藤澤 隆史(Takashi X. FUJISAWA)

福井大学・子どものこころの発達研究センター
発達支援研究部門・講師
大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学
連合小児発達学研究科・講師
 
 
2018年4月現在
 

学歴

  • 1998年3月 関西大学 社会学部 社会学科 卒業
  • 2001年3月 関西大学 総合情報学研究科 博士課程前期課程修了 修士(学術)
  • 2004年3月 関西大学 総合情報学研究科 博士課程後期課程修了 博士(学術)

職歴

  • 2004年4月-2005年3月 関西大学総合情報学部・総合情報学研究センター・博士研究員
  • 2004年4月-2006年3月 桃山学院大学社会学部・非常勤講師
  • 2005年4月-2007年3月 神戸松蔭女子大学短期大学部・非常勤講師
  • 2006年4月-2009年4月 関西学院大学大学院理工学研究科・ヒューマンメディア研究センター・博士研究員
  • 2007年4月-2009年3月 関西大学社会学部・非常勤講師
  • 2009年5月-2013年3月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科・助教
  • 2010年4月-2014年3月 長崎県立大学国際情報学部・非常勤講師
  • 2013年4月-2016年3月 福井大学子どものこころの発達研究センター・特命助教
  • 2013年4月-2016年3月 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学 連合小児発達学研究科・助教
  • 2015年8月-2016年3月 関西大学総合情報学部・非常勤講師
  • 2016年4月-2018年3月 福井大学子どものこころの発達研究センター・特命講師
  • 2016年4月- 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学 連合小児発達学研究科・講師
  • 2018年4月- 福井大学子どものこころの発達研究センター・講師
  • 学会活動
    • 日本心理学会員
    • 日本認知心理学会会員
    • 日本神経科学学会員
    • 日本児童青年精神医学会
    研究テーマ
    • 発達社会神経科学、社会性の発達についての脳科学
    -非言語コミュニケーション能力・集団行動の発達的検討
    発達障害、ストレス障害、ストレス後成長
    -脳イメージング、遺伝子・内分泌計測、行動計測
    • 感性脳科学、メディア情報への生理心理応答
    -音楽認識 [YouTube] (2'32")
    -表情、感情音声
    -年齢知覚
    研究活動
     
    1.著書
    • 藤澤隆史, 藤澤等(分担執筆)(2001)集団システムの安定性とコネクショニストモデル.守・都築・楠見 編著,コネクショニストモデルと心理学.北大路書房.81-99.
    • 藤澤隆史(2004)音楽と音楽の感情表現について-和音性に関する音響心理学モデルの発話イントネーションへの応用-.関西学院大学出版会.
    • 小杉考司, 藤澤隆史, 渡邊太, 清水裕士, 石盛真徳(編著)藤澤等(監修)(2006)ソシオン理論入門-心と社会の基礎科学-.北大路書房.
    • 関阪千里(著)ソシオンジュニア研究会(監修)(2006)カトリーヌちゃんのサイコロ~ソシオン理論で読み解く人間関係~.北大路書房.
    • ジョナサン・ハイト(著)藤澤隆史, 藤澤玲子(訳)(2011)しあわせ仮説:古代の知恵と現代科学の知恵.新曜社.
    • 藤澤隆史(分担執筆)(2014)子どものトラウマがその後の発達に及ぼす影響-内分泌の視点から-.友田・杉山・谷池 編著,子どものPTSD-診断と治療-.診断と治療社,141-148.
    • デボラ・ブラム(著)藤澤隆史, 藤澤玲子(訳)(2014)愛を科学で測った男-異端の心理学者ハリー・ハーロウとサル実験の真実-.白揚社.
    • 藤澤隆史(2016)音の感性情報処理.電子情報学会「知識ベース」,S3群感性・マルチモーダル情報処理.
    • 藤澤隆史(分担執筆)(2016)心的外傷後ストレス障害(PTSD)-癒しがたい心の傷.藤田 監修,串崎 編著,絶対役立つ臨床心理学:カウンセラーを目指さないあなたにも.ミネルヴァ書房,81-95.
    • Tomoda A, Takiguchi S, Shimada K, Fujisawa TX. Structural and functional changes of brain due to childhood maltreatment and adversity. (In) Memory in Social Context: Brain, Mind, and Society. Springer, 2017(in press).
    2.論文(査読有)

