ホーム‎ > ‎教材‎ > ‎

手作業微分

2014/09/02 19:39 に 坂井田博史 が投稿   [ 2014/09/02 21:02 に更新しました ]
作ってから「もしや」と思ってgrapesのsampleを見たら、同じ考えにもとづいたもの(当然、もっとよいもの)がありましたね…。
 
私がこの教材を知ったのは、「意味がわかれば数学の風景が見えてくる」(野崎昭弘・何森仁・伊藤潤一・小沢健一.ベレ出版.2011)です。
特に三角関数、y=e^xのグラフでやってみると感動的でした。
実際にたくさんの接戦を引いて傾きを確かめるのには限界がありますが、grapesなら可能ですので、ICTを利用する意義があるのではないかと思います。 
 
せっかく作ったのでアップしておきます。
Ć
手作業微分.gps
(7k)
坂井田博史,
2014/09/02 19:39
Comments