ホームページ移転のお知らせ

日本時間学会のホームページをこちらに移転いたしました。

下記の記事はアーカイブとして、しばらくの間、公開を続けます。



第6回大会案内
 
日本時間学会第6回大会は、下記の通り開催されます。
発表の申し込みにつきましては、左記メニュー「発表申込」をご覧ください。
皆様の積極的な参加をお待ちしております。

〒835 -0018 福岡県みやま市瀬高町高柳960番地4

6/7(土)10:30  大会開始 自由報告
     12:00  理事会
     14:00   シンポジウム(開場13:00)
     18:30   情報交流会
6/8(日)10:30 総会
     13:00 自由報告

時間学公開学術シンポジウム

◆体内時計の効果的な活用は可能か-学習・スポーツ・仕事への生かし方-◆

 快適な睡眠や心の健康などと、とても関係が深い体内時計。本シンポジウムでは私たちの体に体内時計が備わっていることを上手に利用することで、仕事・学習・スポーツ等において効率や能力の改善が可能であるかを探ってみたいと思います。

日時:平成26年6月7日(土)14:00~18:00(開場13:00)

場所:保健医療経営大学(福岡県みやま市瀬高町高柳960番地4)

講演:
 『体内時計の効率的活用は可能か』   
  明石 真 (山口大学時間学研究所・教授)

 『体内時計が記憶・学習に与える影響』    
  栗山 健一(国立精神神経医療研究センター精神保健研究所・室長)

 『体内時計と心の時間』    
  小野 史典(山口大学教育学部・講師)

 『体内時計とスポーツ』    
  内田 直 (早稲田大学スポーツ科学学術院・教授)

 『安全で健康に働くために体内時計を大事にする』    
  高橋 正也(労働安全衛生研究所作業条件適応研究グループ・上席研究員)

 『体内時計を考慮した生活習慣マネジメント』
  小山 恵美(京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科デザイン経営工学部門・教授)

※講演の後にパネルディスカッションを予定しております。日頃疑問に感じていることを是非この機会にご質問下さい※

主催:山口大学時間学研究所
共催:日本時間学会
後援:みやま市

定員250名 参加無料 事前申込不要
皆さまのご来場を心よりお待ちしています。



第5回大会報告
 

 日本時間学会第5回大会は、下記の通り開催されました。大会、シンポジウムともに、盛会のうちに終了いたしました。同時開催のシンポジウムの詳細は、時間学研究所ホームページをご覧ください。(大会プログラムにつきましては、「大会資料」のページにて2013年度分のPDFをご覧ください)

 

日時:2013(平成25)年68日(土)・9日(日)

場所:山口大学 吉田キャンパス 大学会館

    〒753-8511 山口県山口市吉田1677-1

交通アクセス http://www.yamaguchi-u.ac.jp/info/13/612.html

          6/8 (土) AM自由報告 PM学術公開シンポジウム 懇親会

          6/9 (日) AM総会 PM自由報告

 



情報処理学会中国支部イブニングセミナー

情報処理学会中国支部によるイブニングセミナーが開催されます。
(日本時間学会後援)

「身近な最先端をあなたに-錯覚学・時間哲学と情報処理-」

日時:平成24 年12 月13 日( 木) 16:00 ~ 18:00(受付開始15:40 ~) 
場所:広島市・まちづくり市民交流プラザ・研修室B(広島市中区袋町6 番36 号)
対象:一般市民、学生(大学生・高校生) 参加費:無料
 

第4回大会報告

日本時間学会第4回大会は、下記の通り開催されました。関東地区での初の開催でしたが、盛況のうちに終えることができました。一般発表をふくむ大会スケジュールはこちらをご覧ください。

日時:2012(平成24)年6月9日(土)・10日(日)
場所:立教大学 池袋キャンパス

  〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
  大会委員長:石川巧 教授(立教大学文学部文学科)
 6/9 (土) 自由報告 シンポジウム(下記) 懇親会
 6/10(日) 総会(予定) 自由報告

