・カンバ カバ

カンバ カバ 樺 ウダイカンバ サイハダカンバ マカバ マカンバ

カバノキ科カバノキ属
分布地:北海道、本州(福井・岐阜県以北)、国後島
樹高:15Mから30M 落葉高木

山地に育成。正式な名称をウダイカンバと言う。
木材関係では、マカンバと呼ばれる。

カバノキの仲間の中では最も材質が良く、ヤマザクラの代替材としての商習慣名が定着して、カバサクラ、ミズメザクラと
呼ばれているが、時としてカバ属材の俗称としても使用される。

樹皮はサクラに似ている。
ウダイとは鵜松明(うだいまつ)から来ており、樹皮を鵜飼いの松明に使う事からきている。

材は密度と比重が高く、白色からピンク色がかった白色をしている。
くるいが少ないので、加圧に向いており、器類や建築用材として使用される事が多い。

国産のカバノキ属には、オノオレカンバ(コオノオレ)、ウラジロカンバ(ネコシデ)などがあり、オノオレカンバの材は特に重硬である。

写真準備中




カンバ カバ 樺 ウダイカンバ サイハダカンバ マカバ マカンバ  s.tashiro_terradiart©