研究業績

研究業績

論文

    1. 久保知一 (2018)、「流通チャネルにおける取引関係の開始」、『マーケティング・ジャーナル』、第38巻第2号(印刷中)。
    2. Ono, Akinori and Tomokazu Kubo (2018), "What Determines Firms' Intention to Postpone Product Differentiation?" Journal of Marketing Channels, Vol. 25, No. 2/3 (in print).
    3. 久保知一 (2018)、「製造業者による卸売統合のパネルデータ分析」、『商学論纂』(中央大学商学研究会)、第59巻第3/4号、395-414頁。
    4. 久保知一 (2017)、「小売の輪はどのように回転したのか?―小売業態イノベーションのマルチレベル分析―」、『流通研究』(日本商業学会)、第20巻第2号、65-79頁。
    5. 久保知一 (2017)、「マス・カスタマイゼーションとコミュニケーション・チャネル構造」、『商学論纂』(中央大学商学研究会)、第59巻第1・2号、105-132頁。
    6. Fujimura, Marie, Takumi Iiyama, YuXiang Liang, Takuya Numazaki, Katsuto Yamaguchi, Sho Yoshida, Tomohiro Yoshimura, and Tomokazu Kubo (2017), "Effects of New Product Pre-release on Consumers' Intention to Purchase," Journal of Transformation of Human Behavior under the Influence of the Infosocionomics Society, Vol. 2, pp. 25-30.
    7. Kubo, Tomokazu (2016), "An Examination of Framing in Strategic Alliance Negotiation between Retailers and Suppliers," 2016 Global Marketing Conference Proceedings (July), pp. 1141-1145.
    8. Kubo, Tomokazu (2015), "Entry and Evolution of Retail Formats in Japan," Proceedings of the 2015 International Conference of Asian Marketing Associations, p. 147.
    9. Kubo, Tomokazu (2015), "The Effect of Organizational Capability on Marketing Strategy Performance," in Colin L. Campbell (ed.), Marketing in Transition: Scarcity, Globalism, & Sustainability, Springer, pp. 133-138.
    10. 久保知一 (2015)、「小売業態の発展経路―小売サービスと組織能力に基づく長期的分析―」、佐久間英俊・木立真直編、『流通・都市の理論と動態』(中央大学企業研究所叢書)、第3章(3月)、49-76頁。
    11. 久保知一 (2014)、「生産財取引におけるポジショニングと企業間関係の関連性」、『商学論纂』(中央大学商学研究会)、第56巻第1・2号(7月)、73-100頁。
    12. Shiroishi, Hidetoshi and Tomokazu Kubo (2013), "Non-contractibility and Market Uncertainty in Franchise Systems,"Discussion Paper, KUMQRP Discussion Paper Series (Keio University/Kyoto University), DP2012-023 (January).
    13. Shiroishi, Hidetoshi and Tomokazu Kubo (2013), "Allocating Decision Rights between Franchisor and Franchisee: Evidence from Japanese Firms," 2012 Global Marketing Conference Proceedings, (July).
    14. 北島啓嗣・久保知一 (2010)、「成都における日系大型店舗小売業の展開」、『中国経済』(JETRO:日本貿易振興協会)、11月号、35-55頁。
    15. 丹沢安治・久保知一 (2010)、「不確実な新興国市場への製造業者の進出:中東市場への参入モード決定の論理に関するパイロット・スタディ」、『進化経済学会報告論集』(進化経済学会)、第14回進化経済学会大阪大会(3月)、CD-ROM版。
