第41回東海ファジィ研究会(蒲研2016)開催案内

日本知能情報ファジィ学会東海支部の恒例行事「東海ファジィ研究会」を下記要領にて開催します。会場を蒲郡と日間賀島に固定して定着をはかった企画も、41回目を迎えます。本研究会は、先生方と学生の発表が混在する気楽な1泊研究会です。研究会では、ソフトコンピューティングに関する演題を広く募集いたしております。参加者のみなさまと活発な議論ができることを楽しみにしております。

 多数のみなさまのご参加をお待ちしております。
東海ファジィ研究会幹事      
吉川大弘(名古屋大学)     
吉川雅弥(名城大学)     
Felix Jimenez(名古屋大学)     
  • 主催
    日本知能情報ファジィ学会東海支部
  • 共催
    日本経営システム学会(JAMS)中部支部
  • 協賛
日本知能情報ファジィ学会各支部・各研究会
日本経営工学会中部支部
日本OR学会中部支部
教育システム情報学会東海支部
コンピュータ応用技術協
IEEE Nagoya Section
  • 日時
    2016年 8月1日(月)、8月2日(火)
     1日は終日、2日は午前を予定しております。
     詳細については、参加申し込み締め切り後にアナウンスいたします。
  • 会場・懇親会
    会場:生命の海科学館 メディアホール
    〒443-0034 愛知県蒲郡市港町17-17
       TEL 0533-66-1717 
       URL: http://www.city.gamagori.lg.jp/site/kagakukan/
    懇親会:サンヒルズ三河湾
       URL http://www.sunhills-m.com/
       〒443-0102 愛知県蒲郡市三谷町南山1-76
       TEL: 0533-68-4696
  • 行事内容(予定)
    1日終日: 一般講演
    1日夕方: 懇親会
    2日午前: 特別講演, 一般講演
  • 特別講演
   題 名:    人間の生活を支援するロボット技術 -センシングから制御まで-
   講演者:  舟洞 佑記 先生 (名古屋大学 大学院 工学研究科 電子情報システム専攻 助教)
   概 要 
   人間の生活を支援するロボットに必要な技術を,制御システムという観点で紹介する.
   センサやアクチュエータの小型化・低価格化により,ロボットには多数のセンサ・アク
   チュエータが搭載可能になった.人間の生活を支援するロボットの制御システムでは,
   多数のセンシング情報から物理量(状態変数)を推定する問題や,多次元のセンシン
   グ情報から多軸のアクチュエータの制御指令を決定する問題が発生する.前者の問題
   について,移動ロボットの自己位置を物理量とし,多数のセンシング情報からロバストな
   自己位置推定を実現するアプローチを紹介する.後者の問題について,多軸のアシスト
   ロボットを接触圧力分布情報から制御するアプローチを紹介する.
   講演論文
  • 発表者には、書式や必要部数等詳細な情報を「プログラム送付時」 にご連絡いたします。講演論文集は当日会場で行う簡易製本版と、SNS公開版の2種類となります。当日は簡易製本用(両面印刷,参加人数分)および、公開用の電子データ(pdf)を必ずご持参下さい。SNS公開用の原稿は、アブストラクトのみ・原稿全文のいずれかとなります。ご希望に合わせてご準備ください。なお、本研究会に投稿される原稿の著作権は、原則として、日本知能情報ファジィ学会に帰属します。
  • 参加費
    一般 4000円  学生 2000円です。
  • 懇親会について
    東海ファジィ研究会では、研究会での討論を活発にするため、懇親会後も研究討論会の時間をもうけております。
    宿泊して頂くことを前提にしておりますのでご理解をお願い致します。なお、宿泊は懇親会会場のホテルをお勧めします。宿泊に関する情報は後ほど参加者の皆様にメールにてお伝えします。
  • 発表・参加申込み
    2016 7月8日(金)までに、研究会ホームページよりオンライン登録をお願いいたします。
    申込みはホームページ左側の「発表・参加登録」メニューより登録が可能です。
    オンライン登録ができない方は、お手数ですが研究会幹事 ( tokai-fuzzy-conf[at]googlegroups[dot]comまで以下の情報を記し、
    電子メールにてお送りください。
  ・参加者名(学生の場合、その旨明記願います)
  ・参加者の性別
  ・懇親会の参加:有無(宿泊 or 日帰り)
  ・発表の有無(発表者 or 参加のみ)
  ・所属
  ・連絡先住所
  ・電話番号・FAX番号
  ・Email アドレス
  以下は、発表者のみ必要です。
  ・題目
  ・全著者名
  ・キーワード(最大5個程度)
  • その他
    宿泊のキャンセルにつきましては、宿泊先のキャンセルポリシーに従います。