銘菓 吉野拾遺の由来
 
 延元元年十二月二十一日の夜、後醍醐天皇は足利尊氏に幽閉されていた京都花山院を脱出、吉野の賀名生に遷幸され給うや、吉野山金峰山寺の執行、吉水院宗信法印は賀名生にはせ参じて、天皇をお迎え申し上げた。
吉水院の御座所で下を流れる谷川のせせらぎを聞こしめされての御製

花にねてよしや吉野の吉水のまくらの下に石走る音

まことに美しい、しかし心を刺すような深い哀愁のまつわる御歌である。ここに吉野朝六十年の悲史はその第一ページを開いた。宗信法印は吉野随一の傑僧で、天皇の信任も厚く、延元四年八月十六日天皇崩御に際し、動揺する側近の人々を励まし『身不肖なりと誰も、宗信かくて候わん程は、当山に於て何の畏怖か候べき』と、吉野山僧の忠節を吐露し、士気を鼓舞したと言う。
吉野拾遺(よしのしゅうい)は後醍醐天皇の吉野御遷幸より、後村上天皇の正平十三年まで、二十三年間の南朝の事蹟を集録した古書で、当田螺庵には昭和九年の写本『吉野拾遺(よしのしゅうい)』三巻を収蔵している。

いま松屋、田螺庵主はこの吉野本葛をもって葛菓子『吉野葛湯』を創製し『吉野拾遺』と銘づけ発売いたしました。
葛を主体とした菓子で、栄養に富み、まことに風雅な味で、老人、子供には特によろこばれる栄養菓子であります。
名産吉野葛と共に、葛湯「吉野拾遺」は大和随一の名産として郷土のおみやげ、御病人の御見舞いに御贈答品として最適で御座います。何卒御高需を賜わり度御願い申し上げます。