    16. 久保知一 (2010)、「流通チャネルにおける卸売業者の買い手依存度」、斯波照雄編、『商業と市場・都市の歴史的変遷と現状』(中央大学企業研究所叢書)、第8章(1月)。
    17. 小野晃典・久保知一 (2009)、「製造業者による流通業者との関係性拡張意図」、『流通情報』(流通経済研究所)、 第480号(9月)、64-72頁、翻訳:Akinori Ono and Tomokazu Kubo, "Manufacturers' Intention to Extend the Relationships with Distributors," Journal of Business and Industrial Marketing, Vol.24, No.5/6 (2009), pp.439-448)
    18. 小野晃典・久保知一 (2009)、「マーケティング・チャネルにおける流通サービスのカスタマイジングと協調的関係」、『三田商学研究』(慶應義塾大学商学会)、第52巻第2号(6月)、19-36頁。
    19. Kubo, Tomokazu (2009), "The Effect of Organizational Capability on Marketing Strategy Performance," Proceedings of 2009 Academy of Marketing Science World Marketing Congress (Preliminary Release), Academy of Marketing Science (July 2009), pp.145-150.
    20. 久保知一 (2009)、「情報通信技術がもたらす流通取引固定化への 2 つの効果」、『全国研究大会報告論集』(日本商業学会)、第59回日本商業学会全国大会(5月)、23-32頁。
    21. Ono, Akinori and Tomokazu Kubo (2009), "Manufacturers' Intention to Extend the Relationships with Distributors," Journal of Business and Industrial Marketing, Vol.24, No.5/6 (2009), pp.439-448.
    22. 中央大学ソフトウェア・オフショアリング共同調査チーム(直江重彦・陳建安・丹沢安治・近藤信一・伊東俊彦・北島啓嗣・久保知一・早川貴・柳澤和子・西崎賢治・安藤憲吾・李建平・葛永盛・室勝弘) (2009)、「上海近郊におけるソフトウエア・オフショアリング企業調査報告―第3回 受注サイドの実態報告(その2)―」『中国経済』(JETRO:日本貿易振興協会)、2月号、46-71頁(分担執筆)。
    23. 中央大学ソフトウェア・オフショアリング共同調査チーム(直江重彦・陳建安・丹沢安治・近藤信一・伊東俊彦・北島啓嗣・久保知一・早川貴・柳澤和子・西崎賢治・安藤憲吾・李建平・葛永盛・室勝弘) (2009)、「上海近郊におけるソフトウエア・オフショアリング企業調査報告―第2回 受注サイドの実態報告(その1)―」、『中国経済』(JETRO:日本貿易振興協会)、1月号、36-55頁(分担執筆)。
    24. 中央大学ソフトウェア・オフショアリング共同調査チーム(直江重彦・陳建安・丹沢安治・近藤信一・伊東俊彦・北島啓嗣・久保知一・早川貴・柳澤和子・西崎賢治・安藤憲吾・李建平・葛永盛・室勝弘) (2008)、「上海近郊におけるソフトウエア・オフショアリング企業調査報告―第1回 調査概要と発注サイド企業の実態報告―」、『中国経済』(JETRO:日本貿易振興協会)、12月号、68-87頁(分担執筆)。
    25. 久保知一・小野晃典 (2008)、「流通チャネルにおける協調的関係の生成」、『三田商学研究』(慶應義塾大学商学会)、第51巻第4号(10月)、107-120頁。
    26. Ono, Akinori and Tomokazu Kubo (2008), "How Does a Manufacturer Obtain Customized Distribution Services?" Discussion Paper, FBC Discussion Paper Series (Keio University), No.0803 (July).
    27. 小野晃典・久保知一 (2008)、「マス・カスタマイゼーション戦略の興隆とマーケティング・コミュニケーションの変化」、第41次吉田秀雄記念事業財団助成研究報告書(3月)。
    28. Kubo, Tomokazu and Akinori Ono (2007), "Manufacturers' Intention to Extend the Relationship with Distributors," Proceedings of the Relationship Marketing Summit, AMA (American Marketing Association) Relationship Marketing SIG / ICRM (International Colloquium on Relationship Marketing ) (December).