    2017年
    • Mizuno Y, Jung M, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Saito DN, Kosaka H, Tomoda A. Catechol-O-methyltransferase polymorphism is associated with the cortico-cerebellar functional connectivity of executive function in children with attention-deficit/hyperactivity disorder. Sci Rep., 7, 4850, 2017.
    • Nishizato M*, Fujisawa TX* (*equally contributed), Kosaka H, Tomoda A. Developmental changes in social attention and oxytocin levels in infants and children. Sci Rep., 7, 2540, 2017. 
    • Naruse H, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kubota M, Matsuo H, Takiguchi, S, Shimada S, Imai Y, Hiratani M, Kosaka H, Tomoda A. Increased anterior pelvic angle characterizes the gait of children with attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD). PLoS One, 12(1), e0170096, 2017.
    • 石盛真徳, 小杉考司, 清水裕士, 藤澤隆史, 渡邊太, 武藤杏里. マルチレベル構造方程式モデリングによる夫婦ペアデータへのアプローチ:中年期の夫婦関係のあり方が夫婦関係満足度、家族の安定性、および主観的幸福感に及ぼす影響. 実験社会心理学研究, 56(2), 153-164, 2017.
  • 2016年
    • Wang X, Liang S, Fujisawa TX, Nishitani S, Tomoda A, Wu L, Shinohara K. Association of estrogen receptor alpha polymorphisms with symptoms of autism among Chinese Han children. Neuroendocrinol Lett., 37(5):101–106, 2016.
    • Fujisawa TX, Nishitani S, Iwanaga R, Matsuzaki J, Kawasaki C, Tochigi M, Sasaki T, Kato N, Shinohara K. Association of aryl hydrocarbon receptor-related gene variants with the severity of autism spectrum disorders. Front. Psychiatry, 7, 184, 2016.
    • Kosaka H, Okamoto Y, Munesue T, Yamasue H, Inohara K, Fujioka T, Anme T, Orisaka M, Ishitobi M, Jung M, Fujisawa TX, Tanaka S, Arai S, Asano M, Saito DN, Sadato N, Tomoda A, Omori M, Sato M, Okazawa H, Higashida H, Wada Y. Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: A 24-week randomized clinical trial. Trans Psychiatry, 6, e872, 2016.
    • Fujisawa TX, Azuma Y, Konishi M, Miyamoto N, Nagata,N. Age-related Bias in Age Estimation Based on Facial Images of Others. Psychology, 7(4), 459-468, 2016.
    • Fujioka T, Inohara K, Okamoto Y, Masuya Y, Ishitobi M, Saito DN, Jung M, Arai S, Matsumura. Y, Fujisawa TX, Narita K, Suzuki K, Tsuchiya KJ, Mori N, Katayama T, Sato M, Munesue T, Okazawa H, Tomoda A, Wada Y, Kosaka H. Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults. Mol Autism, 7, 19, 2016.
    • Kumazaki H, Muramatsu T, Fujisawa TX, Miyao M, Matsuura E, Okada K, Kosaka H, Tomoda A, Mimura M. Assessment of olfactory detection thresholds in children with autism spectrum disorders using a pulse ejection system. Mol Autism, 7, 6, 2016.
    • 島田浩二, 滝口慎一郎, 藤澤隆史, 友田明美. 子ども虐待の脳科学研究. 小児内科, 48(2), 149-153, 2016.

      2015年

      • Mizushima SG, Fujisawa TX, Takiguchi S, Kumazaki H, Tanaka S, Tomoda A. Effect of the nature of subsequent environment on oxytocin and cortisol secretion in maltreated children. Front Psychiatry, 6, 173, 2015.
      • Shimada K, Fujisawa TX, Takiguchi S, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A. Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: A voxel-based morphometry study in a Japanese sample. World J Biol Psychiatry, 18, 1-7, 2015.
      • Takiguchi S, Fujisawa TX, Mizushima S, Saito DN, Okamoto Y, Shimada K, Koizumi M, Kumazaki H, Jung M, Kosaka H, Hiratani M, Ohshima Y, Teicher, MH, Tomoda A. Ventral striatum dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder: A functional MRI Study. BJPsych Open, 1(2), 121-128, 2015.
      • Tomoda A, Takiguchi S, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kumazaki H, Fujioka T, Suzuki H, Matsuzaki H, Kosaka H, Tanaka S. Effectiveness in cognitive function of oral tipepidine administration for children with attention deficit/hyperactivity disorder: A 4-week, open-label clinical study. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 69(10), 658-659, 2015.
      • Fujisawa TX, Jung M, Kojima M, Saito DN, Kosaka H, Tomoda A. Neural basis of psychological growth following adverse experiences: A resting-state functional MRI study. PLoS One, 10(8):e0136427,2015.
      • Shimada K, Takiguchi S, Mizushima S, Fujisawa TX, Saito DN, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A. Reduced visual cortex gray matter volume in children and adolescents with reactive attachment disorder. Neuroimage-Clinical, 9:13-19, 2015. doi: 10.1016/j.nicl.2015.07.001
      • Fujisawa TX, Yatsuga C, Mabe H, Yamada E, Masuda M, Tomoda A. Anorexia nervosa during adolescence is associated with decreased gray matter volume in the inferior frontal gyrus. PLoS One, Jun11;10(6):e0128548, 2015. doi: 10.1371/journal.pone.0128548. 
      • Kumazaki H, Muramatsu T, Kosaka H, Fujisawa TX, Iwata K, Tomoda A, Tsuchiya KJ, Mimura M. Sex differences in cognitive and symptom profiles in children with high functioning Autism Spectrum Disorders. Research in Autism Spectrum Disorders, 13–14 (2015) 1–7, 2015. doi: org/10.1016/j.rasd.2014.12.011
      • Cook ND, 藤澤隆史, 林武文. 和音知覚における音響心理学. 音楽知覚認知研究, 21巻1号, 17-29, 2015.
      • 小島雅彦,藤澤隆史,小泉径子,青井利哉,水島 栄,友田明美. 青年期のメンタルヘルスに関する調査(2)-エゴ・レジエンスおよび心的外傷後成長のメンタルへルスとの関係-. 子どものこころと脳の発達, 6巻1号; 31-41, 2015.
      • 小島雅彦,藤澤隆史,小泉径子,青井利哉,水島 栄,友田明美. 青年期のメンタルヘルスに関する調査(1)-高校生の抑うつと自殺念慮および心的外傷後ストレス症状の実態-. 子どものこころと脳の発達, 6巻1号; 23-30, 2015.

      2014年

      • Fujisawa TX, Tanaka S, Saito DN, Kosaka H, Tomoda A. Visual attention for social information and salivary oxytocin levels in preschool children with autism spectrum disorders: An eye-tracking study. Front Neurosci 8:295, 2014. doi:10.3389/fnins.2014.00295
      • Yatsuga C, Toyohisa D, Fujisawa TX, Nishitani S, Shinohara K, Ikeda N, Matsuura N, Muramatsu M, Hamada A, Tomoda A*. No association between catechol-O-methyltransferase (COMT) genotype and attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) in Japanese children. Brain Dev, 36:620-625, 2014. doi: 10.1016/j.braindev.2013.08.006.
      • Liang S, Wang X, Zoua M, Wanga H, Zhoua X, Suna C, Xia W, Wu L, Fujisawa TX, Tomoda A. Family based association study of ZNF533, DOCK4 and IMMP2L gene polymorphisms linked to Autism in a Han population in northeastern China. J Zhejiang Univ Sci B, 15(3):264-71, 2014. doi: 10.1631/jzus.B13001
      • 友田明美, 藤澤隆史, 八ツ賀千穂, 安田久美, 田仲志保, 熊崎博一, 山﨑未花, 日下幸則, 佐藤 真.福井Age2企画~福井県永平寺町小規模集団での発達コホート研究~.日本社会精神医学会雑誌, 23巻4号; 379-386, 2014, 11月.

