Home

TohokuCraftはhttp://tohokucraft.tumblr.com/に移転して情報を更新しています。


2011年3月11日、東北地方を中心に起きたM9の地震とそれに続く大津波により、
多くの人の貴い生命と生活が、一瞬にして奪われました。
震災から2ヶ月以上過ぎてもなお10万以上の人々が、学校や公民館などの避難所で、
救援物資を頼りにした生活を余儀なくされています。
2ヶ月がたち、物資の普及はだいぶ進み、復興の兆しも少しずつ見え始めています。
しかし長引く避難所生活の中で、まだ大勢の方々が、自分でなにかをつくる機会も気力も失ったまま、
止まった時間を過ごしています。

そこで、アートや建築デザインなど、ものづくりに携わる有志が集まって、
避難所の方たちのもとに講師のクリエーターと伺い、
被災された方々といっしょにニットや枕などの日用品をつくる、手づくりの会を開催しています。
決まったデザインではなく、自分の好みや必要に応じたものをみんなで集まってつくります。
自分のために、あるいは誰かのために、手を動かしてなにかをつくることで、
心を安らげて生きる力を取り戻していく、その小さなお手伝いができればと思っています。
私たちがこれまでの仕事の中で培ってきたネットワークやアイデアが、
被災者の方々に少しでもお役に立てればと考えています。
(2011.5.15)

<姉妹プロジェクト>

間仕切りプロジェクト


<東京での活動>

ハラマキワークショップ


助成:企業メセナ協議会GBFund
協力:東北大学農学研究科付属複合生態フィールド教育研究センター