研究内容

研究分野

 本研究室では,交通現象・交通行動やその発生の源である都市構造を科学的に捉え,安全・便利・快適で地域社会と調和のとれた交通システムやまちづくりのあり方とその実現方策を追及するための研究に取り組んでいます.


最近の研究テーマ

(1) 都市サービスの将来需要予測と持続可能な都市構造の検討に関する研究


土地利用と交通の相互作用を考慮した
都市モデルによる分析のフレームワーク
 人口減少・少子高齢化社会の下,地方都市では歳入減少により,現在と同程度の公共サービスを提供することが厳しくなることが懸念されており、都市サービスの将来需要予測に基づき,問題が顕在化するまでに適切な対応をとることが重要な課題となっています.
 本研究では,土地利用と交通の相互作用を考慮した都市モデルを用いて将来時点の人口・世帯の分布を推計し,交通を含む都市サービス需要の変化を把握するための手法の開発を行っています.その上で,既成市街地への居住誘導施策,公共交通ネットワークの整備・再構築等,持続可能な都市構造の構築に向けた施策の評価,検討を行っています.









(2) マイクロシミュレーション型都市モデルの開発に関する研究


マイクロシミュレーション型都市モデルの構造
成熟期を迎えた我が国の都市では,少子高齢化に伴う人口構造の変化,ライフスタイルの多様化などを背景として,都市施策の方向性は量への対応から質への対応へと移行しています.これらに対する有効な分析手法として,個人,世帯,企業などを個々の単位で操作し,詳細な属性を考慮した世帯構造の変化,交通行動,政策の効果等を分析するマイクロシミュレーション型都市モデルが挙げられます.
 本研究では,マイクロシミュレーション型都市モデルの実用化に向けた取り組みとして,シミュレーション初期時点のマイクロデータ作成,将来予測モデルの開発,詳細な属性に基づく施策評価手法の開発を行っています.また,確率的な試行の下でのシミュレーション結果の特性把握や,リスク分析への活用に関する研究を行っています.





(3) 被災時の避難行動・災害に強い都市構造の構築に関する研究

東日本大震災や各地で発生した豪雨災害の経験を生かした,尊い命が失わなわれないための迅速な避難体制や,災害に強いまちづくりの構築が求められています.
 本研究では,被災時の避難場所・施設への避難行動を,時間帯によって異なる避難対象者の分布予測や選択される避難交通手段の選択を考慮した交通シミュレーションにより分析し,避難交通の課題把握や対策の検討を行っています.また,世帯の居住地選択行動や住宅地価に災害リスクが与える影響を居住地選択モデルを用いて分析し,災害に強い都市構造の形成に向けた検討を行っています.


(4) 交通ビッグデータを活用した交通安全マネジメント手法に関する研究


自動車プローブデータからの
抜け道交通(生活道路通過交通)の抽出
効果的かつ効率的な交通安全マネジメントを実施していくためには,交通事故危険性について科学的な解明を行うことが不可欠です.
 本研究では,交通事故統計データに加えて,自動車プローブデータや道路空間3次元データなど交通ビッグデータを活用した交通安全マネジメント手法の構築を目指しています.具体的には,愛知県や豊橋市を対象として,事故危険性統計モデルの構築,地点別・事故類型別の事故危険度の評価や要因分析,特定事故危険地点における詳細な交通流の観測調査・解析・シミュレーションモデルの構築,それらに基づく交通安全対策の立案・評価を行っています.









(5) タクシーを活用した地域公共交通ネットワーク計画に関する研究


豊橋市内におけるタクシー交通の乗降車地分布
(左:乗車地,右:降車地)
 2009年10月にタクシー適活法が施行され,タクシーが地域公共交通であると明確に位置づけられました.これからは,地域公共交通ネットワークとしてタクシーをどのように活用していくのかを考えることが必要かつ重要な視点となってきます.タクシーは,鉄道やバスといった他の公共交通機関が乗合大量輸送を行うものであるのに対し,個別輸送・ドアトゥドアの特性を持つ公共交通機関であり,鉄道やバスでは対応できない多様な移動ニーズに対応できるという長所があります.
 本研究では,近年タクシーへの導入が進んでいるデジタルタコグラフによって自動的に記録されたデジタル日報データ(乗降車地・時刻・料金など)を中心に活用しながら,タクシー交通実態分析およびタクシー利用メカニズムの解明を行うとともに,シミュレーション等により利用料金補助など地域公共交通としての様々なタクシー活用策の評価を行っています.




(6) テレマティクスを活用した生活道路空間における交通静穏化に関する研究


速度遵守型テレマティクス保険を想定した
長期フィールド実験
による走行速度分布変化
 (赤:実験前,緑:実験中,青:実験後)
安全・安心な生活道路空間の創出に向けて,流入自動車交通量や自動車速度の抑制といった交通静穏化が必要不可欠です.一方,近年のICT技術の向上により,自動車の時々刻々の車両位置や走行状態などの情報を取得・蓄積・利用できるようになり,GPSやデジタルマップ等に基づいて走行している道路区間に応じた上限速度情報を提供したり,超過しないように制御する「Intelligent Speed Adaptation (ISA)」や,日常の運転状況から得られる安全性評価指標により自動車保険料が変動する「テレマティクス自動車保険(例えば急減速発生回数が少ないドライバーは保険料が安くなる等)」といった,テレマティクス(通信情報科学)による交通安全関連サービスが可能となってきています.
 本研究では,ISAやテレマティクス保険などが地域の交通安全マネジメント,特に生活道路における交通静穏化にも活用できるのではないかと考え,その可能性を探るべく,日本の交通システムにこれらを導入した場合の社会的効果,コスト,副作用,導入手順等について調査・分析しています.また,生活道路の安全に配慮された自動車に対してなんらかの報酬を与えるというインセンティブ施策(セーフティカー減税など)に関する研究も行っています.





 以上の他に,小中学校通学路の交通安全計画に関する研究,高速道路における渋滞に関する研究,交通行動の地域性に関する研究などを行っています.