      2013年

      • Tomoda A, Nishitani S, Matsuura N, Fujisawa TX, Kawatani J, Toyohisa D, Ono M, Shinohara K. No interaction between serotonin transporter polymorphism gene (5-HTTLPR) and adversity on depression among Japanese children and adolescents. BMC Psychiatry, 13: 134-143, 2013. doi: 10.1186/1471-244X-13-134
      • Doi H, Nishitani S, Fujisawa TX, Nagai T, Kakeyama M, Maeda T, Shinohara K. (2013) Prenatal exposure to a polychlorinated biphenyl (PCB) congener influences fixation duration on biological motion at 4-months-old: a preliminary study. PLoS One. 2013;8(3):e59196.
      • Doi H, Fujisawa TX, Kanai C, Ohta H, Yokoi H, Iwanami A, Kato N, Shinohara K. (2013) Recognition of Facial Expressions and Prosodic Cues with Graded Emotional Intensities in Adults with Asperger Syndrome. J Autism Dev Disord.
      • 饗庭絵里子, 田中里弥, 藤澤隆史, 赤塚諭, 下斗米貴之, 長田典子 (2013) 和音進行による情動の知覚:fMRIおよび印象評価によるアプローチ, 音楽知覚認知研究, 18(1&2).
      • 飛谷謙介, 土屋晋, 藤澤隆史, 饗庭絵里子, 長田典子 (2013) LED警光灯の視認性向上のための感性指標に基づく点滅パターン評価方法. 電気学会論文誌D, 133(2), 240-245.
      • 白岩史, 飛谷謙介, 下斗米貴之, 猪目博也, 藤澤隆史, 饗庭絵里子, 長田典子, 北村泰彦 (2013). LED警光灯の視認性向上のための感性指標に基づく点滅パターン解析. 精密工学会論文誌.

      2012年

      • Nishikawa S, Nishitani S, Fujisawa TX, Noborimoto I, Kitahara T, Takamura T, Shinohara K. (2012) Perceived parental rejection mediates the influence of serotonin transporter gene (5-HTTLPR) polymorphisms on impulsivity in Japanese adults. PLoS One. 7(10):e47608.
      • Fujisawa TX, Nishitani S, Obara T, Shinohara K. (2012) Loneliness depends on salivary estradiol levels in adolescent females. Neuroendcrinol Lett., 33(5), 525-529.
      • 小西正人, 東泰宏, 藤澤隆史, 長田典子, 小坂明生, Young-suk Shin (2012). 顔画像を用いた自己の主観年齢の推定―絶対年齢推定課題との比較―, 日本顔学会誌, 12(1), .
      2011年 
      • Fujisawa TX, Nishitani S, Ishii S, Shinohara K. (2011) Differential modulation of impulsive behavior by loneliness and testosterone in adolescent females. Neuroendcrinol Lett., 32(6), 836-840.
      • Fujisawa TX, Shinohara K. (2011) Sex differences in the recognition of emotional prosody in late childhood and adolescence. J Physiol Sci., 61(5), pp. 429-435.
      • Fujisawa TX, Cook ND. (2011) The Perception of the Stability of Harmonic Triads: An fMRI study. Brain Imaging Behav., 5(2), pp.109-125.
      • 饗庭絵里子, 沼田晃佑, 藤澤隆史, 長田典子 (2011) ヒトの高次感性を含む主観的画質評価:評価に寄与する物理要因の解明. 画像電子学会誌, 40(5), 792-800.
      • 東泰宏, 小西正人, 藤澤隆史, 長田典子 (2011) 顔画像を用いた自己の主観年齢の推定―顔の蓄積記憶の牽引による自己若年視傾向の検証―. 日本顔学会誌, 11(1), 117-122.
      • 小杉考司, 清水裕士, 藤澤隆史, 石盛真徳, 渡邊太, 藤澤等 (2011) 家族関係尺度の構成とその階層的因子構造について. 行動計量学, 38(1) 93-99.

