Ubuntu 12.10‎ > ‎

Network

有線LAN・DHCP環境で、minimal CDからubuntu 12.10をインストールすると、特にネットワーク設定に気を使うこともなく済んでしまいます。

ネットワーク設定が記述されている/etc/network/interfacesファイルを見ると、

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet dhcp

となっていて、eth0で表されるネットワークインターフェイスを通して、DHCPでネットワーク情報を自動取得していることが分かります。

ubuntu 12.10は、起動時にこの記述に従って、ネットワーク接続を確立しています。

ちなみに、この機能はifupdownパッケージによって実現されています。

/etc/network/interfacesファイルの記述内容は実に多様で、ここに様々なネットワーク設定をすることが可能になっています。

例えば、ネットワーク設定を静的にしたければ、

auto eth0
iface eth0 inet static
adress           IPアドレス
netmask          サブネットマスク
gateway          ゲートウェイ
dns-nameservers DNSサーバ

とします。

尚、DNSサーバの記述は、/etc/resolv.confファイルに、DNSサーバのアドレスを反映させるresolvconfパッケージで実現されています。

また、wpasupplicantパッケージを追加することで、WPA2-PKS(AES)方式・ステルスESSIDでの無線ネットワーク設定も以下の様に可能です。

auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-scan-ssid 1                   ←0 or 1(ステルスESSID)
wpa-proto     RSN                 ←WPA or RSN(WPA2)
wpa-pairwise  CCMP                ←TKIP or CCMP(AES)
wpa-group     CCMP                ←TKIP or CCMP(AES)
wpa-key-mgmt  WPA-PSK             ←WPA-EAP or WPA-PSK(pre-shared-key)
wpa-ssid      ネットワーク識別子
wpa-psk       パスフレーズ

直接記述するマネージモードに対して、WPAに関する設定を、/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイルに記述して、/etc/network/interfacesファイル内で読み込むことも可能です。

#/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイル

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
network={
        scan_ssid=1
        proto=RSN
        pairwise=CCMP
        group=CCMP
        key_mgmt=WPA-PSK
        ssid="ネットワーク識別子"
        psk="パスフレーズ"
}

-----

#/etc/network/interfaceファイル

auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

パスフレーズは平文で記述するより、ESSIDと絡めて16進数化した方が良さそうです。

$ wpa_passphrase essid passphrase
network={
        ssid="essid"
        #psk="passphrase"
        psk=85549a1b5442e3fe7841e89ec8efb4620798a7d6b0e6422a2e5fe8790525663d
}

それから、/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイルや/etc/network/interfacesファイルは、パーミッションを変更して、一般ユーザの閲覧を不可にしておくと良いと思われます。

もっとも、今時のGUIなデスクトップ環境では、ネットワーク設定を、テキストベースのifupdownパッケージで行う代わりに、Network ManagerやWicdといったネットワーク管理ユーティリティを用いて行うことが普通です。

念の為に、これらのネットワーク設定は、LANアダプタがデバイスとしてOSに認識されていることを前提としています。


Comments