Ultima V ~Warriors of Destiny~


1988年発売。
アバタールとなった主人公が究極の知恵の写本コデックスをブリタニアにもたらした後、巨大な地下世界の存在が明らかになった。
ロード・ブリティッシュは自ら探検隊を率いて地下世界に赴くが、そのまま行方不明となる。
国王代行となった家臣ロード・ブラックソーン(Lord Blackthorn)は当初誠実に職務を果たしていたが、謎の3体のシャドーロード(Shadowlords)が姿を現すと同時期に徳を曲解した恐怖政治を敷き、圧政を始める。イオロとシャミノはロード・ブリティッシュを探し出し、玉座に連れ戻すためにアバタールを召喚する。
反逆者としてブラックソーンの国家体制から追われる身となったアバタールは、各地に潜伏してレジスタンス運動を行う仲間たちを探し出し、シャドーロードを倒すとともに、地下世界の迷宮に幽閉されたロード・ブリティッシュを救出しなければならない。
時間の概念が導入され、朝→昼→夜の移り変わりにあわせて人々の生活がリアルに描かれるようになった。
Wikipedia

At the start of Warriors of Destiny, the player learns that Lord British has been lost on an expedition into the Underworld, and a tyrant known as Lord Blackthorn now rules Britannia in his stead. Three shadowy figures known as the Shadowlords (beings born of shards remaining from the original gem conceived by evil wizard Mondain) have corrupted Blackthorn and terrorize the eight cities of Britannia. Blackthorn enforces a strict, fundamentalist version of the eight virtues, which leads to results that are anything but virtuous (for example, citizens are required to give to charity or else face execution). The Avatar is summoned back to Britannia by his friends using a magic coin, which was included as a trinket in the game's box. With the help of his old companions and some new ones, they form the Warriors of Destiny in order to eliminate the Shadowlords, undermine Blackthorn's rule, and restore Lord British to his throne.
The game deals with the issues of fundamentalism and moral absolutism.
Wikipedia:en

Ultima V (MS-DOS) - Gameplay


ウルティマ5の思い出

サブページ (23): すべて表示