・エンジュ

イヌエンジュ エンジュ 槐

エンジュ 槐 イヌエンジュ  s.tashiro_terradiart©

マメ科イヌエンジュ属 クララ属
分布地:北海道 本州
樹高:15Mから20M 落葉高木

エンジュ(槐)は、本来は日本の野生樹木ではなく、中国からの別属のもので、日本では街路樹として良く見かけられる。
花のつぼみから薬用成分が採取される。

また蜜源植物であるハリエンジュ(ニセアカシア)は、北米から渡来したもので、甘い花の香りで知られていて、土手や川岸などで良くみかけられる。

材として使用されるものは殆どがイヌエンジュで、木材としてエンジュと称されている。

古くから縁起の良い木とされ、延寿(えんじゅ)の文字を充てる事もある。

7月から8月にかけて甘い香りの白い豆科の花を咲かせ、秋にはサヤに入った豆果を多数さげる。

材は緻密で硬く灰色から灰褐色の色をしており、磨くと杢目が出る。
床柱、家具、細工物や彫刻などに使用される。


街路樹として見かける事が多い


エンジュ 槐 イヌエンジュ  s.tashiro_terradiart©

厄除けの木として庭木にも見られます。


















葉の様子


エンジュ 槐 イヌエンジュ  s.tashiro_terradiart©

幹の様子





イヌエンジュ エンジュ 槐  s.tashiro_terradiart©