    29. Kubo, Tomokazu and Akinori Ono (2007), "Manufacturers' Perception of Distributors' Opportunism and Asset Specificity as Determinants of Relational Contracts," Discussion Paper, FBC Discussion Paper Series (Keio University), No.0701 (December).
    30. Kubo, Tomokazu (2007), "Consumer Behaviors and Marketing Strategies," Market Change and Corporate Behavior -Analysis from a Multifaceted Perspective of Management, Accounting and Commerce-, Gaduate School of Economics/Graduate School of Business & Commerce, Keio University, Management and Accounting Group of the COE Project (December), Chap 8, pp.173-187.
    31. Kubo, Tomokazu (2007), "Marketing Behaviors and Organizational Capability," Market Change and Corporate Behavior -Analysis from a Multifaceted Perspective of Management, Accounting and Commerce-, Gaduate School of Economics/Graduate School of Business & Commerce, Keio University, Management and Accounting Group of the COE Project (December), Chap 9, pp.188-210.
    32. Kubo, Tomokazu and Akinori Ono (2007), "Relational Contracting and Asset Specificity in Marketing Channel," Proceedings of the 2007 INFORMS Marketing Science Conference, INFORMS Society for Marketing Science (June).
    33. 小野晃典・久保知一・遠藤誠二 (2007)、「企業の製品差別化延期戦略と消費者のマスカスタマイズ製品選択」[要旨]、『流通研究』(日本商業学会) 第10巻第1号 (4月)。
    34. Ono, Akinori, Tomokazu Kubo, and Seiji Endo (2006), "A Strategy for Supplying Mass Customized Products: Delayed Product Differentiation in Auto Dealership," Joel R. Evans, ed., Retailing 2006: Strategic Challenges in the New Millennium (Proceedings of the 8th Triennial National Retailing Conference, Academy of Marketing Science / American Collegeate Retailing Association) (November), pp.220-225.
    35. 小野晃典・久保知一 (2006)、「マス・カスタマイゼーション戦略を巡る売手・買手・環境の3者間関係」、ディスカッション・ペーパー、慶應義塾大学経済学研究科・商学研究科連携21世紀COEプログラム・ディスカッション・ペーパー・シリーズ、DP2006-013(9月)。
    36. Kubo, Tomokazu (2006), "Dynamic Transaction Cost in Manufacturer-Wholesaler Relationship," Proceedings, Cultural Perspectives in Marketing Conference, Academy of Marketing Science / Korean Academy of Marketing Science (July).
    37. Ono, Akinori, Tomokazu Kubo, and Seiji Endo (2006), "Delayed Product Differentiation Strategy for Mass Customization,"
    38. Proceedings, Conference of the European Association of Education and Research in Commercial Distribution (June).