      2010年以降

      • Nakahara N, Miyazaki K, Sakamoto H, Fujisawa TX, Nagata N, Nakatsu R. (2009) Dance Motion Control of Humanoid Robot based on Real-Time Tempo Tracking from Musical Audio Signals. ICEC2009, Lecture Notes in Computer Science 5709, pp. 36-47, Springer-Verlag.
      • Ishimori M, Fujisawa TX (2007) Chinese Pictogram and the Bicameral Mind. The Jaynesian: Newsletter of the Julian Jaynes Society, 1(1), pp. 8-10.  
      • Cook ND, Fujisawa TX, Konaka H. (2007) Why Not Study Polytonal Psychophysics? Empirical Musicology Review, 2(1), pp. 38-44. 
      • Cook ND, Fujisawa TX. (2006) The Psychophysics of Hermony Perception: Harmony is a Three-Tone Phenomenon. Empirical Musicology Review, 1(2), pp. 106-126.
      • Cook ND, Fujisawa TX, Takami K. (2006) Evaluation of the Affective Valence of Normal Speech Using Pitch Substracture. IEEE Transactions on Audio, Speech, and Language Processing, 14(1) pp. 142-151. 
      • Fujisawa TX, Cook ND. (2005) Identifying Affective Valence in Speech Prosody Using Acoustical Cues of "Harmoniousness". GESTS International Transaction on Computer Science and Engineering, 7(1), pp. 178-187.
      • 藤澤隆史, 細川豊治, 長田典子, 片寄晴弘(2010)集団圧力の状況下における脳機能イメージング-Aschの実験パラダイムを用いたfNIRS研究-,感情心理学研究, 18(1), pp. 73-82.
      • 藤澤隆史, 谷光彬, 長田典子, 片寄晴弘(2009)和音性の定量的評価モデルに基づいた楽曲ムードの色彩表現インタフェース.情報処理学会論文誌, 50(3), pp. 1133-1138.
      • 長田典子, 藤澤隆史(2009)共感覚の脳機能イメージング.システム制御情報学会誌,53(4),pp. 149-154.(解説) 
      • 藤澤隆史, 松井淑恵, 風井浩志, 古屋晋一, 片寄晴弘(2009)音楽を鑑賞する脳.情報処理学会誌,50(8), pp. 764-770.(解説) 
      • 小林茂樹, 土屋晋, 藤澤隆史, 長田典子(2009)数量化形状パラメータの階層化順位による仏教彫像横顔造形の階層分析,日本顔学会誌,9(1), pp. 31-42.
      • 藤澤隆史, 石盛真徳, 長田典子(2009)両価的な感情表出に対する印象評価の検討,日本顔学会誌,9(1), pp. 79-90.
      • 東泰宏, 西本真由香, 宮本直幸, 藤澤隆史, 長田典子, 小坂明生(2009)顔画像を用いた主観年齢の推定-米国人と日本人の比較-,日本顔学会誌,9(1), pp. 91-100
      • 石盛真徳, 藤澤隆史, 小杉考司, 清水裕士, 渡邊太, 藤澤等(2008)家族システムの構造分析-家族成員間関係と家族全体システムの機能との関連性について-,バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌,10(2),pp. 159-168. 
      • 小林茂樹, 土屋晋, 藤澤隆史, 長田典子(2008)多変量ユークリッド距離を用いた仏像鼻梁側面観の造形分析,日本顔学会誌, 8(1), pp. 43-56.
      • 宮本直幸, 陣内由美, 藤澤隆史, 長田典子, 井口征士(2007)顔画像を用いた自己の主観年齢の推定.電子情報通信学会論文誌(A), Vol. J90-A, No. 3, pp. 240-247.
      • 藤澤隆史, 土屋晋, 高島杏菜, 原田甫, 長田典子(2007)テクスチャ合成によるキャラクタ顔のメイク表現-印象評価のポジショニング分析-.電気学会論文誌(C), 127(4), pp. 667-673.   
      • 小林茂樹, 土屋晋, 藤澤隆史, 長田典子(2007)仏像頭部における鼻梁側面観造形の特徴分析.日本顔学会誌,7(1), pp. 47-63.
      • 藤澤隆史, 宮本直幸, 長田典子, 井口征士(2007)顔画像を用いた自己の主観年齢の推定-若年視傾向の規定要因に関する考察-.日本顔学会誌,7(1), pp. 121-127. 
      • 原田甫, 藤澤隆史, 長田典子(2007)モーション計測と視線追跡による顔表情解析.日本顔学会誌,7(1), pp. 129-135. 
      • 藤澤隆史, 高見和彰, Cook ND (2004)感情的発話における音楽性:基本周波数を用いた和音性の定量化について.認知心理学研究,1(1),pp. 25-34.
      • 小杉考司, 藤澤隆史, 藤原武弘 (2004)バランス理論と固有値分解.理論と方法,19(1),pp. 87-100.
      • 小杉考司, 藤澤隆史, 水谷聡秀, 石盛真徳(2001)ダイナミック社会的インパクト理論における意見の空間的収束を生み出す要因の検討.実験社会心理学研究,41(1),pp. 16-25.
    • 3.論文(査読無)
      • 藤澤隆史(2000)職場集団へのソシオメトリー的アプローチの理論と現状.国際経済労働研究,55(11/12),9-15.
      • 藤澤隆史, 林武文, Pfeifer R, Cook ND (2001)複数の自律エージェントによる環境認識の共有化と協調作業.関西大学総合情報学部紀要「情報研究」,15,71-86.
      • 石盛真徳, 藤澤隆史, 小杉考司, 水谷聡秀(2002)集団現象へのセル・オートマトン的アプローチ.対人社会心理学研究,2,111-117.
      • 水谷聡秀, 小杉考司, 藤澤隆史(2002)計算論的ソシオンモデルのシミュレーション.関西大学大学院「人間科学」,57,109-132.
      • 藤澤隆史, 水谷聡秀, 小杉考司(2003)計算論的ソシオンモデルのシミュレーション(2).関西大学大学院「人間科学」,58,133-147.
      • 藤澤隆史, Cook ND, 長田典子, 片寄晴弘(2006)和音性についての定量的評価モデル.情報処理学会研究報告(2006-EC-4),9-14.
      • 藤澤隆史, Cook ND (2006)和音性の計算法と曲線の描き方-不協和度・緊張度・モダリティ-.関西大学総合情報学部紀要「情報研究」,25,35-51.
      • 藤澤隆史, Cook ND, 長田典子, 片寄晴弘(2006)和音認知に関する心理物理モデル.情報処理学会研究報告(2006-MUS-66),99-104. 
      • 高橋理宇眞, 藤澤隆史, 長田典子, 杉尾武志, 井口征士(2006)fMRIによる共感覚の計測-色聴者の音楽聴取時の脳活動-.情報処理学会研究報告(2006-MUS-66),105-108. 
