ホーム

筑波大学水泳研究室のHPです


連絡先
tsukubaswimlab@gmail.com

最新のお知らせ

  • 【報告】平成27年度 卒業論文・修士論文中間発表会 11月4日に水泳研究室の卒業論文,修士論文の中間発表会を行いました.【卒論生】淡路 佳太  「水球競技における水平姿勢での巻き足動作時に発揮される足部流体力に関する研究」川合 慧卓  「一かき一けりにおけるドルフィンキックのタイミングが15m通過タイムに及ぼす影響」後藤 紗葉  「インターバルトレーニングにおける運動強度の組み合わせの違いがトレーニング負荷に与える影響」坂上 輝将  「大腿の骨格筋冷却によるトレーニング効果について」奈良 享祐  「ターン時の姿勢と水中ドルフィンキックの姿勢の変化がターンパフォーマンスへ及ぼす影響」林 世志輝  「Backstroke start device を用いた背泳ぎスタートのプレート位置および姿勢変化によるパフォーマンスへの影響 ...
    投稿: 2015/11/06 2:00、筑波大学水泳研究室
  • 【お知らせ】平成27年度筑波大学水泳研究室 卒業論文・修士論文中間発表会 以下の日時で,本研究室主催による「平成27年度 筑波大学水泳研究室 卒業論文・修士論文中間発表会」が行われます.主催:筑波大学水泳研究室期日:平成27年11月4日(水)17:00~会場:筑波大学 5C213教室プログラム(予定):17:15~ 卒業論文発表(発表8分+質疑応答2分)淡路 佳太  「水球競技における水平姿勢での巻き足動作時に発揮される足部流体力に関する研究」川合 慧卓  「一かき一けりにおけるドルフィンキックのタイミングが15m通過タイムに及ぼす影響 ...
    投稿: 2015/11/02 22:12、筑波大学水泳研究室
  • 【報告】2015年日本水泳・水中運動学会 10/17(土),18(日)の2日間,日本女子体育大学にて日本水泳・水中運動学会が行われました.本研究室からは,オーラル7名,ポスター1名の計8名が発表しました.また,プールサイドセッションでは,金子雅紀さんが泳者として実演し,仙石泰雄先生が解説を行いました.以下写真を掲載します.1日目【オーラル】川合英介 (筑波大学大学院) 水球競技選手における巻足動作時の足部流体力発揮に関する研究角川隆明先生 (筑波大学) 水中モーションキャプチャシステムと圧力分布測定を用いたクロールの上肢動作の分析大澤瑞樹 (筑波大学大学院) 冷水浴による筋温低下がその後の運動に及ぼす影響~代謝様式に着目して~【ポスター】小林明日香 ...
    投稿: 2015/10/22 19:58、筑波大学水泳研究室
  • 【お知らせ】2015年日本水泳・水中運動学会  10月17(土),18日(日)に日本女子体育大学にて,日本水泳・水中運動学会が行われます.本研究室からは,口頭による発表者7名,ポスターによる発表者1名の計8名が参加します.〈口頭〉角川隆明   「水中モーションキャプチャシステムと圧力分布計測を用いたクロールの上肢動作の分析」小林啓介  「水中ドルフィンキックにおける最大努力以上のキック頻度増加が筋活動に及ぼす影響」高橋亜紀  「飛込競技におけるノースプラッシュ入水精度に関する研究~上半身のボディ・アライメントに着目して~」大澤瑞樹  「冷水浴による筋温低下を活用した新たなトレーニング手法の提案~代謝様式に着目して~」川合英介  「水球競技選手における巻き足動作時の足部流体力発揮に関する研究 ...
    投稿: 2015/09/07 17:28、筑波大学水泳研究室
  • 【報告】プール利用団体顔見せ会・水泳部新入生歓迎会 4月16日(木)、プール利用団体による顔見せ会と水泳部の新入生歓迎会が行なわれました。今年は競泳部門13名、水球部門4名、飛び込み部門3名、シンクロ部門1名の計21名が入部してきてくれました。以下に写真を掲載します。【プール利用団体顔見せ会】  競泳 水球                                 飛び込みシンクロ 【水泳部新入生歓迎会】新入部員による自己紹介 磯馴松、桐の葉                       エール筑波大学水泳部員として目標に向かって突き進んで欲しいと思います。
    投稿: 2015/04/16 23:54、筑波大学水泳研究室
1 - 5 / 26 件の投稿を表示中 もっと見る »

Comments