    39. 小野晃典・久保知一・遠藤誠二 (2006)、「企業の製品差別化延期戦略と消費者のマスカスタマイズ製品選択」、『日本商業学会全国大会予稿集』 (6月) 59-61頁。
    40. 久保知一 (2006)、「日本企業のマーケティング戦略と組織能力に関するアンケート調査」、『市場の変化と企業行動 ―経営・会計・商業の多角的視点からの分析― 慶應義塾大学経済学研究科・商学研究科COEプロジェクト経営会計班中間報告書(2)』(3月)
    41. 久保知一 (2006)、「日本企業のマーケティング・チャネルにおける協調的関係」、『市場の変化と企業行動 ―経営・会計・商業の多角的視点からの分析― 慶應義塾大学経済学研究科・商学研究科COEプロジェクト経営会計班中間報告書(2)』(3月)
    42. Kubo, Tomokazu, Akinori Ono, and Seiji Endo (2006), "Long-Term Channel Relationship with Specific Asset," Discussion Paper, KUMQRP Discussion Paper Series (Keio University), DP2005-036, (February).
    43. Kubo, Tomokazu (2006), "The Effects of Dynamic Transaction Cost on Manufacturer’s Wholesale Integration," Discussion Paper, KUMQRP Discussion Paper Series (Keio University), DP2005-037, (February).
    44. Ono, Akinori, Tomokazu Kubo, and Seiji Endo (2006), "An Empirical Study of Firms' Intentions to Supply Mass Customized Products with Delayed Product Differentiation Strategy," Discussion Paper, KUMQRP Discussion Paper Series (Keio University), DP2005-038, (February).
    45. 久保知一 (2005)、「日本企業のマーケティング戦略と組織能力に関するアンケート調査」、『慶應義塾大学経済学研究科・商学研究科21世紀COEプロジェクト経営会計班中間報告書(1)』(3月)。
    46. 久保知一 (2005)、「日本企業のマーケティング行動と組織能力」、『慶應義塾大学経済学研究科・商学研究科21世紀COEプロジェクト経営会計班中間報告書(1)』(3月)。
    47. 久保知一 (2004)、「2つの組織能力とマーケティング戦略 ―日本企業のレント創出メカニズムの実証分析―」、『三田商学研究』(慶應義塾大学商学会)、第47巻第3号(8月)、195-214頁。
    48. 久保知一 (2003)、「マーケティングの競争戦略論的基礎」、『オケイジョナル・ペーパー・シリーズ』(慶應義塾大学)、GSBC No.03-03(9月)。
    49. 久保知一 (2003)、「流通チャネルと取引関係 ―動的取引費用モデルによる卸売統合の実証分析―」、『三田商学研究』(慶應義塾大学商学会)、第46巻第2号(6月)、111-132頁。
    50. 久保知一 (2003)、「流通チャネルにおける統合と分離 ―ケイパビリティ・アプローチによる吟味―」、『三田商学研究』(慶應義塾大学商学会)、第45巻第6号(2月)、113-141頁。
    51. 久保知一 (2003)、「流行財のマーケティング競争 ―消費者間相互依存下の広告活動―」、『慶應商学論集』(慶應義塾大学大学院商学研究科)、第16巻第1号(3月)、41-67頁。
    52. 久保知一 (2003)、「流通チャネルと取引費用 ―資産特殊性仮説の実証分析―」、『慶應義塾大学大学院商学研究科大学院高度化推進研究プロジェクト報告書』(9月)。
    53. 久保知一 (2003)、「流通チャネルと取引関係 ―動的取引費用モデルによる卸売統合の実証分析―」、日本商業学会全国大会予稿集(6月)。
    54. 久保知一 (2001)、「流行財とマーケティング ―広告競争モデルへの消費者間相互依存の導入―」、『Occasional Paper Series』(慶應義塾大学)、GSBC No.01-01(9月)。
    55. 久保知一 (2001)、「流通取引と需給調整 ―延期-投機モデルによる吟味―」、『三田商学研究』(慶應義塾大学商学会)、第44巻第4号(10月)、167-194頁。
    56. Ho, Sing Kang, Tomokazu Kubo, and Takashi Hayakawa (2000), Future Market Potential of Japanese Food in Denmark, 慶應義塾大学大学院商学研究科大学院高度化推進プロジェクト研究報告書(9月)。
    57. 久保知一 (1999)、「留保価格と広告情報 ―競争モデルへの買い手間外部性の組み込み―」、第32次吉田秀雄記念事業財団助成研究報告書(3月)。

