1. About this Book この本について

This book is a tutorial-style introduction to programming for practicing historians. We assume that you're starting out with no prior programming experience and only a basic understanding of computers. More experience, of course, won't hurt. Once you know how to program, you will find it relatively easy to learn new programming languages and techniques, and to apply what you know in unfamiliar situations. In order to get you to that point we've adopted the following strategy.
本書は、現役の歴史研究者のために書かれた、チュートリアル式のプログラミングの入門書である。本書を読むのに、事前に何らかのプログラミングの経験があることは前提としていないし、コンピュータについても基本的な理解があればよい。もちろん、それ以上の経験があっても問題はない。いったんプログラミングのしかたを身につければ、別の新しいプログラミング言語やテクニックを学んだり、不慣れな状況において自分の知識を活かそうとしたりすることが比較的簡単になるだろうと思う。読者をそこにたどり着かせるために、我々は次の戦略を採用した。
  • You should be able to put what you learn to work in your research immediately. We think that many beginning programmers lose patience because they can't see why they're learning what they're learning.
  • 読者は、学んだことをすぐに自分の研究で活用できるようになるべきである。多くのプログラミングの初心者は、今学んでいることをなぜ学んでいるのかがわからないため、忍耐が続かないのだと思う。
  • Digital history requires working with sources on the web. This means that you're going to be spending most of your research time working in a browser, so you should be able to put your programming skills to work there.
  • ディジタル歴史学では、ウェブ上の史料を使う必要がある。つまり読者は、研究時間の多くをブラウザ上での作業に費やすことになり、必然的に身につけたプログラミングスキルもブラウザ上で使えるようになるべきである。
  • You will have to be somewhat polyglot. Individual programming languages can be beautiful objects in their own right, and each embodies a different way of looking at the world. In order to become a good programmer, you will eventually have to master the intricacies of one or more particular languages. When you're first getting started, however, you need something more like a pidgin.
  • 読者は、複数の言語に通じなければならない。個々のプログラミング言語はそれ自体が美的な対象となり得るものであり、それぞれ異なった世界の見方を体現している。よいプログラマになるためには、最終的に1つ以上の言語が持つ複雑さをマスターしなければならない。しかし、学習を始めるときには、ピジン的なものが必要とされる。
  • Open source and open access are both good things. We're providing open access to this book. As we develop it, we'll be searching for ways to best incorporate the peer review and continual improvement that characterize open source projects. We also build our work on top of other open source projects, particularly Python, Firefox, Zotero and the Simile tools.
  • オープンソースとオープンアクセスは、どちらもよいことである。本書もオープンアクセスにしている。これを開発する際には、オープンソースの特徴であるピアレビューと継続的な改善をもっともよく取り込むことが出来る方法を探すことになるだろう。また、我々が作ったものも、Python、Firefox、Zotero、SIMILEをはじめとする他のオープンソースのプロジェクトの頂きの上に作られたものである。
We both do archival work, write monographs and journal articles, and teach undergraduate and graduate courses in history. Our backgrounds are a bit different: although we're the same age, one of us has been programming for about 30 years (WJT) whereas the other started on 1 January 2008 (AM). We share the conviction, however, that digital history represents the future of our discipline.
著者は二人ともアーカイブの仕事をしており、研究論文や学術雑誌の記事を書いたり、学部生や大学院生に歴史を教えたりしている。二人は同い年だが、片方(William J. Turkel)が30年ほどプログラミングをしてきたのに対して、もう片方(Alan MacEachern)は2008年1月1日にプログラミングを始めた、という具合にバックボーンが少しばかり異なる。しかし、二人とも、ディジタル歴史学が我々の研究分野の未来を描くものであると確信している。

To some extent, this book is an extended conversation about the degree to which future historians will need to be able to program in order to do their jobs. We also hope, of course, that if you work through the book you'll learn techniques that make you a better historian.
本書は、未来の歴史研究者が仕事をする際にどの程度プログラムをしなければならなくなるのか、という議論の延長線上にあるものである。もちろん、本書を通じて読者がよりよい歴史研究者になるためのテクニックを学んでくれることも望んでいる。