Home


日本語 / English
理化学研究所 革新知能統合研究センター  特別研究員  及び 京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻 特定助教
寺山 慧 (Kei Terayama)


連絡先:
 

経歴


研究分野

  • 機械学習を用いた, 医薬品候補化合物の高速かつ高精度な予測システムの開発 
  • 画像処理, 特に画像処理を用いた群れの行動解析, 創作物を対象とした画像処理技術等
  • (プログラム意味論, 特に実数計算, ドメイン理論, 等)

論文(査読有)

  • N. Yoshikawa, K. Terayama, M. Sumita, T. Homma, K. Oono, K. Tsuda, "Population-based de novo Molecule Generation, Using Grammatical Evolution," Chemistry Letters, 2018. (accepted)

国際会議(査読有)

  • Ichiro K. Shimatani, K. Terayama, M. Sakagami, “Circular regression models for identifying abnormal parts in swarm behaviors and their quantitative characterization: data science approach,” The 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics (SWARM 2017), Kyoto, 2017/11/1. (Refereed, Oral)
  • K. Terayama and M. Sakagami, “Measurement of Velocity Fields of Schools of Sardines and Existence of Averaged Tori,” The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics (SWARM 2015), pp.324-325, Kyoto, 2015/10/29. (Refereed, Oral).
  • K. Terayama, H. Tsuiki, “A Stream Calculus of Bottomed Sequences for Real Number Computation,” Mathematical Foundations of Programming Semantics(MFPS29), New Orleans, 2013/06/24(Refereed, Oral).

研究発表(査読有)

  • K.Terayama, H. Habe and M. Sakagami, “Multiple Fish Tracking with an NACA Airfoil Model for Collective Behavior Analysis,” 第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), OS3-5, アクトシティ浜松, 2016年8月3日. (査読あり, 口頭発表, 口頭発表採択率: 19/50 = 38%)
  • K.Terayama, H. Hioki, “A method classifying digital images into photographs and non-photo images based on visual characteristics of hand-drawn images,” 第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), OS3-7, 岡山コンベンションセンター, 2014年7月30日. (査読あり, 口頭発表, 口頭発表採択率: 25/85 = 29.4%)

招待講演

  • “円運動する魚群のデジタルデータ化と方向及び半径に着目した分析,” 方向データの統計モデリングと応用事例, 東京理科大学森戸記念館, 2014年8月26日.

国際会議(アブストラクト査読有)

  • H. Hagihara, H. Ishihara, S. Takahata, K. Terayama, D. Enomoto, "Quantitative Analysis of Spatiotemporal Facial Landmark Dynamics for Pediatric Occupational Therapy: A preliminary Study," 1st International/5th Japanese Congress of Clinical Occupational Therapy, 2018/07/21, Fukuoka.
  • S. Takahata, H. Hagihara, K. Terayama, N. Ienaga, T. Koshiba, D. Enomoto, "The clinical application of image analysis technology for quantitative assessment and effect measurement of pediatric occupational therapy: A pilot study," 1st International/5th Japanese Congress of Clinical Occupational Therapy, 2018/07/21, Fukuoka.
  • K. Mizuno, S. Tabeta, Y. Matsumoto, S. Sakamoto, Y. Sugimoto, T. Ogawa, K. Sugimoto, L. A. Jimenez, K. Terayama, H. Fukami, M. Sakagami, M. Deki, A. Kawakubo, "Development of a towed optical camera array system (SSS: Speedy Sea Scanner) for sea environmental monitoring," OCEANS18 MTS/IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018, Kobe, 2018/5/31. 
  • K. Terayama, K. Mizuno, M. Deki, H. Fukami, S. Sakamoto, Y. Sugimoto, M. Sakagami, and A. Kawakubo, "Development of coral-coverage estimation method using deep learning and sea trial: at Kujuku-shima islands," OCEANS18 MTS/IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018, Kobe, 2018/5/31.
  • K. Terayama, D. Tadokoro, K. Shimatani and M. Sakagami, “Analysis of a long-time evolution and fluctuations in the average torus shape of fish school,” The 6th International Symposium on Aero Aqua Bio-mechanisms (ISABMEC 2014), pp.68-72, Honolulu, 2014/11/14(Oral).