口頭発表

    1. 仙石慎太郎・久保知一 (2018)、「企業・産業と技術標準」、研究・イノベーション学会、第33回年次学術大会、2018年10月28日、於:東京大学本郷キャンパス。
    2. 久保知一・結城祥 (2018)、「流通チャネルにおける関係破壊的行為と取引相手の反応」、日本商業学会関西部会、2018年7月21日、於:大阪市立大学文化交流センター。
    3. Tomokazu Kubo (2018), "Vertical Integration of Wholesale Functions among Japanese Manufactures," The 2018 INFORMS Marketing Science Conference (INFORMS Society for Marketing Science), June 14 2018 at Temple University, Philadelphia, Pennsylvania, USA.
    4. 久保知一 (2017)、「卸-小売間の取引関係開始に及ぼす制御焦点の効果」、日本商業学会関東部会、2017年9月16日、於:中央大学後楽園キャンパス。
    5. Fujimura, Marie, Takumi Iiyama, YuXiang Liang, Takuya Numazaki, Katsuto Yamaguchi, Sho Yoshida, Tomohiro Yoshimura, & Tomokazu Kubo (2017), "Effects of New Product Pre-release on Consumers' Intention to Purchase," 4th International Workshop Transformation of Human Behavior under the Influence of Infosocionomics Society (THIS), February 27 2017 at University of Hawaii at Manoa, at Hawaii.
    6. 久保知一 (2016)、「卸売業者と小売業者の戦略提携の形成におけるモチベーションの効果」、日本卸売学会全国大会、2016年9月17日、於:東洋大学。
    7. Kubo, Tomokazu (2016), "An Examination of Framing in Strategic Alliance Negotiations between Retailers and Suppliers," 2016 Global Marketing Conference, July 23 2016 at Hong Kong.
    8. 久保知一 (2016)、「小売の輪はどのように回転したのか?-小売業態イノベーションのマルチレベル分析-」、 企業研究所(中央大学)公開研究会、2016年4月28日、於:中央大学多摩キャンパス。
    9. 久保知一 (2016)、「チャネル交渉と制御焦点」、国際戦略経営研究学会 戦略経営・理論・実践研究会、2016年4月18日、於:中央大学後楽園キャンパス。
    10. 久保知一 (2016)、「小売の輪はどのように回転したのか?-小売業態イノベーションのマルチレベル分析-」、日本商業学会関西部会、2016年4月16日、於:大阪市立大学文化交流センター。
    11. Kubo, Tomokazu (2016), "Developmental Paths of Retail Formats in Japan," 企業研究所(中央大学)公開研究会、2016年4月7日、於:中央大学。
    12. Kubo, Tomokazu (2015), "Entry and Evolution of Retail Formats in Japan," 2015 International Conference of Asian Marketing Associations (ICAMA), Nov 1 2015 at Waseda University, Tokyo, Japan.
    13. 久保知一 (2015)、「小売の輪はどのように回転したのか?-小売業態イノベーションのマルチレベル分析-」、日本商業学会関東部会、2015年9月19日、於:慶應義塾大学。
    14. Kubo, Tomokazu (2015), "Developmental Paths of Retail Formats in Japan," 37th ISMS Marketing Science Conference (INFORMS Society for Marketing Science), June 18 2015 at Johns Hopkins University, Baltimore, USA.
    15. Kubo, Tomokazu (2015), "Retailing Format Innovation in Japan," CJEB VF seminar, January 27 2015 at Columbia Business School, New York, USA.
    16. Kubo, Tomokazu (2013), "Marketing Behavior, Organizational Capabilities, and Firm Performance," 10th Biennial Pacific Rim Conference, Western Economic Association International, March 16 2013 at Keio University, Tokyo, Japan.
    17. Shiroishi, Hidetoshi and Tomokazu Kubo (2012), "Allocating Decision Rights between Franchisor and Franchisee: Evidence from Japanese Firms," 2012 Global Marketing Conference at Seoul , Academy of Marketing Science / Korean Scholars Marketing Science / Japan Society of Marketing and Distribution / European Marketing Academy / International Textiles and Apparel Association / Australian & New Zealand Marketing Academy, Globalization and Marketing Performance, July 19-22 2012 at Seoul, Korea.
    18. 久保知一 (2012)、「卸売業者が作り出す顧客価値とその源泉」、日本商業学会関東部会、2012年3月17日、於:専修大学。
    19. Ono, Akinori and Tomokazu Kubo (2010), "Manufacturers' Intention to Extend the Relationships with Distributors," 日本商業学会第1回テーマ部会 『流通・チャネル』、2010年12月、於:京都大学。
    20. 丹沢安治・久保知一 (2010)、「不確実な新興国市場への製造業者の進出:中東市場への参入モード決定の論理に関するパイロット・スタディ」、第14回進化経済学会大阪大会、「産業・企業組織の進化」セッション、2010年3月27日、於:四天王寺大学。
