ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会




会の趣旨
 『ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会』は、特徴的な形質をもつ“少数派実験動物”を研究素材とする若手研究者が中心となり「個々の研究材料に適用可能な先端的アプローチを学び、各々の学術的背景を生かした共同研究や、新しい学術領域の構築を促進する」ことを目的として、2015年に発足した有志の研究会です。以来、年に1度の頻度で50名前後の研究者が参加し「あまり知られていないマニアックな生き物」や「生物が持つ、あっと驚く面白い性質」を披露し合う1泊2日の研究会を開催しています。この取り組みを通じて、従来であればモデル動物に限定されがちだった生命の基本原理に迫る研究を、あらゆる種へと展開/普及させることを目指しています。
発起人代表:飯田 敦夫


第4回研究会のお知らせと参加者募集2017.9.24掲載
2018年夏に東京都において、第4回の研究会を開催予定です。
詳細が決まり次第、本ウェブサイトでお知らせします。

問い合わせ先([at]を@に置き換えて送信して下さい)
・atsuo[at]infront.kyoto-u.ac.jp(飯田 敦夫)


第3回研究会のお知らせと参加者募集2017.5.21掲載
2017年8月25~26日に愛知県岡崎市において、第3回の研究会を開催します。

名 称:第3回 ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会
日 程:2017年8月25日(金),26日(土)
場 所:岡崎コンファレンスセンター(http://www.orion.ac.jp/occ/
参加費:無料(茶菓子代500円、懇親会費3,000円、弁当代500円を現地で徴収します)
参 加Googleフォームによるウェブ登録→
https://goo.gl/Ftqt80
※受け付け〆切6月30日、先着順で上限に達し次第、予告無しに締め切る場合があります。
※旅費の支援や宿泊の手配等はありません。
参加登録は〆切りました
(2017.7.31)
※今後の活動については世話人代表(飯田)までお問い合わせください。

ウェブフォームによる参加登録は〆切りました(2017.6.30)

ポスター発表枠にはまだ若干の余裕があります。
参加・発表を希望される方は
atsuo[at]infront.kyoto-u.ac.jp([at]を@に置き換え)へ連絡をお願いします。
※7月21日 追記:参加者には、A4用紙1枚の要旨を7月31日〆切で提出して頂きます。
        時間に余裕を持った参加表明をお願いします。

世話人:飯田敦夫(京都大)
新村毅(東京農工大)神田真司(東京大),佐藤伸(岡山大)亀井保博(基生研)
主催/共催:基礎生物学研究所 共同利用研究 研究会/新規モデル生物研究センター


暫定プログラム
8月25日
13時00分〜13時45分:特別講演(
鈴木睦昭先生,国立遺伝学研究所 知的財産室
次世代両生類会議との合同開催
14時00分〜16時00分:口頭発表
16時15分〜18時15分:口頭発表
18時15分〜     :ポスターセッション&懇親会(夕食;ケータリング)
19時00分〜     :パネルディスカッション

8月26日
  9時00分〜10時30分:口頭発表
10時45分〜12時15分:口頭発表
12時30分〜13時00分:昼食(お弁当)&全体のまとめ
13時00分〜     :【任意参加】有志による次回以降の活動の模索


備考
参加にあたっては、必ず何らかの発表をお願いします。
発表方法は「口頭発表」「ポスター発表」から選択可能です。
・発表内容は、これまでの成果に基づいた「成果発表」と、これからのプロポーザルや妄想を中心とした「コンセプト発表」から選択可能です。コンセプト発表は【プロポーザルや構想の披露】共同研究へのPR研究費申請の相談【興味のある先行研究の紹介やアイデアの啓蒙】など、従来の研究発表の枠に収まらない内容を自由にアピールして頂けます。
・また上記の発表に追加して、実験などでドツボにハマったちょっとしたミスや、研究人生における大失敗などの体験を紹介して頂く「失敗選手権”ミスコン”」を5分間のフラッシュトークとして選択可能です。思わずニヤリとする実験あるあるから話すは恥だが役に立つ大教訓まで、幅広い経験談を募ります。
 みなさまの参画を世話人一同お待ちしております。


問い合わせ先([at]を@に置き換えて送信して下さい)
・atsuo[at]infront.kyoto-u.ac.jp(飯田 敦夫)
・bi2meet[at]nibb.ac.jp(事務局:基礎生物学研究所 光学解析室)


関連するウェブサイト
次世代両生類会議
基礎生物学研究所 光学解析室
過去の研究会(第1回第2回


ポスター(研究会の宣伝・紹介にご使用ください)


日本動物学会におけるシンポジウム開催のお知らせ2017.5.21掲載
日本動物学会 第88回 富山大会 2017において、本会に関連したシンポジウムを開催します。

名 称:ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会のシンポジウム
    〜その動物種でしか解明できない現象がそこにある〜
日 程:2017年9月21日(大会1日目)
場 所
日本動物学会 第88回 富山大会 2017
    富山県民会館
702会場https://goo.gl/nb7vwW
講演者:小沼健(大阪大),伊藤玄(岐阜大),馬谷千恵(東京大),川口将史(富山大),村上安則(愛媛大),高木亙(理研CDB),岸本謙太(京都大)
世話人:飯田敦夫(京都大)川口将史(富山大)神田真司(東京大)


ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会
2017年5月21日開設

Comments