・外材 カリン

カリン 花梨 花櫚

写真準備中

マメ科シタン属
分布地:東南アジア フィリピン等の熱帯地方
               日本では、八重山諸島
絶滅危惧種
 
広義に花梨と呼ばれる場合があるが、バラ科の花
木で果樹として知られているカリンとは全く異なる
樹木で、主に東南アジアやインド、フィリピンに育
成する。
同じマメ科のローズウッドとして扱われる事もある。

主に東南アジアからの輸入が多い。
インド紫檀とも呼ばれる。

材は紅褐色から黄褐色をしており、密度が高く、家
具・装飾品用の材、楽器用として使われてきた。
本では、仏壇用に使用される銘木である。

材は堅く、美しいため、唐木細工として日本でも、
古くから使われていた。

近年は国際レベルのレッドリストに入っている。



カリン 花梨 花櫚  s.tashiro_terradiart©