    21. Kubo, Tomokazu (2009), "The Effect of Organizational Capability on Marketing Strategy Performance," 2009 AMS World Marketing Congress, Academy of Marketing Science, July 23 2009 at the Oslo School of Management, Campus Kristiania, Oslo, Norway.
    22. 久保知一 (2009)、「情報通信技術がもたらす流通取引固定化への 2 つの効果」、第59回日本商業学会全国大会、『流通・マーケティングとネットワーク・イノベーション』、2009年5月30日、於:関西大学。
    23. 久保知一 (2009)、「マス・カスタマイゼーションとコミュニケーション・チャネル構造」、第59回日本商業学会全国大会、『流通・マーケティングとネットワーク・イノベーション』、「テーマ:マーケティング・チャネル研究における取引コスト・アプローチの再検討」ワークショップ(オーガナイザー:崔容熏・久保知一)、2009年5月29日、於:関西大学。
    24. 久保知一 (2008)、「流通チャネルにおける卸売業者の買い手依存度」、第58回日本商業学会全国大会、『流通・マーケティング研究の発展方向を探る』、2008年6月1日、於:法政大学。
    25. Kubo, Tomokazu and Akinori Ono (2007), "Manufacturer's Intention to Extend the Relationship with Distributors," Relationship Marketing Summit: Time to Integrate Perspectives, AMA (American Marketing Association ) Relationship Marketing Special Interest Group / ICRM (International Colloquium on Relationship Marketing), December 15 2007 at University of Torcuato di Tella, Buenos Aires, Alzentina.
    26. Kubo, Tomokazu and Akinori Ono (2007), "Relational Contracting and Asset Specificity in Marketing Channel," The 2007 INFORMS Marketing Science Conference, INFORMS Society for Marketing Science, in Channel Contracts & Coordination session, June 29 2007 at Singapore Management University, Singapore.
    27. 久保知一 (2007)、「マス・カスタマイゼーションにおいて製品差別化の延期がもたらす諸問題-製造業者による戦略採用とカスタマイジング機能分担-」、第57回日本商業学会全国大会、『流通・マーケティングと市場主義の光と陰』、「延期-投機モデルの再検討」ワークショップ、2007年5月25日、於:甲南大学。
    28. 久保知一・小野晃典 (2006)、「製販関係の継続性の規定要因 ―関係特定的投資・長期志向・機会主義―」、日本商業学会関東部会、2006年11月25日、於:青山学院大学。
    29. Ono, Akinori, Tomokazu Kubo, and Seiji Endo (2006), "A Strategy for Supplying Mass Customized Products: Delayed Product Differentiation in Auto Dealership," The 8th Triennial Retailing Conference, Academy of Marketing Science / American Collegeate Retailing Association, Retailing 2006: Strategic Challenges in the New Millennium, November 4 2006 at Orlando, Florida, USA.
    30. Kubo, Tomokazu (2006), "Dynamic Transaction Cost in Manufacturer-Wholesaler Relationship," The 2006 Cultural Perspectives in Marketing Conference, Academy of Marketing Science / Korean Academy of Marketing Science, The Dynamic Nature of Cultural Perspectives in Marketing, July 14 2006 at Seoul, Korea.
    31. Ono, Akinori, Tomokazu Kubo, and Seiji Endo (2006), "Delayed Product Differentiation Strategy for Mass Customization," The 9th Biennial Education and Themes in Commercial Distribution Conference, European Association of Education and Research in Commercial Distribution, Social and Experiental Retailing, June 29 2006 at Brunel University, West London (Uxbridge, Middlesex), UK.
    32. 小野晃典・久保知一・遠藤誠二 (2006)、「企業の製品差別化延期戦略と消費者のマスカスタマイズ製品選択」、第56回日本商業学会全国大会、『消費者行動と流通・マーケティング』、2006年6月4日、於:横浜国立大学。
    33. 久保知一 (2005)、「組織能力に基づく日本企業のマーケティング戦略 ―取引費用・動的取引費用・市場志向―」、日本商業学会関東部会、2005年11月19日、於:拓殖大学。
    34. 久保知一 (2003)、「流通チャネルと取引関係 ―動的取引費用モデルによる卸売統合の実証分析―」、慶應義塾大学大学院商学研究科大学院高度化推進プロジェクト研究報告会、2003年6月7日、於:慶應義塾大学。
    35. 久保知一 (2003)、「流通チャネルと取引関係 ―動的取引費用モデルによる卸売統合の実証分析―」、第53回日本商業学会全国大会、『マーケティング・クリエイティブ』、2003年5月25日、於:中京大学。
    36. 久保知一 (2001)、「流通取引と需給調整 ―延期-投機モデルによる吟味―」、日本商業学会関東部会、2001年7月14日、於:立教大学。
    37. 久保知一 (2001)、「流通取引と需給調整 ―延期-投機モデルによる吟味―」、慶應義塾大学大学院商学研究科大学院高度化推進プロジェクト研究報告会、2001年6月16日、於:慶應義塾大学。
    38. Hou, Shig Kang, Tomokazu Kubo, and Takashi Hayakawa (2000)、Future Market Potential of Japanese Foods in Denmark、慶應義塾大学大学院商学研究科大学院高度化推進プロジェクト研究報告会、2000年6月10日、於:慶應義塾大学。
    39. 久保知一 (2000)、「流行財と広告情報 ―競争モデルへの買い手間外部性の導入―」、第50回日本商業学会、『流通・マーケティングの回顧と展望』、「マーケティングのニュー・ウェーブ」ワークショップ、2000年5月19日、於:明治大学。

