・外材 コクタン

コクタン 黒檀 エボニー

カキノキ科カキノキ属 常緑広葉樹
分布地:東南アジア アフリカの一部

写真準備中

インドから東南アジアにかけて見られる、カキノキ
属の総称で、赤色と黒色の縞目のあるものや黒色
だけの材、縞目を有するものなどがある。

非常に硬く重い材として知られる。

耐久性があるが、釘等を打つと割れやすいと言う
特徴を持つ。

主に家具や仏壇、床柱、楽器材、工芸品などに用い
られる。

材は黒または黒褐色の重硬な材で、高級輸入材の
代名詞でもある。
唐木細工として日本でも、古くから使われていた。

乱伐と、育成が遅い為に、近年は入手が困難となり
高価な材としても知られている。




コクタン 黒檀 エボニー  s.tashiro_terradiart©