・タケ モウソウタケ

モウソウタケ 孟宗竹 江南竹 ワセ竹


竹 モウソウタケ 孟宗竹


イネ科マダケ属
 分布地:北海道南部から九州 古くは中国より渡来
 樹高:15Mから25M

 太いものだと直径が20cm程になり、日本で見られる竹では最も大き 
 い。

 大型のタケノコは肉厚で柔らかく、エグミが少ないので食用として人気
 が高い。

 繊細な細工用としては真竹に劣るが、丸竹のままの花器や一部の竹
 細工、すだれ、箸などに使用される。











竹の秋 筍がで終わった5月から6月にかけて竹の葉が黄色味がかり、落葉します。
同時に若い葉も竹先の細い付け根部分から出てきています。
この時期に葉の生え換わりが行われています。




孟宗竹 モウソウタケ  s.tashiro_terradiart©