      • 上田哲司, 藤澤隆史, 長田典子, 井上裕美子, 大須賀美恵子, 井口征士(2008)ゲーム場面の構成要素と生理指標との関連性-プロ野球における球場観戦とテレビ観戦の比較-.情報処理学会研究報告(2008-EC-9), 17-22. 
      • 澁田義明, 藤澤隆史, 長田典子, 北村泰彦(2008)仮想空間におけるヒューマンモーションの特徴強調と合成.情報処理学会研究報告(2008-EC-9), 73-80.
      • 小杉考司, 石盛真徳, 清水裕士, 渡邊太, 藤澤隆史 (2013) ソシオン譜による人間関係の描画について.山口大学教育学部研究論叢, 62, 125-137.
      4.国際会議・国内会議(査読付き)
      • Fujisawa, T., Takami. K. & Cook, N. D. (2003) On the Role of Pitch Intervals in the Perception of Emotional Speech. Proceedings of Spontaneous Speech Processing and Recognition (SSPR2003), 231-234, April 13-16, Tokyo, Japan.
      • Cook, N. D., Fujisawa, T. & Takami, K. (2003) Evaluation of the Affect of Speech Intonation Using a Model of the Perception of Interval Dissonance and Harmonic Tension. EUROSPEECH-2003, 105-108.
      • Cook, N. D., Fujisawa, T. & Takami, K. (2003) A Functional MRI Study of Harmony Perception. The biennial meeting of the Society for Music Perception and Cognition, SMPC 2003.
      • Fujisawa, T., Takami. K. & Cook, N. D. (2004) A Psychophysical Model of Harmonic Modality. Proceedings of International Symposium on Musical Acoustics (ISMA2004), 255-256, March 31-April 3, Nara, Japan. (Invited)
      • Cook, N. D., Fujisawa, T. & Takami, K. (2004) Apprication of a Psychoacoustical Model of Harmony to Speech Prosody. Proceedings of Speech Prosody (SP2004), 147-150, March 23-26, Nara, Japan.
      • Cook, N. D., Fujisawa, T. & Takami, K. (2004) The Psychophysics of Harmony: Tension and Modality. International Congress of Acoustics (ICA2004), 2963-2966, April 4-9, Kyoto, Japan.
      • Fujisawa, T., Takami. K. & Cook, N. D. (2004) A Psychophysical Model of Harmony Perception. Proceedings of The 8th International Conference on Music Perception & Cognition (ICMPC8), 493-496, August 3-7, Evanston, IL, USA.
      • Fujisawa, T. & Cook, N. D. (2005) Identifying Emotion in Speech Prosody Using Acoustical Cues of Harmony. International Conference on Speech & Language Processing (ICSLP2004), 1333-1336, Octorber 4-8, Jeju, Korea.
      • Cook, N. D., Fujisawa, T. & Takami, K. (2005) Explaining the Affect of Major and Minor Chords on the Basis of “Sound Symbolism”: An fMRI Study in Non-Musicians. The Conference of Cognitive Neuroscience Society (CNS2005), New York, USA.
      • Cook, N. D. & Fujisawa, T. X. (2006) Explaining the Sonority and Affective Valence of Chords: The psychophysics of 3-tone combinations. Proceedings of The 9th International Conference on Music Perception & Cognition (ICMPC9), 1747-1755, Bologna, Itary.
      • Tsuchiya, S., Fujisawa, T. X., Nagata, N. & Kobayashi, K. (2007) Analysis of Feature Curves in Buddhist Statue Faces. Proceedings of The 13th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2007), 69-72, Busan, Korea.
      • Yokoi, S., Fujisawa, T. X., Kazai, K., Katayose, H. & Nagata, N. (2007) The Effect of the Timing of Commercial Breaks by the Measurement of Brain Activity Using fNIRS and Autonomic Nervous Activity. Proceedings of The 13th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2007), 206-211, Busan, Korea.
      • Takahashi, R., Fujisawa, T. X., Nagata, N., Sugio, T. & Inokuchi, S. (2007) Brain Actibation in Colored-hearing to Music: An fMRI study. 2nd International Congress Synaesthesia, Science & Art., Granada, Spain.
      • Takahashi, R., Fujisawa, T. X., Nagata, N., Sugio, T. & Inokuchi, S. (2007) An fMRI Study of Synaesthesia: Brain actibation in colored-hearing to music., NeuroImage (OHBM 13th annual meeting, Chicago, IL, USA), 36(S1), 204TH-PM.