著書

    1. 渡辺達朗・久保知一・原頼利編 (2011)、『流通チャネル論:新制度派アプローチによる新展開』、有斐閣(11月)。
    2. 尾上伊知郎・恩蔵直人・三浦俊彦・芳賀康浩編 (2010)、『ベーシック・マーケティング』、同文舘出版(9月)。第10章「チャネル戦略」を執筆。
    3. 住谷宏編 (2008)、『流通論の基礎』、中央経済社(3月)。第9章「流通情報の基礎」を執筆。
    4. 宣伝会議編 (2006)、『マーケティング・コミュニケーション大辞典』、宣伝会議(5月)。チャネル論に関する項目を執筆。

訳書

    1. Farris, Paul W., Neil T. Bendle, Phillip E. Pfeifer, and David J. Reibstein (2010), Marketing Metrics, 2nd edition --The Definitive Guide to Measuring Marketing Performance, Wharton School Publishing, Upper Saddle River, NJ, 小野晃典・久保知一監訳 (2011)、『マーケティング・メトリクス ―マーケティング成果の測定方法―』、ピアソンエデュケーション・ジャパン (7月)。
    2. Douma, Sytse and Hein Schreuder (2002), Economic Approaches to Organizations, 3rd edition, Prentice-Haill, 丹沢安治・岡田和秀・渡部直樹・菊澤研宗・石川伊吹・久保知一・北島啓嗣訳 (2007)、『組織の経済学入門(第3版)』、文眞堂 (9月)。

学会発表司会・コメンテータ

    1. 北島 啓嗣 先生(福井県立大学 経済学部 准教授)「ショッピングセンター(SC)の構造分析」日本商業学会関東部会、2012年3月17日、於:専修大学。
    2. 榊原 健郎 先生(ライオン(株)執行役員)「チ ャネル戦略に係る一考察」日本商業学会関東部会3月研究会、2011年4月16日、於:学習院大学。注:震災のため、4月に延期。
    3. 第59回日本商業学会全国大会、『流通・マーケティングとネットワーク・イノベーション』、「テーマ:マーケティング・チャネル研究における取引コスト・アプローチの再検討」ワークショップ(オーガナイザー:崔容熏・久保知一)、2009年5月29日、於:関西大学。
    4. The 2010 Global Marketing Conference, Korean Academy of Marketing Science/Society for Marketing Advances (September 10 2010) at Tokyo, in Customer Relationship Management & Marketing Channel Session.
    5. 渡辺 達朗 先生(専修大学 商学部 教授)「流通システムのアーキテクチャ転換と卸売業の対応戦略 ―大規模小売業向け“機能強化”の取り組みを中心に―」日本商業学会関東部会7月研究会、2008年7月26日、於:明治大学。
    6. 結城 祥 先生(慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程2年)「マーケティング・チャネルにおける流通活動の調整モード ―環境不確実性と組織情報処理能力の観点から―」日本商業学会関東部会7月研究会、2007年7月21日、於:明治大学。

