総合対策(2)


●新TOEIC攻略法●730突破を目指すなら総合対策本『新・最強のTOEICテスト730突破』


お勧めの新TOEIC問題集、新TOEIC参考書、新TOEIC攻略法、新TOEIC勉強方法を紹介中。


ハイスコアへの第一歩となる730点をクリアするための攻略本。
      ↓
●●● 『新・最強のTOEICテスト730突破』 ●●●
      ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490209164X/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
      ↓
http://tinyurl.com/lyusde5


中級レベルでつまずく「50のポイント」を上げ、例題に沿いながら「見てすぐポイントがわかる」ように構成しています。

■50の攻略ポイントをズバリ提示■

「人物写真は進行形の受け身がカギ」「AかBかを選ばない選択疑問文のワナ」「時制問題を安易に『捨て問』にしてはいけない」「迷ったらwhichは卒業しよう」のように、ハイスコア獲得のキーポイント50を提示します。


この本のコンセプトは「こういう問題でつまづいていませんか?」というものです。

TOEICテストには中級レベルと上級レベルを分ける"難問"というのが存在しています。

高得点を狙う多くの人はこういう問題で実はつまづいているのです。

本書では上級者への登竜門であるこの"難問"を全パートに渡りズバリ明快に指摘しています。

TOEIC受験者の大多数は、あるレベルからスコアがなかなか伸びずに停滞してしまう傾向にあります。

特に600点~730点あたりで、一つの大きな壁にぶち当たります。

そういう人を見ていると、一生懸命単語を覚えたり、何度も問題集や模試をやってみるものの、いま一つ自分でもその原因がよくわからず途方に暮れているようです。

確かにそれらは無駄ではありませんが、"難問"に対する対処法を身につけることもこのレベルの人にとってはものすごく大切なのです。

本書はまさにこういった悩みを解消してくれる1冊です。

見やすさ、わかりやすさにもこだわっていて、ポイントが視覚的にとらえられるように工夫されています。




TOEICの落とし穴や攻略ポイントを習得できる良本です。

具体的に、Chapter1ではどういう表現が頻出して、そのどこに気をつけるか、

しっかりと書いてあります。

また、私も5月に受験してきましたが、そのポイントは的中しました。

しかし、それらのポイントは、テストだけのテクニックではなく、日本語であれば、感覚的にできてしまっていて気がつかないもの、つまり、会話や読解においても必要なものだと思いますので、英語が苦手な方(多少の実力は必要)でも上達のきっかけになりえる本だと思います。

ただ、実際にTOEICで高得点を狙うには、1問1問に対するスピードが要求されます。

この本はあくまでもポイント攻略集でして、模擬試験集ではありません。

この本の後、模擬試験集にチャレンジしてみて下さい。

恐らく、一段階上の得点をGETするはずです。



●●● 『新・最強のTOEICテスト730突破』 ●●●
      ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490209164X/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
      ↓
http://tinyurl.com/lyusde5






●新TOEIC攻略法●最初の総合対策本『新テスト対応!!これだけ!TOEICテスト総合対策初めて~650点』

とりあえず、1冊もTOEIC対策本を持っていない650点未満の方に超お勧めの本がこれ。
      ↓
●●● 新テスト対応!! これだけ! TOEICテスト総合対策初めて~650点 ●●●
      ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/486063151X/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
      ↓
http://tinyurl.com/ovb6foy


本書は2005年12月にETS(TOEICの問題を作成している機関)から出版された公式問題集に掲載されている、2セットのテスト問題の傾向を分析して問題を作成しました。

問題の種類を分類し、系統的に新TOEICテスト受験に必要な力が身につけられるように工夫してあります。



(使用者の声)

TOEICを受けるのは初めてでしたが、この本で傾向と対策をばっちりつかむことができました。

初心者は、英語力だけでなく、この本に書かれているような解答のコツをしっかり実行することで、50点~100点ぐらいはスコアアップできると思います(わからない問題は、適当にマークして、時間をかければ解けるパート7に時間をとっておく、など)。

初めてで650点レベルを目指す方は、この本プラスTOEIC用単語本を1冊終わらせれば完璧だと思います。

私は、「新TOEICテストコーパス英単語」をやりました。680点ぐらいを目指していましたが、720点取れました。




TOIECに初めて挑戦する人に、絶対おすすめです。

数あるテキスト本の中から「これだけ!」という題名にひかれて買いました。

内容に無駄が全くなく、傾向や解くためのヒントなど、とてもうまくまとまっています。

ちなみに私は英語から20年近く離れていましたが、この本を着実に1度通してやっただけで635点とれました。

2回やればもっととれたはずです。





この本は超お奨めの本です。

先日5月の新テストの結果が返ってきましたが、610点取れました。

テストまで2週間しかなかったのですが、本書を1回ざっと通して受験したところ600点突破できたのです。

ほとんどの問題集は、問題とその解答解説のみというのが多いですが、この本は傾向を丁寧に分析してあり、時間配分やリスニングのひっかけ問題などについても説明があり、とても実践的な本でした。

特に文法の品詞の問題については、本書の説明を読んで理解することができ、苦手だった文法の問題に正解が出せるようになりました。




勉強するぞーと意気込んで買った物の1か月はほったらかしでした(苦笑)

いよいよ試験も近づいてきて慌てて開いて、もっと前からしておけば良かったと後悔しています。

内容もとても分かり易いですし文字も大きくて読みやすいです。

どんどん進んでいけるので充実感もあります。ただ、ある程度文法の基礎を理解されている方むけだと思います。

思い出せる程度の解説なので英語はちんぷかんぷん、という方には向かないような気がします。

現在の力が500点前後の方向けではないでしょうか。



●●● 新テスト対応!! これだけ! TOEICテスト総合対策初めて~650点 ●●●
      ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/486063151X/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
      ↓
http://tinyurl.com/ovb6foy


Comments