      • Kosugi, E. K., Shimizu, N. H., Fujisawa, T. X., Ishimori, M., Watanabe, F. & Fujisawa, H. (2007) Scaling for Family Rerationships Based on the Socion Theory by Using a Three-mode Item Response Model. International Meeting of the Psychometric Society (IMPS2007), Tokyo, Japan.  
      • Murata, M., Harada, H. Fujisawa, T. X. & Nagata, N. (2008) Facial Expression Analysis using Motion Capture and Eye Tracking. Proceedings of the 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), pp. 380-385, Beppu, Japan.  
      • 藤澤隆史・谷光彬・長田典子・片寄晴弘(2008)M3(M-CUBE):新しい和音知覚モデルに基づいた音楽ムードの可視化インタフェース.インタラクション2008論文集,179-180.
      • Takashima, A., Nishimoto, M., Takahashi, R., Fujisawa, T. X. & Nagata, N. (2008) Colored-hearing synesthesia: the relationship between color and music tonality. Proceedings of the 4th Annual Meeting of the UK Synaesthesia Association, Edinburgh, UK.  
      • Fujisawa, T. X., Hosokawa, T., Nagata, N. & Katayose, H. (2008) Investigation of Brain Activity under Social Pressure using the Asch Paradigm: An fNIRS study. NeuroImage (OHBM 14th annual meeting, Melbourne, Australia), 41(S1), 261-M-AM.
      • Takahashi, R., Fujisawa, T. X., Nagata, N., Sugio, T. & Inokuchi, S. (2008) Brain Activity in Colored-hearing Synesthetes when Listening to Tonal Music. NeuroImage (OHBM 14th annual meeting, Melbourne, Australia), 41(S1), 700-T-PM.
      • Fujisawa, T. X. & Cook, N. D. (2008) Investigating the Perception of Harmonic Triads: An fMRI study. The 10th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC10), 297-300, August 25-29, Sapporo, Japan.
      • Nishimoto, M., Azuma, Y., Miyamoto, N., Fujisawa, T. X. & Nagata, N. (2008) Subjective Age Estimation System Using Speech Sounds: Comparison with Facial Images. The 2008 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2008), pp. 1900-1904, Singapore.
      • Sangenya, T., Fujisawa, T. X. & Nagata, N. (2008) The Feasibility of Establishing Sound Image Scale: Image measurement of chord progression using impression estimation method. The 2008 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2008), pp. 1905-1909, Singapore.
      • 中原直人・宮崎光二・坂本元・中津良平・藤澤隆史・長田典子(2009)音楽を用いたロボットのダンスモーションのリアルタイム制御システム.インタラクション2009論文集, 137-138.
      • Fujisawa, T. X., Hosokawa, T., Nagata, N. & Katayose, H. (2009) An fNIRS study of Brain Activity of Minority Participants under Social Pressure using the fMORI-Asch Paradigm. The 8th Biennial Meeting of the Society for Applied Research in Memory and Cognition (SARMAC 2009), Kyoto, Japan.
      • Azuma, Y., Nishimoto, M., Miyamoto, N., Fujisawa, T. X.,Nagata, N. & Kosaka, A. (2009) A Comparative Assessment of One's Own Age from Facial Images of Others: Two Case Studies for the Americans and the Japanese. The 2009 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2009), Texas, USA.
      • Akatsuka, S., Fujisawa, X. T., Aiba, E., & Nagata, N. (2010). Measurement of Brain Function When Listening to Chords: fMRI Study, Proc. 16th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping.
      5.学会発表(口頭,ポスター)
      • 喜多将司・藤澤隆史・小杉考司・藤澤等(1997)境界と集団の生成過程(Ⅰ).日本社会心理学会第38回大会発表論文集,84-85.
      • 藤澤隆史・小杉考司・喜多将司・藤澤等(1997)境界と集団の生成過程(Ⅱ).日本社会心理学会第38回大会発表論文集,86-87.
      • 小杉考司・喜多将司・藤澤隆史・藤澤等(1997)境界と集団の生成過程(Ⅲ).日本社会心理学会第38回大会発表論文集,88-89.
      • 藤澤隆史・藤澤 等(1998)社会的インパクト理論における空間的要因の検討.日本社会心理学会第39回大会発表論文集,54-55.
      • 小杉考司・藤澤隆史・藤原武弘(2002)三者関係パターンにおける関係性の推測.日本社会心理学会第43回大会発表論文集,478-479.
      • 藤澤隆史・小杉考司(2002)複数の自律エージェントによる協調作業シミュレーション.日本社会心理学会第43回大会発表論文集,672-673.
      • 藤澤隆史・小杉考司(2003)バランス理論と固有値分解(1).日本グループ・ダイナミックス学会第50回大会発表論文集,150-151.
