灯の川 実行委員会

灯の川2017  10月8日(日)
感動の10周年
大盛況のうち終了致しました!!★ 

今年も2万人を越える人々にご来場頂きました。
お天気にも恵まれ、みなさん森のろうそくをあおいであおいで…。音楽で盛り上がり。
素敵な夜となりました。また来年の灯の川もご来場お待ちしております。
ありがとうございました!!


new!!
今年の灯の川の様子が画像でご覧いただけます!!




灯の川2017
私たちは、埼玉県狭山市を流れる”母なる川・入間川”を想い、川に集う市民の集まりです。 ゴミ拾い・有害植物駆除作業などの環境保全活動、入間川東小学校、入間川小学校での環境学習を行い、合わせて水源地林の保全を考え、河川環境改善の啓発を図ろうとする市民活動です。
2008年入間川河川敷にて「町中エコツーリズモ」を開き、2009年から七夕に肩を並べるイベントとして広く市民に呼びかけ発展させてきました。
 今年で感動の10周年、2017年10月8日、音楽と、食と、森のろうそくを愛でる秋の夕べに心地よい”入間川”での出来事を一緒に体験しませんか。

 それ以前の様子はこちらから  

最新のお知らせ

  • 入間川小で環境学習:分科会 灯の川実行委員会とさやま環境市民ネットワークは、入間川小学校5年生を対象に環境学習を行いました。本日(11月11日)は鳥類・岩石・植物・魚類・水生昆虫の分科会に分かれ、希望するグループに集まった児童にそれそれの分野での質問に担当の先生が答える形で、まとめ学習の指導を行いました。
    投稿: 2016/11/11 2:36、狭山灯
  • 10月22日川の部会長公民館で講演 この日狭山市中央公民館では、川の部会長が「明日の入間川を考える」と称して講演を行った。皆川部会長は、さやま環境市民ネットワーク川の部会長も兼務、県の事業で川の再生事業に、市民の代表者の一人として参画していた。・ここで実施事業が終わり、次なるとことん活用事業が始まるが、計画作りを前に、代表者として参加者から意見を求めるデウスカッションが行われた。次なる事業の最大の課題は川へのアクセス。簡易的なインフラも含めて、出来ることを始める・・・提案する母体として、灯の川実行委員会も参画していく。
    投稿: 2016/10/22 4:01、狭山灯
  • 引き続き狭山にツマグロヒョウモン♀が現れる。 先週の、アカボシゴマダラに引き続き、20日、ツマグロヒョウモンの撮影に成功しました。愛好家によると25年前までは、本州には居らず、温暖化の影響により近年関東でも普通に見られるようになったとのこと。本来は、西南諸島などに居る南のタテハ蝶が狭山で見られることに驚きを感じます。 
    投稿: 2016/07/22 3:38、伊藤彰
  • アカボシゴマダラ 入間川に現れる(13日) 入間川早朝観察活動で、13日アカボシゴマダラが観察されました。本来日本の九州、四国、本州、北海道に居ないもの。しかし近年愛好家が本州に持ち込み関東地方で繁殖の兆候があるという。
    投稿: 2016/07/14 21:52、狭山灯
  • 入間川にスッポン棲息!!入間川の生態系 7月13日 灯の川実行委員による入間川早朝観察活動において、スッポンが確認されました。
    投稿: 2016/07/13 2:25、伊藤彰
1 - 5 / 124 件の投稿を表示中 もっと見る »