同時開催: シンポジウム「映像・映画・身体と、時間」
2012年6月9日(土)午後2時より、立教大学池袋キャンパス(同上)にてシンポジウムを開催しました。山口大学時間学研究所との共催による一般公開シンポジウムです(予約不要・無料)。

「時間という破局的問い」
 宇野邦一 教授(立教大学 現代心理学部映像身体学科)
「ヒトが共有する「暗黙のものの見方」:瞬目と視線パターン研究より」
 中野珠実 助教(大阪大学 生命機能研究科)
「こころで感じる動き」
 日高聡太 准教授(立教大学 現代心理学部心理学科)
 コーディネーター:青山拓央 准教授(山口大学時間学研究所)


国際シンポジウム「東アジアの最先端天文学」


東アジア四ヶ国にて進められている最前線の天文学研究につきまして、時間学の観点から、下記の国際シンポジウムが開催されます(日本時間学会共催)。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

12 月17 日(土)13:00 ~ 16:00
山口大学 吉田キャンパス経済学部第2大講義室
(約200人収容)入場無料

駐車場利用可(無料)

「山口の天文学から東アジアの天文学へ」
  藤澤健太 ( 時間学研究所教授)
"Chinese VLBI Network and some other related activities"
(中国のVLBI 観測網と関連する様々な研究)
  Shen Zhiqiang ( 上海天文台 教授)
"The Korean VLBI Network and Collaboration in East Asia"
(韓国のVLBI 観測網と東アジアの共同研究)
  Cho Sehyung (韓国天文研究院 教授)
「台湾の電波天文学とブラックホールの研究」
  井上 允 (台湾中央研究院 教授)


情報処理学会中国支部イブニングセミナー


情報処理学会中国支部によるイブニングセミナーが開催されます。
(日本時間学会後援)
「身近な最先端をあなたに-躍動する樟脳船・計算知能による健康診断-」

日時 :平成23年12月2日(金) 16:30~18:00
場所:山口大学共通教育棟12番教室(山口市吉田1677-1)


第3回大会報告


第3回大会および公開シンポジウム・特別講演は、下記の日程で開催されました。たくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。一般発表をふくむ大会スケジュールはこちらをご覧ください。 

日時:2011年6月11日(土)- 12日(日)
場所:山口大学吉田キャンパス
    〒753-8511  山口市吉田1677-1

同時開催:  時間学公開学術シンポジウム
「時間体験の基礎―心理学,哲学,生物学からのアプローチ」
6月11日(土)1:30PMより
「時間の体験についての実験心理学による解明」 一川 誠 (千葉大学文学部准教授・実験心理学)
「時間の非対称性と価値や幸福の問題」 柏端 達也(千葉大学文学部准教授・哲学)
「ゾウの時間、ネズミの時間から、ハエの時間まで」 粂 和彦(熊本大学発生医学研究所准教授・時間生物学)

同時開催:  特別講演
6月11日(土)4:30PMより
「非線形科学と時間」
蔵本 由紀 (京都大学名誉教授)


「時間学」のすすめ:山口大学イブニングセミナー in 福岡


下記の日程とプログラムで、イブニングセミナー in 福岡を開催いたしました。
日本時間学会は共催として参加しています。

日時 : 平成23年1月27日(木)16:00 ~ 19:00
場所 : 山口大学大学院技術経営研究科 福岡教室
(福岡市博多区博多駅東2-4-17第6岡部ビル7 階)


演題1:「時間学という学問の可能性」
 辻 正二(山口大学時間学研究所 所長)
演題2:「時間と速度感の感性心理学
    -時間の知覚・印象・表現」
 三浦 佳世(九州大学人間環境学研究院人間科学部門 教授)