      • 小杉考司・藤澤隆史(2003)バランス理論と固有値分解(2).日本グループ・ダイナミックス学会第50回大会発表論文集,152-153.
      • 藤澤隆史・高見和彰・Norman D. Cook(2003)感情的発話における基本周波数の音程構造の役割.日本認知心理学会第1回大会発表論文集,42-43.
      • 高見和彰・藤澤隆史・Norman D. Cook(2003)和音聴取における脳活動の検討.日本認知心理学会第1回大会発表論文集,104-105.
      • 小杉考司・藤澤隆史・藤原武弘(2004)バランス理論と固有値分解(3)-記憶実験による検証-.日本社会心理学会第45回大会発表論文集,458-459.
      • 藤澤隆史・小杉考司・石盛真徳・清水裕士・渡邊太・藤澤等(2006)家族コミュニケーションの構造分析(1)-項目反応理論を適用した尺度構成について-.日本GD学会第53回大会発表論文集,230-231.
      • 石盛真徳・藤澤隆史・小杉考司・清水裕士・渡邊太・藤澤等(2006)家族コミュニケーションの構造分析(2)-家族の全体項目や構造変数との関連-.日本GD学会第53回大会発表論文集,234-235.
      • 小杉考司・石盛真徳・藤澤隆史・清水裕士・渡邊太・藤澤等(2006)家族コミュニケーションの構造分析(3)-三相データ分析による家族のプロフィール描写-.日本GD学会第53回大会発表論文集,238-239.  
      • 宮本直幸・藤澤隆史・長田典子・井口征士(2006)顔画像を用いた主観年齢の推定-性別・年齢層・顔表情による推定特性の比較-.日本顔学会誌,6(1),p158.
      • 土屋晋・科野雅子・高島杏菜・藤澤隆史・長田典子(2006)テクスチャ合成によるキャラクタ顔のメイク表現と印象評価.日本顔学会誌,6(1),p161.
      • 小林茂樹・藤澤隆史・土屋晋・長田典子(2006)仏像面貌造形の特徴分析-鼻梁の側面観造形-.日本顔学会誌,6(1),p169.
      • 佐々木洋幸・藤澤隆史・長田典子・小林茂樹・松本俊郎(2006)仏像の印象と眉形状の関係.日本顔学会誌,6(1),p170. 
      • 土屋晋・藤澤隆史・長田典子・小林茂樹(2006)仏像の顔における曲線の特徴分析.日本顔学会誌,6(1),p184.
      • 藤澤隆史・土屋晋・高島杏菜・原田甫・長田典子(2006)テクスチャ合成によるキャラクタ顔のメイク表現-印象評価のポジショニング分析-.情報処理学会関西支部大会講演論文集,p79-80.
      • 石盛真徳・藤澤隆史(2006)漢字の起源に探る二分心-Jaynesの二分心仮説に基づいた考察(1)-.日本心理学会第70回大会,p8, 九州大学, 2006年11月3日-5日.
      • 藤澤隆史・石盛真徳・林清之・Norman D. Cook(2006)両価的な感情表出ついての予備的研究-Jaynesの二分心仮説に基づいた考察(2)-.日本心理学会第70回大会,p1053, 九州大学, 2006年11月3日-5日. 
      • 小杉考司・清水裕士・藤澤隆史(2006)Pop音楽におけるコード進行の構造とその認知(1)-非対称多次元尺度構成法によるコード進行の構造分析-.日本心理学会第70回大会,p197, 九州大学, 2006年11月3日-5日. 
      • 清水裕士・小杉考司・藤澤隆史(2006)Pop音楽におけるコード進行の構造とその認知(2)-コード進行の構造と印象評価の関連-.日本心理学会第70回大会,p198, 九州大学, 2006年11月3日-5日. 
      • 勝占真規子・藤澤隆史・片寄晴弘・長田典子(2007)ジャズ音楽における相関ルールを用いたコードネーム推定.情報処理学会第69回全国大会講演論文集,.
      • 小林茂樹・土屋晋・藤澤隆史・長田典子(2007)法隆寺彫像における鼻梁側面観造形の特徴分析.日本顔学会誌,7(1), p208.
      • 土屋晋・藤澤隆史・長田典子・小林茂樹(2007)曲率半径を用いた仏像の顔の特徴分析.日本顔学会誌,7(1), p209. 
      • 藤澤隆史・石盛真徳・風井浩志・長田典子(2007)両価的で複雑な表情の知覚に関する研究-一対比較による検討-.日本顔学会誌,7(1), p.239. 
      • 西本真由香・宮本直幸・藤澤隆史・長田典子(2007)音声を用いた主観年齢の推定-顔画像との比較-.日本顔学会誌,7(1), p249.
      • 宮本直幸・西本真由香・藤澤隆史・長田典子(2007)顔画像を用いた主観年齢の推定-自己の顔画像との比較による推定メカニズムの考察-.日本顔学会誌,7(1), p255.
      • 藤澤隆史・小杉考司・清水裕士(2008)非対称MDSを用いた楽曲のコード進行の分析.日本行動計量学会第36回大会発表抄録集,pp.273-274.
      • 藤澤隆史・Norman D. Cook (2008) 和音聴取時におけるモード感の認知プロセス:fMRIによる検討.日本心理学会第72回大会, p. 814, 北海道大学, 2008年9月19日-21日. 
      • 東泰宏・西本真由香・宮本直幸・藤澤隆史・長田典子・小坂明生(2008)顔画像を用いた主観年齢の推定-米国人と日本人の比較-.日本顔学会誌,8(1), pp.218.
      • 小林茂樹・土屋晋・藤澤隆史・長田典子(2008)側面観造形数量化解析の方法について.日本顔学会誌,8(1), pp.226.
      • 土屋晋・藤澤隆史・長田典子・小林茂樹(2008)多次元尺度法を用いた仏像側面観の特徴分析.日本顔学会誌,8(1), pp.227.
      • 谷光彬・三軒谷友美・藤澤隆史・長田典子(2009)ルーミックキューブ:フルカラーLEDを用いて音楽ムードを表現するインタラクティブアート.インタラクション2009(CD-ROM).
      • 西本真由香・赤塚諭・高橋理宇眞・藤澤隆史・長田典子(2009)色字共感覚に関する比較研究.日本認知心理学会第7回大会, p.23.
      • 赤塚諭・高橋理宇眞・藤澤隆史・長田典子(2009)和音聴取時における脳機能計測:fMRI研究.日本認知心理学会第7回大会, p.66.
      • 藤澤隆史・高橋理宇眞・西本真由香・杉尾武志・長田典子(2009)共感覚の脳機能イメージング.日本認知心理学会第7回大会, p.67.
      • 清水裕士, 小杉考司, 藤澤隆史, 石盛真徳, 渡邊太, 藤澤等(2009)家族関係における階層的非対称データの分析-Multilevel Social Relations Modelによる検討-.日本行動計量学会第37回大会.
      • 小杉考司・清水裕士・藤澤隆史・渡邊太・藤澤等・石盛真徳(2009)家族コミュニケーションの構造分析(4)-多相データの二段階分析とコミュニケーション構造-.日本心理学会第73回全国大会, p. 252, 立命館大学, 2009年8月26日-28日.
      • 清水裕士・藤澤隆史・小杉考司・渡邊太・石盛真徳・藤澤等(2009)家族コミュニケーションの構造分析(5)-マルチレベルによる二相三元非対称データの分析-.日本心理学会第73回全国大会, p. 253.
      • 藤澤隆史・小杉考司・清水裕士・石盛真徳・渡邊太・藤澤等(2009)家族コミュニケーションの構造分析(6)-精神的健康との関連性-.日本心理学会第73回全国大会, p. 254.
      • 藤澤隆史・時津裕子・土居裕和・篠原一之(2010)感情認知の感受性と性格傾向の関連性-音声刺激を用いた検討-.日本生理学雑誌72(2),p. 47.
      • 時津裕子・藤澤隆史・土居裕和・篠原一之(2010)感情認知の感受性と性格傾向の関連性-表情刺激を用いた検討-.日本生理学雑誌72(2), p. 47-48.
      • 猪目博也・饗庭絵里子・下斗米貴之・藤澤隆史・長田典子 (2010). LED警光灯の視認性向上-目立ちやすさの感性指標に基づく点滅パターン評価法-. 映像メディア学会技術報告, 34 (10), 89-92.