研究発表等(査読無)

  • 竹内よしき, 本郷昂貴, 寺山慧, 波部斉, 大規模魚群行動解析のための位置姿勢変化を考慮した個体追跡, 2018年度情報処理学会関西支部支部大会.
  • 藤田健宏, 寺山慧, 隅田真人, 井澤浩則, 津田宏冶, 守橋健二, 1-メチル-3-(N-(1,8-ナフタルイミジル)エチル)イミダゾリウム塩の発光・呈色推定モデル, 第12回分子科学討論会2018, 福岡国際会議場, 2018年9月12日.
  • 高畑脩平, 萩原広道, 榎本大貴, 家永直人, 石原裕之, 小芝駿王, 寺山慧, 作業療法効果の定量化に向けた予備的研究ー画像処理技術OpenPoseの臨床的応用ー, 第52回日本作業療法学会, 名古屋国際会議場, 2018年9月7日.
  • 水野勝紀, 多部田茂, 寺山慧, 阪本真吾, 杉本祐介, 小川年弘, 杉本憲一, 阪上雅昭, 深見裕伸, 出来真由美, 岩岡千香子, 川久保晶博, "曳航式光学カメラアレイシステム(SSS:Speedy Sea Scanner)の開発と長崎県九十九島沿岸における海域試験", 第27回 海洋工学シンポジウム, 日本大学理工学部駿河台キャンパス, 2018年8月7日.
  • 水野勝紀, 多部田茂, 寺山慧, 阪本真吾, 杉本祐介, 小川年弘, 杉本憲一, 阪上雅昭, 深見裕伸, 出来真由美, 岩岡千香子, 川久保晶博, "Speedy Sea Scanner (SSS)の開発とサンゴの被度分布定量手法の提案," 平成30年度海洋理工学会春季大会, 東京海洋大学品川キャンパス, 2018年6月8日. (口頭発表) (ベストプレゼンテーション賞)
  • 寺山慧, 波部斉, 佐藤僚太, 松岡高輝, 津田宏治, "CNNを用いた大規模魚群の個体検出手法," 第20回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), 広島. (Poster)
  • 渡邉浩一, 臼田泰如, 寺山慧, 瑞慶覧長空, 須田智晴, 佐野泰之, "学際教育を求めてーInterdisciplinarityの歴史と理論ー, " 学際系学部の教養教育 報告書 教員にとっての学際/学生にとっての学際, pp.105-122, 2017年3月.
  • 阪上雅昭, 寺山慧, "魚群の速度場の解析:平均トーラスの普遍性とゆらぎの挙動", 日本物理学会2017春季大会, 7pL41-12, 大阪, 2017年3月17日.
  • 本郷昂貴, 寺山慧, 波部斉, "高精度魚群追跡のための魚影モデルを用いた魚の移動予測", 第26回インテリジェン ト・システム・シンポジウム(FAN2016), F1A1, 大阪大学吹田キャンパス, 2016年10月28日.
  • M. Sakagami, K. Terayama, "Universal properties of torus states in fish schools", 数理解析研究所研究集会『生物流体現象におけるミクロ運動とマクロ運動』, 京都大学, 2016年10月24日.
  • 阪上雅昭, 寺山慧, "魚群トーラスの速度場のもつ普遍性", 日本物理学会2016秋季大会, 13aAH-5, 金沢, 2016年9月13日.
  • 波部斉, 寺山慧, 溝口拓也, 本郷昂貴, 阿部孝司, 井口信和, "養殖技術向上支援を目指した魚遊泳映像の自動解析," 平成28年度日本水産学会秋季大会, 955, 近畿大学農学部奈良キャンパス, 2016年9月9日. (poster)
  • T. Mizoguchi, H. Habe, K. Terayama, K. Abe, N. Iguchi, "Simultaneous Estimation of Population and Depth of Swimming Fishes in Cloudy Water," 第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), アクトシティ浜松, 2016年8月4日. (poster)
  • 溝口拓也, 波部斉, 寺山慧, 阿部孝司, 井口 信和, "局所特徴を用いた不鮮明な魚群画像の個体数と深度の推定​", 第22回画像センシングシンポジウム(SSII2016), IS3-35, パシフィコ横浜, 2016年6月10日. (poster)
  • 本郷昂貴, 寺山慧, 波部斉, "魚群行動解析のための姿勢を考慮した魚の移動予測", 第22回画像センシングシンポジウム(SSII2016), IS2-05, パシフィコ横浜, 2016年6月9日. (poster)