第2回大会報告


日本時間学会第2回大会は下記の日程で開催されました。たくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。同時開催の公開学術シンポジウム(詳細下記)にも130名ほどのご参加があり、フロアから多数のご質問を受けることができました。また6日午前には、甲斐昌一九州大学大学院工学研究院教授による特別講演『時間リズムと物理学』も開催されました。一般発表をふくむ大会スケジュールはこちらをご覧ください。

日時:2010(平成22)年6月5日(土)・6日(日)
場所:山口大学人文学部

  6/5(土) AM:自由報告 PM:学術公開シンポジウム,懇親会
  6/6(日) AM:総会,特別講演(11:00-12:00) PM:自由報告

同時開催:  時間学公開学術シンポジウム「死と時間」
生物学、社会学、哲学の分野より講師をお招きし、講演とパネルディスカッションを行ないました。成長・老化を経て死に至るプロセス、社会的時間のなかでの死、死者という存在の時間的位置づけ、こうした複合的観点から死と時間についてご講演頂きました。

日時:2010年6月5日(土)14:00~17:30
場所:山口大学人文学部大講義室
予約不要・無料


コーディネーター:
青山拓央(山口大学時間学研究所准教授・哲学)
講演者:
井上愼一(山口大学時間学研究所元所長・時間生物学)
 ・「死」の生物学
中筋由紀子(愛知教育大学教育学部准教授・社会学)
 ・記憶と親密圏
鈴木生郎(慶応義塾先導研究センター研究員・哲学)
 ・死と時間の形而上学


国際シンポジウム「東アジアの暦と近代化」


下記の日程で「時間学国際シンポジウム~東アジアの暦と近代化」が開催されました。「暦」にスポットをあてた、東アジア四カ国の研究者によるシンポジウムです。日本時間学会は共催として参加しています。

日時:2009年11月21日(土)午後1時から
場所:山口大学会館(吉田キャンパス) 入場無料

講演:
辻 正二 山口大学時間学研究所長
  「近代社会と時間:いまなぜ東アジアの暦か?」
シンポジウム:
〈日本〉中村 士 帝京平成大学現代ライフ学部教授
  「1820年代~幕末期の機械時計使用と時刻制度」
〈中国〉張 聞玉 貴州大学教授
  「四分術の推算と応用」
〈台湾〉陳 瑞貴 淡江大学未来学研究所長
  「今、テクノロジーが動態の時間意識を構築している~ひとつの未来への探索」
〈韓国〉崔 吉城 東亜大学人間社会学部教授
  「韓国における聖なる時間の世俗化」


第1回大会報告


・平成21年6月13日・14日の両日にわたり、日本時間学会第1回大会が行われました。たくさんの方々にご来場頂き、盛会のうちに終了することができました。一般発表をふくむ大会スケジュールはこちらをご覧ください。 

同時開催:  「日本時間学会」設立記念学術シンポジウム
日時:2009年6月13日(土)13:30~
場所:山口大学 大学会館

同時開催: 特別講演
山口大学名誉教授 千葉喜彦先生 (日本時間生物学会 初代会長)
「山口における時間生物学」

同時開催: シンポジウム「時間学を現代に問う」~心理学・気象学・哲学の世界から~
  コーディネーター:植村恒一郎(群馬県立女子大・哲学)
  シンポジスト:①一川 誠(千葉大学・実験心理学)
   「体験される時間の特性について」
  ② 青野靖之(大阪府立大院・気象学)
   「史料中のサクラの開花記録を用いた京都の春期気温の気候復元」
  ③ 青山拓央(山口大学時間学研究所・哲学)
   「アキレスと亀:「速さ」とは何か」

・大会に参加された皆様より、大会参加費(プログラム・発表要旨集込み)として1,000円を徴収いたしました。
・大会のプログラム・発表要旨集(会員発表および設立記念公開学術シンポジウムの要旨集)を、1,000円にて販売しております。購入をご希望の方は、日本時間学会事務局までメール等にてお問い合わせください。