      • 沼田晃佑・饗庭絵里子・藤澤隆史・長田典子 (2010). デジタルカメラのための画質評価モデルの構築. 映像メディア学会技術報告, 34 (10), 137-140.
      • 谷光彬・饗庭絵里子・下斗米貴之・長田典子・藤澤隆史 (2010). 調和度に基づく和音性評価モデルと楽曲ムードの色彩表現インタフェース. 日本音響学会 音楽音響研究会資料, 28(8), 19-24. 
      • 西谷正太, 荒木萌, 井上貴雄, 藤澤隆史, 高村恒人, 池松和哉, 篠原一之 (2010) 泣き声刺激への反応性とOXTR遺伝子多型性との関連性の解明. 第5回環境生理学プレコングレス抄録集, 8.
      • 藤澤隆史, 池田貴裕, 高島寿美恵, 篠原一之 (2010) 男性の音声に対する嗜好性に及ぼす月経周期の影響. 第5回環境生理学プレコングレス抄録集, 9.
      • 藤澤隆史, 西谷正太, 井上貴雄, 高村恒人, 池松和哉, 篠原一之 (2010) 健常児における情動音声の感受性とオキシトシン受容体の遺伝子多型との関連性. 第87回日本生理学会大会.
      • Fujisawa TX, Nishitani S, Inoue T, Takamura T, Ikematsu K & Shinohara K (2010) The ability to recognize affective voices is modulated by the oxytocin receptor gene (OXTR) variants in normal human subjects. Neuro2010.
      • 藤澤隆史, 西谷正太, 高村恒人, 篠原一之 (2010) 思春期健常児における情動の読み取り能力の個人差とテストステロン水準. 日本児童青年精神医学会.
      6.シンポジウム・ワークショップなど
      • 石盛真徳・藤澤隆史・小杉考司・藤澤等(2004)社会関係データとその分析法-Matrix Revolutions-.日本GD学会第51回大会発表論文集(インタラクティブ・セッション).
      • 雨宮俊彦・藤澤等・小杉考司・藤澤隆史・水谷聡秀・石盛真徳・木村洋二・渡邊太(2004)ソシオン理論の展望-アイデアから研究プロジェクトへ-.日本心理学会第68回大会(ワークショップ).
      • 藤澤隆史・小杉考司・石盛真徳・藤澤等(2005)二相三元に基づいた家族データの構造と分析.日本グループ・ダイナミックス学会第52回大会発表論文集(ワークショップ).
      • 風井浩志・藤澤隆史・森悠太・山岡晶・八田原慎悟・高橋理宇眞・長田典子・片寄晴弘(2006)音楽を体験している脳をはかる.CrestMuseシンポジウム(配布パンフレット),54-55.
      • 藤澤隆史(2007)和音の認知メカニズムの検討.私立大学学術研究高度化推進事業オープン・リサーチ・センター整備事業選定テーマ 「愉しみの創造につながる情報処理技術の開発と評価研究」中間報告会,シンポジウム 「ヒューマンメディアの未来」,於:関西学院大学梅田キャンパス.
      • 藤澤隆史・谷光彬・長田典子・片寄晴弘(2008)音楽のムードを色彩で可視化する.CrestMuseシンポジウム2008(配布パンフレット),39-40.
      • 藤澤隆史(2009)子どもの社会力学の脳科学的解明に向けて.長崎大学重点研究課題「子どもの心を育むコミュニケーション学創出」第1回学術シンポジウム,於:長崎大学.
      7.講演
      • 藤澤隆史(2004)感情的発話におけるピッチ構造と和音的特徴について.日本心理学会第68回大会(小講演). 
      • 藤澤隆史(2007)認知科学に基づいたメディアコンテンツの制作と評価.大阪府経営合理化協会第5回産学技術交流マッチング定例会. 
      • 藤澤隆史(2007)和音性に関する認知モデルの構築とfMRIによる脳活動の検討.第5回音楽の科学研究会
      • 長田典子・藤澤隆史(2008)ヒューマンメディアにおける脳機能イメージング-共感覚知覚・和音認知の脳活動の検討-.先端医療センター映像医療リサーチカンファレンス.
      外部資金
      • 時系列メディアのデザイン転写技術の開発(研究分担者),科学技術振興機構,戦略的創造研究推進事業チーム型研究(CRESTタイプ),2006年4月-2009年5月
      • 色聴現象の客観的計測-映像と音楽のノンバーバルマッピングの提案-(課題番号17560382,研究分担者),日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(C)(一般)),2006年4月-2007年3月. 
      • 和音性の定量化と認知メカニズムの解明(課題番号18800068,研究代表者),日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ)),2006年10月-2008年3月.
      • 共感覚のメカニズム解明とメディアコンテンツ制作への応用(課題番号19500182,研究分担者),日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(C)(一般)),2007年4月-2009年3月.
      • 映像トリックを用いた同調実験場面における被験者の脳機能のfNIRSによる分析(課題番号21012002,研究分担者),日本学術振興会科学研究費補助金(特定領域研究),2009年4月-2011年3月.
      • 共感覚のクロスモーダル・メカニズム解明-色聴現象の脳機能計測とメディア表現-(課題番号21300086,研究分担者),日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般)),2009年4月-2012年3月.
      • 成績・容姿・経済力:集団における同調と社会的地位の関連の生理学的分析(課題番号23011004, 研究分担者), 日本学術振興会科学研究費補助金(特定領域研究),2011年4月-
      • 感情の表出強度に伴う処理能力の評価系確立と脳・内分泌メカニズムの解明(課題番号23700253, 研究代表者), 日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究(B)),2011年4月-2013年3月
      • ヒト思春期の社会行動とその逸脱に関する神経・内分泌基盤の解明(課題番号25750405, 研究代表者), 日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究(B)),2013年4月-
      共同研究・受託研究
      • 和音聴取時における脳活動の検討,財団法人先端医療センター(共同研究,研究代表者),2007年5月-2009年3月. 
      • 交通における緊急走行支援装置の性能向上-発光パターンの視認性評価-,株式会社パトライト(受託研究,研究分担者),2007年8月-2009月3月.
      • 画質評価モデルの構築,オリンパス株式会社(受託研究,研究分担者),2008年1月-2009月3月.
      特許
      • 藤澤隆史, 長田典子:イメージスケール作成方法,その装置,及びイメージスケール作成プログラム,出願日:平成20年8月22日,特許出願2008-214048.
      社会還元・普及事業等
      • 頭を使うってなんだろう?光をつかって脳のはたらきを測ってみよう(実施分担者),ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI,平成22年度.
      • 脳とホルモンのはたらきを実験で調べてみよう(実施分担者),ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI,平成23年度.
      社会活動
      • 長崎県教育委員会,未来の科学者発掘推進委員(平成22~23年)