  • 本郷昂貴, 寺山慧, 波部斉, "魚群行動解析のための姿勢を考慮した魚の追跡", 情報処理学会CVIM研究会, 立命館大学・大阪いばらきキャンパス, 2016年5月12日.
  • 寺山慧,阪上雅昭, “魚群のダイナミクス ~ 平均トーラス,ゆらぎ・相関,情報伝達 ~,” 2015年度第1回CCS研究会, 早稲田大学, 2015年6月11日.
  • M. Sakagami and K. Terayama, “Averaged Torus and fluctuation of fish schools,” International Conference on Mathematical Modeling and Applications 2014 'Crowd Dynamics'(ICMMA 2014), Tokyo, 2015/1/11(Poster).
  • 寺山慧,阪上雅昭, “回転運動するマイワシの群れに対する回転曲線の計測と解析,” 数理解析研究所研究集会『生物流体力学における計測問題』, 京都大学, 2014年11月4日. (数理解析研究所講究録 1940, pp.16-23(2015))
  • 寺山慧, 田所大輔, 阪上雅昭, “魚群トーラス形状の時間発展:画像解析,回転曲線,ゆらぎ,” 第10回複雑コミュニケーションサイエンス研究会, 大阪大学, 2014年5月19日.
  • 田所大輔, 阪上雅昭, 寺山慧, 炭谷竜太, “魚群トーラス形状の時間発展:回転曲線と速度分布の進化,” 日本物理学会2014春季大会, 東海大学, 2014年3月27日.
  • K. Terayama, H. Tsuiki, “A Stream Calculus of Bottomed Sequences for Real Number Computation,” 第16回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2014), 阿蘇, 2014年3月6日. (カテゴリ2(国外既発表論文))
  • 阪上雅昭,寺山慧,炭谷竜太, “魚群のダイナミクスと情報伝達,” 数理解析研究所研究集会『生物流体力学における流れ構造の解析と役割』, 京都大学, 2013年11月12日. (数理解析研究所講究録 1900, pp.110-117(2014))
  • 阪上雅昭, 寺山慧, 炭谷竜太, “魚群のトーラス形状とその回転曲線:動画解析とシミュレーション,” 日本物理学会2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月25日.
  • 寺山慧, 立木秀樹, “不定元入り文字列を扱う言語XPCFの表現能力,” 第15回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2013), 会津若松, 2013年3月5日.
  • K. Terayama, H. Tsuiki, “Real Number Computation with a Calculus of Bottomed Sequences,” Continuity, Computability, Constructivity―From Logic to Algorithms, Trier(Germany), 2012/05/29(Oral).
  • 櫻川貴司, 寺山慧, “最短頂点間距離とトレース,” 理論計算機科学と圏論ワークショップ(CSCAT2012), 慶応大学, 2012年3月12日.
  • 寺山慧, 立木秀樹, “X-PCF ― 0,1, ⊥-無限列を表現とした実数上の形式計算体系,” 第14回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2012), 白浜, 2012年3月8日.
  • K. Terayama, H. Tsuiki, “PCF extended with bottomed sequences for real number computation,” Kyoto Symposium on Computable Analysis 2012, Kyoto Sangyo University, 2012/2/25.

競争的資金等

企画等

  • 世界で最も美しい湾クラブ加盟認定記念「九十九島の日 研究発表会~九十九島の生きものを知ろう~」, 九十九島水族館海きらら, 2018年9月17日.