ人に平等の権利を認め、ナポレオンがゲットーを解体。迫害されていたユダヤ人たちは解放され、政治家、将軍、知識人、芸術家など社会の表舞台に踊りでる。

 ロスチャイルド家は、一族であるモーゼズ・モカッタ銀行を通してフランス革命へ資金を提供。その他の資金提供者もダニエル・イツィッヒ、デヴィッド・フリートレンダー、ヘルツ・ガリビール、ベンジャミン・ゴールドシュミット、アブラハム・ゴールドシュミットといったユダヤ人の銀行家たちであった。






















 上の絵はフランス人権宣言(人間と市民の権利の宣言)の絵だが、ご覧の通り、上の部分に“ピラミッドに万物を見通す眼”というイルミナティのシンボルマークが光っている。

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの世界革命行動計画10を参照