・ミズメ

ミズメ 水目 ミズメザクラ 
ヨグソミネバリ 梓 アズサ アズサカンバ

写真準備中

カバノキ科カバノキ属
分布地:北海道、本州(福井・岐阜県以北)、国後島
樹高:15Mから30M 落葉高木

山地に育成。
カバノキの仲間の中では最も材質が良く、ヤマザクラの
代替材としての商習慣名が定着し、カバザクラ、ミズメザ
と呼ばれている。
ミズメザクラの呼称は樹皮がサクラに似ている事が由来
と思われる。

また、時としてカバ属材の俗称としても使用される。

ミズメ、ヨグソミネバリ、アズサと樹木的には呼ばれる。

材は密度と比重が高く白色からピンク色がかった白色を
している。

くるいが少ないので加工に向いており器類や建築用材と
して用材として使用される事が多い。

枝を折ると、サロメチールのような芳香があるのが特徴。

ウダイカンバ、マカンバ、ダケカンバも、業種(建築、家具
製造などの分野業種)の商業用名や、慣例名としてサクラ、
ミズメサクラと呼ばれる事もあり、混同されやく判りずらい。

本来の”桜材”は、ヤマザクラである。



ミズメ 水目 ミズメザクラ ヨグソミネバリ アズサ アズサカンバ  s.tashiro_terradiart©