競争的研究資金

    1. 平成30年4月 文部科学省科学研究費補助金 第8回 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化) 研究課題「流通チャネルにおける垂直的関係と制御焦点に関する日米比較の実験研究」課題番号:16KK0085 研究代表者(~平成33年3月)
    2. 平成29年4月 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C) 研究課題「流通チャネルにおける取引関係の開始に関する実験研究」課題番号:17K04005 研究代表者(~平成32年3月)
    3. 平成27年4月 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究B) 研究課題「マーケティング・チャネルの価値創出と価値専有メカニズムに関する理論的・実証的研究」課題番号:15H03396 研究分担者(研究代表者:崔容熏先生)(~平成30年3月)
    4. 平成26年4月 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C) 研究課題「流通チャネルにおける垂直的関係とフレーミングに関する実験研究」課題番号:26380574 研究代表者(~平成29年3月)
    5. 平成24年4月 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C) 研究課題「流通チャネルの企業間関係における「協調と対立」及び「統合と分離」 」課題番号:24530539 研究分担者(研究代表者:崔容熏先生)(~平成27年3月)
    6. 平成23年4月 文部科学省科学研究費補助金(若手研究B) 研究課題「小売業態イノベーションにおける小売サービスと組織能力の研究」課題番号:23730410 研究代表者(~平成27年3月)
    7. 平成23年4月 中央大学特定課題研究費 研究課題「小売業態進化と破壊的技術の理論的・実証的研究」研究代表者(~平成25年3月)
    8. 平成21年4月 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C) 研究課題「産業クラスター・産業集積におけるイノベーションミックスの探究」課題番号:21530408 研究分担者(研究代表者:丹沢安治先生)(~平成24年3月)
    9. 平成20年8月 慶應義塾大学大学院経済学研究科・商学研究科/京都大学経済研究所連携グローバルCOEプログラム 「市場の高質化と市場インフラの総合的設計」 経営・会計班 学外研究協力者(~平成25年3月)
    10. 平成20年4月 文部科学省科学研究費補助金(若手研究B) 研究課題「我が国の卸売流通システムの変革に関するミクロ的研究」課題番号:20730279 研究代表者(~平成23年3月)
    11. 平成19年4月 第41次吉田秀雄記念財団助成研究 研究課題「マス・カスタマイゼーション戦略の興隆とマーケティング・コミュニケーションの変化」研究分担者(研究代表者:小野晃典先生)(~平成20年3月)
    12. 平成17年4月 文部科学省科学研究費補助金(若手研究B) 研究課題「流通チャネル構造変化に組織能力と動的取引費用が及ぼす効果の理論的・実証的研究」課題番号:17730259 研究代表者(~平成20年3月)
    13. 平成15年7月 慶應義塾大学大学院経済学研究科・商学研究科連携21世紀COEプログラム 「市場の質に関する理論形成とパネル実証分析-構造的経済政策の構築に向けて-」経営・会計班 学外研究協力者(~平成20年7月)
    14. 平成10年4月 第32次吉田秀雄記念財団助成研究 研究課題「留保価格と広告情報-競争モデルへの買い手間外部性の組込み-」研究代表者(~平成11年3月)

論文査読

    1. 『流通研究』(日本商業学会)
    2. 『消費者行動研究』(日本消費者行動研究学会)
    3. 『流通情報』(流通経済研究所)
    4. The 2010 Global Marketing Conference, Korean Academy of Marketing Science/Society for Marketing Advances
    5. The 2006 Cultural Perspectives in Marketing Conference, Academy of Marketing Science / Korean Academy of Marketing Science, The Dynamic Nature of Cultural Perspectives in Marketing, (July 14 2006) at Seoul, Korea.
    6. 『市場創造研究』(日本市場創造研究会)